2017年05月26日

だけんど魚市場で売ってるら

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 170キロ、マルソウダ 50キロ
       スルメイカ 35キロ、ヒラマサ 40キロ
「石橋」定置:アジ 930キロ、スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 790キロ、マルソウダ 70キロ
       イシダイ 120キロ、スルメイカ 100キロ
       メジナ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 60キロ、スルメ 90キロ
       メジナ 40キロ
「江の安」定:アジ 230キロ、カタクチイワシ 60キロ
「二宮」定置:アジ 700キロ ほか
「福浦」定置:ワラサ 480キロ、イナダ 700キロ
「大磯」定置:アジ 150キロ、ワカシ 220キロ
       マルアジ 60キロ、アカカマス 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 200キロ、サワラ 180キロ
「山下丸網」:アジ 230キロ、イサキ 370キロ
       サバ 150キロ
「南伊豆釣」:釣キンメダイ 250キロ ほか
「川奈釣船」:釣クロムツ 40キロ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 45キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 60キロ ほか
「下田漁港」:キンメダイ 200キロ、イサキ 40キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ 150キロ ほか
「江ノ島網」:アジ、アカカマス ほか

和歌山 ・・・ 釣キンメダイ 220キロ

今朝は「岩」定置に「イシダイ」が活魚で100キロ余り。ここのところも各地の定置網に数十キロくらいずつ顔を見せており、フト気が付けば、ほぼ半年にわたって「イシダイ」は獲れ続けている。この時期、水温の上昇、餌の変化を受けて身肉に磯臭さを纏うと言われるが、人によってはそれを風味と呼び、更にはコクと呼び尊ぶ向きもあるという。最早「イシダイ」を見ない日はなく、「小田原アジ」に次ぐ小田原の「プライド・フィッシュ」として、さらに市民の魚として、県の魚としても、その座を確固たるものにしております。
まだ間に合います。小田原の「イシダイ」を味わいに是非。

今日のヒラメ ・・・ 37枚
posted by にゃー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

魚市場兵士読本「満腹時計」

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 780キロ、カタクチイワシ 60キロ
「石橋」定置:アジ 2.4トン、スルメイカ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 1.2トン、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 470キロ、アジ 180キロ
「江の安」定:アジ 230キロ、カタクチイワシ 180キロ
「二宮」定置:アジ 1.1トン、ワラサ 70キロ
       サバ 80キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 160キロ、カタクチイワシ 250キロ
       マルアジ 60キロ、アカカマス 60キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ・サゴシ 160キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ、カタクチイワシ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 150キロ ほか
「山下丸網」:ワラサ 560キロ、イナダ 360キロ
       イサキ 100キロ、アジ 110キロ
       小ムツ 40キロ、サバ 60キロ
「下田漁港」:キンメダイ 200キロ ほか

東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 30キロ

小田原周辺、各地の定置網で「小田原アジ」が顔を出しています。一時の東方面の隆盛は過去のものとなり、今や完全に「アジ」の棲息中心は小田原沖。このまま安定して、来月いっぱいくらいまで獲れてくれれば良いのですが、そうはウマく行かないのが世の常。そこをウマくやる能力を市場では馬力という。英語表記でHP=ハタラケ・パープーの略。

今日のヒラメ ・・・ 83枚
posted by にゃー at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

流星魚市場、応答せよ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、シイラ 210キロ
       スルメイカ 60キロ
「石橋」定置:アジ 700キロ、ウルメイワシ 50キロ
       スルメイカ 50キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 720キロ、アジ 140キロ
       シイラ 140キロ、スルメイカ 70キロ
       メジナ 60キロ、イシダイ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか
「江の安」定:アジ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 1トン、ワラサ 80キロ
「福浦」定置:スルメイカ 100キロ、トビウオ 60キロ
       シイラ 60キロ、サバ 60キロ
       ヒラマサ 40キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 50キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 170キロ、アンコウ 60キロ
「山下丸網」:イナダ 280キロ、ワラサ 130キロ
       サバ 50キロ
「熱海丸網」:カマス 80キロ、カタクチイワシ 80キロ

東方面からは、
「平塚定置」:アジ、アカカマス ほか
「腰越釣船」:釣アカアマダイ 若干
「江ノ島網」:アカカマス 120キロ、サザエ 50キロ

20170523_akmutts.JPG「アカムツ」泳ぐイケスの輝きはルビーかガーネットか、赤珊瑚。
まさに泳ぐ宝石、暁暗に一閃、紅の流れ星。今朝も安定の五桁。

今日のヒラメ ・・・ 50枚
posted by にゃー at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テヅルモヅル

20170523_tdrmdr.jpg

これ立派な生き物です。活きてます。

見た目から「鳥の巣」と漁師に揶揄され、疎まれる存在ではありますが、堂々と「クモヒトデ」の仲間に分類され、普通に海に棲む棘皮動物の一種であります。

しかし、このモジャモジャの見た目と触手一本一本が意志を持ったかのように独立して動く様は見るものを全て釘付けにするインパクトがあり、今朝の競りに並んだ魚介類の中でも最も注目を浴びる結果となりました。

漢字で書くと「手蔓縺」。「手が蔓のように伸び、もつれちゃってる」という意味になろうか。

これだけの手練れともなれば、あの手この手、万策尽くして、あらゆる困難を乗り切ることが可能だろう。
うらやましい限りである。

これ本当に二宮の定置網に入ったのだろうか?
posted by にゃー at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

魚市場は鯵のもとスタジアム

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 800キロ、シイラ 400キロ
       スルメイカ 190キロ
「石橋」定置:アジ 920キロ、ヒラマサ 80キロ
       スルメイカ 75キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:アジ 490キロ、ヒラマサ 1.1トン
       サワラ 80キロ、アオリイカ 190キロ
       スルメイカ 40キロ
「原辰」定置:アジ 700キロ、カタクチイワシ 260キロ
       イサキ 70キロ、アオリイカ  50キロ
「江の安」定:アジ 490キロ ほか
「二宮」定置:アジ 900キロ、ワラサ 140キロ
       サバ 60キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 720キロ、イナダ 570キロ
       ワラサ 250キロ、ヒラメ 80キロ
「大磯」定置:アジ 40キロ、カタクチイワシ 60キロ

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 210キロ、アジ 180キロ
「川奈杉本」:クロダイ、メジナ ほか
「西伊豆釣」:釣イサキ 70キロ ほか
「山下丸網」:イナダ 440キロ、ワラサ 200キロ
「下田漁港」:キンメダイ 250キロ、メダイ 70キロ

和歌山船 ・・・ カツオ 730キロ

先週末の土曜日はあちこちで一斉に「シイラ」が獲れて驚いたが、週明けの月曜日、今朝は小田原周辺の定置網に「アジ」が現れ、仰天した。サイズもほど良く、色目も上々、その上、脂乗りも最高と来れば文句ないのだが、食べた後の感想がどのようなものになるか、明日の朝は聞き込みに精を出す事になりそうだ。

今日のヒラメ ・・・ 128枚
posted by にゃー at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする