2017年08月19日

エビスシイラ

20170819_ebichan.jpg
海にえべっさんがおりました


「シイラ」って2種類(1属2種)いるって知ってました?
私は知いらなかったです。

その「シイラ」でない「シイラ」がコイツ。

名前を「エビスシイラ」と言うそうです。

言われても判らないほどに、似ている。というよりほぼ一緒。

上の写真、右を向いている魚。上が「えべっさん」で下が普通の「シイラ」さん。

「米神」の漁師は、よくこの「シイラ」の山から見つけ出した物だ。普通に凄いと思います。

アンクルトリスの「恵比寿」は、ノーマルと大して変わらなかったが、心なしか「エビスシイラ」は腹回りが丸く、胴も詰まっているような体型をしている。普通の「シイラ」はあきらかにスマートであり、まるで「ライザップ」のコミット前後のような違いがある。

食味については不明だが、蛭子能収に通ずるヘタウマの感覚で良いと思う。
posted by にゃー at 17:44| Comment(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼくんちの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 450キロ、アジ 170キロ、カツオ 80キロ、カマスサワラ 90キロ、マイワシ 400キロ、ヤマトカマス 80キロ、マイワシ 60キロ、ウルメイワシ 100キロ、シイラ 80キロ、マルソウダ 50キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.1トン ほか
「 岩 」定置:ヤマトカマス 790キロ、ワカシ 40キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 590キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 170キロ ほか
「二宮」定置:ヤマトカマス 500キロ、サバ 740キロ、ワカシ 440キロ
「福浦」定置:マイワシ 1.1トン、サバ 130キロ
「大磯」定置:ワカシ 190キロ、ウルメイワシ 90キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 50キロ、ヤマトカマス 70キロ
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 530キロ
「佐島釣船」:釣カツオ 800キロ、釣キメジ 250キロ

マクロで見ると「ヤマトカマス(ミズカマス)」メインだが、ミクロでみると結構いろいろな魚が獲れ始めている。
「メイチダイ」とか「ヘダイ」、「ショウゴ(カンパチの子)」や釣りの「カサゴ」に「アカムツ」など。
それから今朝は駿河湾から釣りのビカビカ「タチウオ」も来た。数年ぶりに今年は期待しても良さそうか?
今後の狙いは、細かく広範にが基本。

今日のイセエビ ・・・ 60キロ
posted by にゃー at 13:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

魚市場、ウソつかない

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 570キロ、サバ 450キロ、アジ 110キロ、ウルメイワシ 60キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1.7トン、マルソウダ 110キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 870キロ、マルソウダ 50キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 1.1トン、マルソウダ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 140キロ、小サバ 1.5トン、ヤマトカマス 420キロ
「福浦」定置:マイワシ 3.5トン、サバ 130キロ
「大磯」定置:アジ 740キロ、小サバ 820キロ、ヤマトカマス 180キロ、ワカシ 130キロ、マルアジ 100キロ、サバ 40キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:ヒラマサ 230キロ、ワラサ 250キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 80キロ、ワカシ 70キロ、アカイカ 40キロ
「江ノ島網」:アジ 440キロ

東に「マアジ」あれば、西に「カマス」あり。
北に「賢い決断」あれば、南に38年ぶりの「野生カワウソ」あり。

今日のイセエビ ・・・ 30キロ
posted by にゃー at 12:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

白身至上主義反対の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 850キロ、ヤマトカマス 270キロ、アジ 170キロ、小サバ 270キロ、ワカシ 40キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 830キロ、サバ 140キロ、ウルメイワシ 70キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 640キロ ほか
「原辰」定置:ヤマトカマス 260キロ、ショウゴ 40キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 200キロ、ヤマトカマス 70キロ
「福浦」定置:ワカシ 630キロ、サバ 330キロ、シイラ 60キロ、アジ 80キロ
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ、タチウオ 60キロ

「カマス」中心の水揚げにあって、今朝の目玉は「福浦」定置に入った「スマ」か。
スマカ」ではない、「スマ」である。こんな時こそ、「スマホ」で拡散できれば良かったんですけど。「スマ本」ではない「スマートフォン」である。
ソウダガツオ」の親分のような容姿にして、「マグロ」の舎弟のような良質の赤身が身上の「カツオ」の兄弟分。愛媛県では養殖された個体がブランド化され話題になりましたが、天然の「スマ」は相模湾ではより貴重で、脂乗りも文句なしの知る人ぞ知る高級魚としてごく一部にのみ流通しております。目にした人は超ラッキー。地魚界のエンジェルナンバーこと、「スマ(別名ヤイトガツオ)」をお忘れ無く。
ちなみに2011年の7月末には、「福浦」定置に100キロもまとまっていた。夏の魚、・・なのかな。

今日のイセエビ ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 13:32| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

魚市場に見るマルコフ連鎖

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 570キロ、サバ 1.1トン、アジ 50キロ、小サバ 150キロ、ヘダイ 50キロ、ワカシ 620キロ、ヒラソウダ 140キロ
「石橋」定置:ヤマトカマス 1トン、ワカシ 290キロ、サバ 120キロ、小サバ 70キロ、ヒラソウダ 100キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 180キロ、ワカシ 50キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 560キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 860キロ、小サバ 2.2トン、サバ 140キロ、ヤマトカマス 80キロ、ワカシ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 830キロ、タチウオ 160キロ

3日休みの明けてこれ。東京は16日連続雨。小田原は「ヤマトカマス(ミズカマス)」が、まとまりだして16日経過。今後の「ミズカマス」増量の確率を考えるが先か、これから奇跡的に「マアジ」が湧き出す確率を無理にもはじき出すのが先か。いや、本格的に「ミズカマス」の売り先を捜すのが先か。

今日のイセエビ ・・・ 90キロ
posted by にゃー at 12:57| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする