2020年01月20日

魚市場に銀鱗がくる

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 600キロ、小アジ 360キロ、サバ 180キロ
「石橋」定置:マルソウダ 420キロ、小アジ 100キロ、サバ 130キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 130キロ、小アジ 130キロ、小サバ 520キロ
「原辰」定置:マルソウダ、カワハギ ほか
「江の安」定:マルソウダ 80キロ ほか
「二宮」定置:ワラサ 50キロ、イシダイ 30キロ
「福浦」定置:サバ、クロダイ ほか
「大磯」定置:アジ 30キロ ほか

伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣クロムツ、釣メダイ ほか
「下田釣船」:釣キンメダイ 100キロ

大寒を迎えて、まだまだ「マルソウダ(ウズワ)」が獲れております。
「マルソウダ」と「ヒラソウダ」の見分けは、有鱗域という鱗の生えている部分の体を占める割合を見ると言うが、市場にいる人間でそんな事やっている者は一人もいない。見れば分かる、そうなってしまうモノだ。
しかも試験後に丸が多いと聞けば朗報だが、港に「マル」が多くても、どうってことはないようだ。
15794663381751985018450.jpgそれでもマルちゃんといえば、今日はアメリカで言うところのマルティン・ルーサー・キングJr.デー。
しかもマルちゃんワイワイの今日は、国道134号線の大磯と平塚の境界付近にあった「花水レストハウス」。別名「平塚中継所」で自販機のあったグーテンバーガー by マルシンフーズを思い出す日。
1579466372982164870565.jpgムラのある暖かみが切なくも、ありがたい。
なんでも冷蔵庫で凍らせたパンをレンチンすると、それに近い食感になるとか。
懐かしい味を求めて、今晩あたりやってみようか。
posted by にゃー at 13:17| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

魚市場の新たな成長戦略

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 70キロ ほか
「石橋」定置:小サバ、メアジ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カワハギ、ヒラソウダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ、サバ ほか
「福浦」定置:サバ、マルソウダ ほか
「大磯」定置:休漁

それはまだJapanが、Occupied Japanだった頃の話。
15792962825271321956393.jpgその頃、週末になるとどこからともなく米兵の集団が酒匂川の河口にジープで乗り付け、おもむろに取り出した機関銃で群れ飛ぶカモメを乱射していた。
貧しい我々はそれを遠目に見、彼らが満足して撤収した後、周囲に散乱した薬莢を大人に混じって我先にと拾い集めては近所の屑鉄屋へと売りに行き、遊ぶ金を稼いでいたものだ。
tsuri_zarigani.png夏には、田んぼや溜池に行って「アメリカザリガニ」を捕まえ、農協へ売りに行ったこともつい昨日のようだ。
この魚の少ない時季、次は何を売ってやろうかとメルカリとにらめっこの日々である。
posted by にゃー at 12:07| Comment(1) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

いきなりステキな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:小サバ 220キロ、サバ 110キロ、オアカムロ 50キロ
「石橋」定置:小サバ 200キロ ほか
「 岩 」定置:小サバ 60キロ ほか
「原辰」定置:マルソウダ、イシダイ ほか
「江の安」定:マルソウダ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:イシダイ、サバ ほか
「福浦」定置:イシダイ、メジナ ほか
「大磯」定置:アジ、サバフグ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 320キロ
「真鶴釣船」:釣イナダ・ワラサ 160キロ
「川奈釣船」:釣ムツ、釣クロシビカマス ほか

小田原釣 ・・・ 釣アブラボウズ 2本

line_1579203195267.jpgいきなり寒くなってきた。雪が降ると言われたって、何を今更。
「釣ムツ」入船情報と「イシダイ」増えてくる警報発令で売り込めば、「アブラボウズ(オシツケ)」がまるごと欲しいって。
line_1579205168219.jpgいきなり注文急増で相場も反発傾向。魚の減少傾向変わらねば、このまま持久戦突入か。
posted by にゃー at 16:37| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

魚市場は似合いのパートナー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 100キロ ほか
「石橋」定置:マルソウダ 100キロ、サバ 60キロ
「 岩 」定置:マルソウダ、小サバ ほか
「原辰」定置:ヒラソウダ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:マルソウダ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:アジ、ウスバハギ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、サバ ほか

伊豆方面からは、
「網代定置」:ボラ 100キロ ほか

魚市場と地魚の相性は
【80%】
診断結果
「今すぐパートナーに!
100キロに1匹レベルの素晴らしい相性」
.
posted by にゃー at 15:18| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

新感覚魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 160キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:マルソウダ 50キロ ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 100キロ ほか
「原辰」定置:マルソウダ、ヤリイカ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イシダイ 60キロ ほか
「福浦」定置:サバ、ヒラソウダ ほか
「大磯」定置:アジ、サバ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:釣イナダ 60キロ

IMG_20200115_060039.jpg今年は暖冬、らしい。
確かに秋の魚である「マルソウダ」が獲れていたりするが、量は僅かだし、それ程でもって感じ。
今年は雪が降らない、らしい。
雪が降ったところで、道路は止まるし、道は混むし。だからといって「ブリ」は獲れないし。
コンビニおでんの売り方が変わる、らしい。
食品ロスの観点から足の速い鮮魚の販売も気になるところ。とはいえ、魚を食べる人は魚を選んで買うスキルが求められるから気にする必要ないのだけれど。
posted by にゃー at 16:48| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

完成された魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 420キロ、サバ 180キロ
「石橋」定置:マルソウダ 200キロ ほか
「 岩 」定置:マルソウダ 220キロ、メアジ 130キロ、サバ 70キロ
「原辰」定置:イシダイ 70キロ、マルソウダ 50キロ
「江の安」定:マルソウダ 90キロ ほか
「二宮」定置:アジ 130キロ、イシダイ 100キロ、ウスバハギ 50キロ
「福浦」定置:サバ 260キロ、サワラ・サゴシ 50キロ
「大磯」定置:アジ 210キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 200キロ、サンマ 80キロ
「下田釣船」:釣キンメダイ 110キロ
「神津島釣」:釣キンメダイ 80キロ

「イシダイ」が獲れ始め、「小田原アジ」は輝きを増し、何か足りないと感じていた人々の心は徐々に満たされていくに違いない。
欠けていたピースがバシッとハマった時、魚市場というパズルは完成し、新たな時代が動き出すだろう・・
posted by にゃー at 17:03| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

間違えて売っちゃった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 350キロ、サバ 130キロ
「石橋」定置:マルソウダ 500キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:マルソウダ 720キロ ほか
「原辰」定置:メジナ、カワハギ ほか
「江の安」定:ヒラソウダ 70キロ、マルソウダ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 50キロ ほか
「大磯」定置:アジ 70キロ ほか

伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ウルメイワシ 320キロ

line_1578687483706.jpgゴーンが出れば出るほど日産は売れなくなり。
原晋監督が出れば出るほど青山学院は強くなる。
「マルソウダ」が小田原で獲れれば獲れるほど、漁師、市場、仲買も喜ぶ(?)。
posted by にゃー at 15:24| Comment(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

雨の中嶋、アジの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:マルソウダ 320キロ、サバ 290キロ、小アジ 100キロ、小サバ 100キロ、イナダ 70キロ
「石橋」定置:マルソウダ 50キロ ほか
「 岩 」定置:サンマ 160キロ ほか
「原辰」定置:マルソウダ、ヒラソウダ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 150キロ、サゴシ・サワラ 50キロ
「大磯」定置:アジ 60キロ、サバ 50キロ

伊豆方面からは、
「真鶴釣船」:イナダ 100キロ
「川奈釣船」:釣ムツ、釣メダイ ほか
「真鶴定置」:サンマ 100キロ

サンマ苦いか塩っぱいか・・
15785978231571154135187.jpg「秋刀魚の歌」と言えば、新宮生まれの詩人、佐藤春夫を思い出す。
谷崎潤一郎の女に惚れ、破れし男。小田原事件の被害者を。
それでもF1は続いていくんです・・
SANMAじゃなくて、SENNAが事故死した時の言葉は、今も心に残っている。
佐藤琢磨に蒲鉾を贈る心遣いを持つ小田原生まれの鑑(かがみ)、今宮純を忘れない。
posted by にゃー at 17:41| Comment(4) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする