魚体中骨抜き器販売中

2019年05月21日

魚市場の前の海は飢餓海峡

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:メジナ 70キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 170キロ ほか

南伊豆釣 ・・・ 釣オオクチイシナギ 100キロ

20190521_1347.jpg未明からドッカンドッカンと強烈な波浪が岸壁に打ち付ける今朝、定置網の網締めはどこも苦戦し、休漁が相次いだ。
まるで洞爺丸事故の海を思い出させる台風の様な天候に、東映W106方式ばりの水揚げ増幅で何も無いはずの水揚げは「メジナ」、「マンボウ」、「活イセエビ」に始まり、「アオリイカ」や「オキザヨリ」、「マダイ」に「ヒラメ」までもズラズラズラ・・。
そして本当に期待できるのは、天気が回復してからの明日以降であり、特に木曜日の水揚げは、魚種増トレンドに、これだけのうねりと濁りで攪拌された結果がどれだけのお宝をもたらすか、大いに注目が集まる。
posted by にゃー at 15:58| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

貧漁は魚市場解散の大義か?

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 2.1トン、マルソウダ 420キロ、サバフグ 500キロ、サバ 170キロ、アジ 190キロ、ワカシ 100キロ、チダイ 50キロ、ウルメイワシ 60キロ、アオリイカ 90キロ、トビウオ 60キロ
「石橋」定置:小サバ 360キロ、サバ 70キロ、サバフグ 150キロ
「 岩 」定置:小サバ 580キロ、マルソウダ 440キロ、アオリイカ 130キロ、スルメイカ 400キロ、アジ 330キロ、サバフグ 280キロ、サバ 60キロ、シイラ 70キロ
「原辰」定置:サバ 130キロ、ウルメイワシ 40キロ、サバフグ 40キロ
「江の安」定:サバ 90キロ、サバフグ 50キロ、小サバ 120キロ、トビウオ 40キロ
「二宮」定置:アジ 520キロ、小サバ 830キロ、チダイ 180キロ、ウルメイワシ 50キロ、ホウボウ 50キロ、イシダイ 40キロ
「福浦」定置:イナダ 680キロ、ブリ・ワラサ 120キロ
「大磯」定置:アジ 230キロ、小サバ 720キロ、ニベ 50キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 40キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 110キロ ほか
「南伊豆釣」:釣オオクチイシナギ 50キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 300キロ、アカカマス 150キロ

和歌山船・・・釣キハダ 1.1トン、釣カツオ 80キロ

とは言え今朝も獲れた魚はフルゲート。
「小サバ」、「マゴサバ」、「モジャコ」に「マルソウダ」でざっと半分を占め、この時期の本命「小田原アジ」は全く獲れていないとは言わないが、まだまだ少ない水準に落ち着いたまま。
20190520_09504.jpg超大型連休明け後の市場の低迷は、日本中そこかしこにまで行き渡り、ここ小田原もご多分に漏れず。
クチモノの中では「チダイ(ハナダイ)」や「イナダ」が獲れている中で、人気の「カイワリ(カクアジ)」や「イサキ」はまだ少なく、沖の「キハダ(マグロ)」は好調続いている。
それに対して「カツオ」は低水準で、青葉の季節にちと寂しい気もするが、季節の魚が暦通りに獲れなかったり、逆に獲れないはずの魚が獲れたりと、まるで読めない海の事情に人も魚も狂いっぱなしの5月である。
posted by にゃー at 16:33| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

魚市場 is Back.

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 300キロ、サバ 120キロ、アジ 130キロ、マルソウダ 70キロ、サバフグ 160キロ
「石橋」定置:サバ 200キロ、チダイ 110キロ、アジ 65キロ、ホウボウ 50キロ
「 岩 」定置:小サバ 160キロ、マルソウダ 400キロ、アオリイカ 130キロ、アジ 60キロ、アカカマス 85キロ、サバフグ 40キロ
「原辰」定置:マイワシ 1.2トン、メジナ 30キロ
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:小サバ 40キロ ほか
「福浦」定置:イナダ 270キロ、サバ 160キロ、ジンダ 130キロ
「大磯」定置:アジ 360キロ、小サバ 280キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、アジ ほか
「熱海丸網」:メジナ 70キロ ほか
「真鶴定置」:サゴシ 950キロ
「沼津底曳」:クロダイ 140キロ ほか
「宇佐美網」:生シラス 50キロ 

下田釣船 ・・・ 釣オオクチイシナギ 180キロ

line_1558130891275.jpg夏の魚が出て来たと言ったばかりで恐縮だが、何故かこの頃、各地の定置網で「サバフグ」が獲れている。
「サバフグ」といやあ、12月頃に獲れるべき冬の魚。何故、この季節に獲れているのか疑問だが、低層の海水温が低いとか、旬の季節が過ぎると獲れ始める相模湾の「トラフグ」に歩調を合せているとか、色々言われているが真偽の程は定かではない。
時あたかも、時代遅れ感のある純粋スポーツ「スープラ」が再発売されたタイミング。
line_1558127008930.jpg「86」の成功で意気揚がるトヨタ自動車が、スポーツカーへ 真剣に取り組む姿勢を表明した一台とも言える車の登場で、その動向は大いに注目されるべきである。
30兆円企業となったトヨタだからこそできる道楽とも冒険とも言えるが、むしろ、この野心と開発力こそ、30兆という未曾有の売上高を記録する意欲と原動力となっていると思うのだ。
まさに魚市場も来期30兆を目指すなら、この「29(ふく)」の取捨が大事なカギを握っていると考えるべきであろう。
posted by にゃー at 16:52| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

魚市場が主人公

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 1.2トン、アジ 150キロ、小サバ 600キロ、サバ 400キロ
「石橋」定置:マルソウダ 260キロ、サバ 150キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 1.6トン、アオリイカ 360キロ、アジ 130キロ、小サバ 1.1トン、サバ 200キロ
「原辰」定置:アオリイカ 50キロ、マルソウダ 70キロ、メジナ 40キロ
「江の安」定:マルソウダ 280キロ、小サバ 230キロ
「二宮」定置:アジ 300キロ、サバ 260キロ、小サバ 350キロ、ウルメイワシ 90キロ
「福浦」定置:イナダ 1.8トン、ワラサ 70キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ、小サバ 320キロ、サバ 60キロ

伊豆方面からは、
「網代定置」:アジ 200キロ、アオリイカ 100キロ
「真鶴定置」:サゴシ 560キロ
「川奈釣船」:釣ケンサキイカ 200キロ

南伊豆釣 ・・・ 釣オオクチイシナギ 180キロ

ここへ来て陽気も暑くなり、いよいよ車のクーラーもスイッチ・オン。
line_1558043077433.jpg相模湾もご多分に漏れず、「シイラ」や「トビウオ」、そして「マルソウダ(ウズワ)」と言った夏の魚が幅を利かせて合従連衡、存在感を増してきた。今年は出現も早ければサイズもでかい、このまま大漁フェーズに突入か?
サイズがでかくて大漁と言えば、4月から「アオリイカ」と「ケンサキイカ(アカイカ)」が超が付くほどの絶好調である。これまで年に一杯見るか見ない程度の4キロアップが続出の「アオリイカ」はもとより、伊豆筋から来るキロ絡みの特大「ケンサキイカ」は、ここ十年みないフィーバーモード。
line_1558042594220.jpg連休明け後、共に価格も手ごろに落ち着いて、勢いそのままに、もはや毎日「お得」「食べ頃」「美味」の大合唱である。
今年の冬には「スルメイカ」が割と好調であったし、産卵期の「アオリイカ」は、沿岸にのっこむ今が最盛期。近年、少ないと心配されていたが、やはり広い海のどこかには必ずいる。
line_1558042958373.jpg今年は「ヤリイカ」以外、好調であったと言えるであろう(コウイカの仲間では、シリヤケイカが東京湾で大漁)。
一年で寿命を全うする「イカ」の仲間は、最後に産卵のために群れを作って死に絶える。
それを市場関係者は敬意を込めて「一家心中」と称すのである。合掌。
.
posted by にゃー at 19:06| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

毎朝の魚市場内は戦争状態

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 1.1トン、サバ 300キロ、アジ 120キロ、スルメイカ 50キロ、マルソウダ 1.2トン
「石橋」定置:小サバ 1トン、サバ 170キロ、マルソウダ 300キロ、アジ 140キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 770キロ、サバ 150キロ、小サバ 800キロ、アオリイカ 220キロ、スルメイカ 140キロ
「原辰」定置:マイワシ 570キロ、マルソウダ 190キロ、サバ 160キロ
「江の安」定:マルソウダ 120キロ、アジ 200キロ、サバ 90キロ
「二宮」定置:アジ 390キロ、サバ 600キロ
「福浦」定置:アオリイカ 100キロ、マイワシ 600キロ、サバ 220キロ、ウルメイワシ 160キロ
「大磯」定置:アジ 1トン、サバ 400キロ、小サバ 1トン

伊豆方面からは、
「網代定置」:アオリイカ 90キロ、アジ 210キロ
「川奈杉本」:メジナ 40キロ、イナダ 40キロ
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 380キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 150キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 100キロ

大島釣船 ・・・ 釣キハダ 750キロ

.
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

魚市場は赤鮮地帯

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 420キロ、サバフグ 140キロ、イナダ 110キロ、アジ 120キロ、スルメイカ 55キロ
「石橋」定置:アジ 190キロ、小サバ 450キロ、イナダ 50キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 230キロ、イナダ 80キロ、小サバ 400キロ、アジ 80キロ
「原辰」定置:サバ 160キロ、メジナ 70キロ
「江の安」定:アジ 90キロ、サバ 80キロ
「二宮」定置:アジ 120キロ、小サバ 150キロ
「福浦」定置:イナダ 3トン、ワラサ 80キロ
「大磯」定置:小サバ 460キロ、ワカシ 240キロ、アジ 130キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サゴシ 80キロ、イナダ 100キロ
「網代定置」:アオリイカ 110キロ
「熱海丸網」:アカカマス 50キロ
「山下丸網」:イサキ 1トン、ワラサ 60キロ、サバ 330キロ
「宇佐美釣」:釣ケンサキイカ 220キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 180キロ、釣ハチビキ 70キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 50キロ

神津島釣 ・・・ 釣キンメダイ 240キロ
line_1557773878757.jpg
line_1557773976234.jpg
line_1557773861866.jpg
posted by にゃー at 17:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

超時空要塞魚市場マグロス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、小サバ 1.1トン、ウルメイワシ 230キロ
「石橋」定置:小サバ 400キロ、ウルメイワシ 100キロ、アジ 60キロ
「 岩 」定置:ワラサ 4.3トン、アオリイカ 250キロ、スルメイカ 130キロ、小サバ 600キロ、アジ 140キロ
「原辰」定置:サバ 300キロ、ウルメイワシ 50キロ
「江の安」定:アジ 90キロ、サバ 140キロ、小サバ 110キロ
「二宮」定置:アジ 100キロ、小サバ 200キロ、ワラサ 80キロ、チダイ 65キロ
「福浦」定置:アオリイカ 210キロ、アジ 100キロ、サバ 145キロ
「大磯」定置:アジ 130キロ、イボダイ 70キロ、小サバ 100キロ

伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ 140キロ ほか
「網代定置」:アオリイカ 70キロ、アジ 50キロ
「山下丸網」:イナダ 400キロ、ワラサ 150キロ、イサキ 140キロ
「熱海丸網」:アジ 85キロ、アカカマス 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 210キロ

和歌山船 ・・・ 釣キハダ 930キロ

.
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

魚市場の青春時代

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 900キロ、サバ 290キロ、スルメイカ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 300キロ、サバ 370キロ
「 岩 」定置:アジ 180キロ、スルメイカ 110キロ、小サバ 160キロ、サバ 110キロ
「原辰」定置:サバ 100キロ、アジ 40キロ
「江の安」定:サバ 90キロ、アジ 75キロ
「二宮」定置:アジ 190キロ、小サバ 440キロ、スルメイカ 80キロ、サバ 70キロ
「福浦」定置:アオリイカ 180キロ、サバ 110キロ
「大磯」定置:サバ 140キロ、小サバ 350キロ、アジ 50キロ

伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アジ 40キロ、小サバ 60キロ
「富戸釣船」:釣ケンサキイカ 270キロ
.
posted by にゃー at 22:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする