2016年12月03日

ある意味、魚市場もカジノ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバフグ 450キロ、シイラ 150キロ
       サバ 140キロ、アカカマス 130キロ
       アジ 90キロ、ヤマトカマス 50キロ
       マルアジ 60キロ
「石橋」定置:サバフグ 300キロ、ショウゴ 300キロ
       シイラ 260キロ、アカカマス 190キロ
       ヤマトカマス 80キロ、アジ 110キロ
       サバ 100キロ、マルアジ 60キロ
「 岩 」定置:メアジ 180キロ、サバフグ 120キロ
      シイラ 310キロ
「原辰」定置:カンパチ・ショウゴ 75キロ ほか
「江の安」定:ショウゴ 70キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:アカカマス 140キロ、サバフグ 130キロ
       アジ 100キロ、サバ 100キロ
       カワハギ 70キロ、ウルメイワシ 50キロ
「福浦」定置:サバ 160キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 30キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 75キロ、コノシロ 30キロ
「茅ヶ崎港」:活イセエビ、釣アカアマダイ ほか

カジノなんて言うから洒落乙に聞こえるだけで、実際は賭場であり、鉄火場である。
魚市場の業務は胴元というより、鮮魚商と漁師の勝負を見極めるバカラの様なものであり、競りは手本引きの様でもある。さらに漁師という商売はスロットの様であり、水揚げされた魚という手札で勝負する鮮魚商の仕事は、ポーカーの様でもある。
生き馬の目を抜く様な「市場」というリングの上で、今日も魚という武器を手に真剣勝負が繰り広げられているのである。
君もカジノ合法化より一足先に、勝負の世界に足を踏み入れてみないか。きっとゾクゾクする感覚を味わえるだろう。
ドスを包丁に持ち替えた新時代の「鶴田浩二」になれるかもしれない。

今日のヒラメ ・・・ 104枚
posted by にゃー at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

売りてし止まむ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小アジ 260キロ、サバフグ 100キロ
       アカカマス 220キロ、サバ 100キロ
       モロ 110キロ、ショウゴ 60キロ
「石橋」定置:小アジ 260キロ、サバ 150キロ
       サバフグ 190キロ、アカカマス 90キロ
       ショウゴ 110キロ、モロ 110キロ
「 岩 」定置:ショウゴ 200キロ、アカカマス 100キロ
      サバ 70キロ、アジ 50キロ
      メアジ 80キロ
「原辰」定置:カワハギ 40キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバフグ 180キロ、アカカマス 170キロ
       アジ 240キロ、マルアジ 70キロ
       サバ 80キロ
「福浦」定置:サバ 190キロ、シイラ 70キロ
       ウルメイワシ 60キロ
「大磯」定置:アジ、サバフグ ほか

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣メジ 60キロ、釣スマ 25キロ
「茅ヶ崎港」:活イセエビ、サザエ ほか
「大磯刺網」:活イセエビ 50キロ

天候回復で、「ヒラメ」の刺し網漁の本格化は明日ですっ。

今日のヒラメ ・・・ 30枚
posted by にゃー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

昨年との水揚げ比較

月間水揚げ上位5魚種 2カ年比較
2016年       2015年
2016unloading.jpg 2015unloading.jpg
※水揚げ対象〜定置網漁業・刺網漁業・一本釣り漁業
=近海課取り扱い分


昨年の豊漁に湧いたボリュームと今年の不漁がよく分かります。
「マアジ」の特異的な高値もよく分かります。
絶対獲れてる「サバ」の安心感。
春先の「ブリ」「ワラサ」の存在感。
季節毎に現れる目玉魚種の存在。
冬の間の貧漁期、春先、秋口の豊漁期。
前年の続いた「イナダ」から今年の「ワラサ」へとつながる流れ。
そして慢性的に続く不漁というインフルエンザのねちっこさ。

そして何より、小田原漁業の底力をうかがい知ることが出来るでしょう。
posted by にゃー at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚市場豆知識・資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚市場にピンときちゃった

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 220キロ、サバフグ 620キロ
       アジ 390キロ、イナダ 80キロ
       マルソウダ 110キロ、小サバ 100キロ
       ムロアジ 70キロ、マルアジ 110キロ
       サバ 200キロ
「石橋」定置:サバフグ 490キロ、アカカマス 400キロ
       アジ 390キロ、サバ 160キロ
       小サバ 100キロ、マルソウダ 110キロ
       マルアジ 100キロ
「 岩 」定置:メアジ 240キロ、サバフグ 250キロ
      アカカマス 60キロ
「原辰」定置:ヒラソウダ 30キロ、カワハギ 30キロ
「江の安」定:アジ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:アカカマス 400キロ、アジ 410キロ
       マルアジ 100キロ、サバフグ 90キロ
       カワハギ 90キロ、モロ 50キロ
「福浦」定置:カワハギ 170キロ、イナダ 110キロ
       メジナ 80キロ、ショウゴ 60キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣ムツ 75キロ ほか
「川奈杉本」:メジナ 160キロ ほか
「西伊豆釣」:ヒラスズキ、ヤリイカ ほか
「真鶴釣船」:クロシビカマス、イラ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 30キロ

秋の魚と冬の魚が玉石混淆。「アジ」は小型多く、値段は低迷。「カワハギ」も小型化しつつあり、ピークは過ぎた模様。「ウスバハギ(シロウマ)」は獲れるが限定的。「アカカマス(ネイラカマス)」は増減繰り返しながら減少中。「ヤマトカマス(ミズカマス)」はほぼ姿を消しつつある。「イボダイ」、「カイワリ(カクアジ)」、「ショウゴ(カンパチ)」などは姿が見える程度。季節の変わり目でよく言えばバラエティ豊富な漁獲。悪く言えば柱の無い、中途半端な水揚げだらけ。
刺網の「ヒラメ漁」は本日から網入れが行われ、明日からの水揚げ本格化が期待されます。
今年も残す所あと一ヶ月。是非とも競り場に並ぶ、これは!と思える旬の地魚を見つけに来て下さい。

今日のヒラメ ・・・ 35枚
posted by にゃー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

平成29年(2017年)の休開市表


お待たせいたしました。
(株)小田原魚市場 平成29年(2017年)の休開市カレンダーできました。

小田原魚市場休開市表
2017cal.jpg


営業日数は再びの昨年比3日減で264日。
これで一昨年と比べると実に6日減。休日日数がついに101日と、100日をオーバー。

業界全体の低迷を象徴する相次ぐ営業日の削減に、労働者の立場として喜んでばかりもいられない気がします。

変更点で特に驚くべきは、例年臨時開市日となっていた12月最終日曜日が、休日になったこと。
これこそ昨今の年末年始特需の縮小を象徴する、実に寂しい出来事であり、小売業界の変化と併せて市場外流通の増加と魚食低迷、正月という生活スタイルの消失など、あらゆる要素が重なって起きた重大事として捉えられます。
個人的には家でゆっくり見られる、ひょっとして現地で観戦できる「有馬記念」は、大きな魅力ですが。ただ改めて見ると、12月は休日が少なすぎる気もします。どうやら天皇誕生日一般参賀にも行けなさそうですし。

そして、今年は4月に開催された「あじ・地魚まつり」が、再び5月中旬に設定され、「みなとまつり」は安定の8月第一日曜日に開催されます。
通称シルバーウィーク、9月後半の連休も来年は散発的なものとなり、途中出勤なんてことはないし、8月も3連休。
全体的には休日多く、余裕のある日程となっていて、近年でも評価できる休開市設定かと思われます。

印刷にはコチラのPDF版が便利です。
posted by にゃー at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする