2017年11月22日

漁獲減率上昇は魚市場の影

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 75キロ、アジ 70キロ、イナダ 40キロ、アカカマス 50キロ、ホウボウ 40キロ、ヒラソウダ 40キロ
「石橋」定置:イナダ 80キロ、アカカマス 110キロ、ヤマトカマス 40キロ、ヒラソウダ 150キロ
「 岩 」定置:ヒラソウダ 150キロ ほか
「原辰」定置:アジ、ショウゴ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ 30キロ ほか
「二宮」定置:アジ 140キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 30キロ、サバ 40キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、小サバ 40キロ、イナダ 30キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 110キロ、マルアジ 90キロ
「江ノ島網」:アカカマス 130キロ

この季節、多く稼ぐはずである「多稼の岩」漁場は、平手打ちならぬ、「ヒラソウダ」のパンチを食らい。
いつの間にか、獲れている地魚の中で、一番割合が高い魚が、春まで待てない「春まアジ」という謎。
全体的に魚種も減る中にあって、みんなの欲しい魚は「高嶺の花」で「高の花」。
posted by にゃー at 11:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

魚市場の挑戦、受けて立つ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 50キロ、アカカマス 40キロ
「石橋」定置:アジ 80キロ、ヤマトカマス 220キロ、アカカマス 150キロ、イナダ 60キロ、イサキ 40キロ、イナダ 40キロ
「 岩 」定置:アジ 100キロ、ヒラソウダ 100キロ
「原辰」定置:アジ、ヤマトカマス ほか
「江の安」定:アカカマス、ヤマトカマス ほか
「二宮」定置:アジ 370キロ、アカカマス 70キロ
「福浦」定置:イナダ 80キロ ほか
「大磯」定置:アジ、ヤマトカマス ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヒラスズキ、メジナ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ ほか
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ ほか

冬の川奈の「ヒラスズキ」は、相変わらずの肉付きで、滋味深い味が人気の秘密。
そして、ここにきて地味ぃ〜に「小田原アジ」が復活しているのは、嬉しいニュース。
「地アジ」らしい「地アジ」が獲れている「ニノさん」は、すっかり「アジ」の定番漁場に。
posted by にゃー at 18:53| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年(2018年)の休開市表


お待たせいたしました。
(株)小田原魚市場 平成30年(2018年)の休開市カレンダーできました。

小田原魚市場休開市表
2018cal.jpg

平成最後の年、営業日数はついに「まさか」の260日へ。
10年前の280日弱とくらべると奇跡の2週間以上の休日増。
あまりに休みが多すぎて、夢が広がりんぐ。


そして、恒例イベントとなった「あじ・地魚まつり」は5月の後半(20日)に設定され、本命「みなとまつり」は不動の四番ともいえる8月の第一日曜日の座を維持しています。

ずらり軒並み、水曜日休みが増えており、ほぼ毎週(46週)週休二日という休日設定も驚きです。
稀勢の里じゃあないんだから、これでは休み癖が付いたまま、第一線の復帰は叶わないのかも知れません。
しかし、休みが多くなったからって仕事が楽になる訳でもありません。

確かに一日休みを入れる事で、週の後半の仕事は体力的に大分、楽になるのは事実ですが、休み明けにはたっぷりと二日分の魚が待っているし、仕事もたまります。休んだ分は、しっかりカタキを取られるということです。
さらに毎日水揚げした方が定置網にとっても望ましいし、緊張感を継続するという意味でも、発注する側にとっても、その方が負担は軽くなるはず。だがしかし、休みが増える事は、単純に嬉しい事である。それは譲る事は出来ないし、揺るがない事実であろう。

印刷にはコチラのPDF版が便利です。
posted by にゃー at 10:23| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

魚市場もAC/DCだ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤマトカマス 360キロ、アカカマス 170キロ、イナダ 90キロ、ホウボウ 80キロ、アジ 70キロ、サバフグ 60キロ、サバ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 1.4トン、アジ 250キロ、ヒラソウダ 140キロ、ヤマトカマス 160キロ、イナダ 100キロ、サバ 70キロ
「 岩 」定置:イナダ 130キロ、ヤマトカマス 50キロ、ホウボウ 40キロ
「原辰」定置:アジ 60キロ、ヤマトカマス 50キロ、アカカマス 40キロ
「江の安」定:ヒラソウダ 80キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:アジ 660キロ、アカカマス 190キロ、ショウゴ 100キロ、サバ 60キロ
「福浦」定置:イナダ 170キロ、ヒラソウダ 80キロ、サバ 60キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、小サバ 140キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アカカマス 250キロ、イナダ 200キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、シイラ ほか

思わず「寒い」って魚の声が聞こえてきそうな今朝は、冬に乗り遅れた「AC」=「アカカマス」と「DC」=「ダイワカマス」=「大和カマス」=「ヤマトカマス」が市場を支えてくれた。秋らしい丸々とした「カマス」は食べ頃で、「マアジ」などと共に小田原を象徴する魚でもある。
一方で、少量ながら「ブリ」や「ナガズミヤキ(クロタチカマス)」が揚がり始めたことは嬉しいニュースであり、冬枯れの噂を吹き飛ばすにふさわしい知らせである。
しかし、いずれも少量であり、出回りは限られる。食べたい人は、お店に並んでいる今のうちにお早くどうぞ。
posted by にゃー at 13:02| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

魚市場にいるのはアジガール

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 190キロ、ヤマトカマス 70キロ、アジ 40キロ、ヒラソウダ 40キロ
「石橋」定置:アカカマス 740キロ、イナダ 80キロ、アジ 70キロ、ヒラソウダ 50キロ
「 岩 」定置:イナダ 75キロ ほか
「原辰」定置:カンパチ 50キロ、アジ 50キロ
「江の安」定:アジ 100キロ ほか
「二宮」定置:アジ 860キロ、カワハギ 90キロ
「福浦」定置:ウルメイワシ 180キロ、イナダ 70キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 50キロ ほか

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、イボダイ ほか

三重釣船 ・・・ 釣カツオ 300キロ

今朝は手頃なサイズの「マアジ」が顔を出して、なんとなく数年ぶりに姪っ子に会ったおじさんの気分。
「やあ、もうこんなに大きくなったのか。」
posted by にゃー at 13:11| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする