魚体中骨抜き器販売中

2012年04月19日

海良いフサフサ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤリイカ 200キロ、小サバ 100キロ
       カタクチイワシ 110キロ
「石橋」定置:ヤリイカ 150キロ、ウマヅラハギ 90キロ
       カタクチイワシ 90キロ
「 岩 」定置:ボラ 130キロ、ヤリイカ 70キロ
       クロダイ 50キロ、メジナ 50キロ
       ウマヅラハギ 70キロ
「原辰」定置:アオリイカ 60キロ、メジナ 70キロ
「江の安」定:ウマヅラハギ 180キロ、アジ 20キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 110キロ、小サバ 140キロ
       小タチウオ 120キロ
「福浦」定置:アジ 300キロ、アオリイカ 70キロ
「大磯」定置:アジ 460キロ、小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヤリイカ 240キロ
「志津摩網」:ブリ・ワラサ 12本、カタクチ 450キロ
「川奈杉本」:クロダイ 420キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:生シラス 55キロ
「湘南沖曳」:生シラス 35キロ

「ヤリイカ」好調。深いところから来てるようです。新月廻りと言うことも関係しているのでしょうか?
今朝は小田原周辺の定置網だけで「アジ」が見えました。肝心の近隣定置網でも獲れてはいますが、一向に増えてこない様子。ま、これから徐々に近づいてくる事でしょうと、こちらは楽観気味。
しかし、一方で「イシダイ」に続いて「ウマヅラハギ」や「クロダイ」は下降気味なのは気になるところ。ま、油断するとまたドカッと獲れたりしますので、これはこれでアテにならないのですが。
まったく毎日読めない水揚げが続いており、こちとらビシビシ鍛えられ、大いに刺激になっております。おかげでマウスの発毛実験成功も無関心。

今日のヒラメ・・・ 235枚
posted by にゃー at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミカドハダカ

20120419_emperor.JPG
雑魚の中に数匹見えた見慣れぬ「ハダカイワシ」の類。

調べると「ミカドハダカ」によく似ている。
細長い体は「トンガリハダカ科」に属する本種の特徴である。
漢字で書くと「帝裸」。つまり「裸の王様」と言うことか。
先頃、新開通した第2東名が行き着く先はまだ「三ヶ日」までだが、これは「ミカド」。
エラ蓋の上にある赤いタグのようなものは、寄生虫(イカリムシの仲間か?)である。

日周鉛直移動をしないと言われる「ミカドハダカ」が定置網に入ること自体不思議であるが、亜寒帯の深海に住む本種が入り込む理由として、平年偏差で−2℃近いと言う今の海水温から察するに、深海から冷たい海水が流れ、上がってきていることが考えられる。昨日の「サルエビ?(今日も少し見えた)」や多めの「カナガシラ」、それに「二宮」定置にもまとまった極めて小さい「タチウオ」の群れなども、その潮の動きに乗って深場から沿岸へと移動してきたことが想像される。
ラベル:珍魚 定置網漁業
posted by にゃー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

サルエビ(?)

20120418_shrimp.JPG
桜は散ったが、「サクラエビ」が来たか。と思ったら、少し違う。
色違いも混じってるし、少し大きい。

三河湾や瀬戸内海で多く獲れる小エビの仲間を「ジャコエビ」などと言うらしいのだが、どうやらその仲間に近いのでは?
ということで、その中でも代表的な「サルエビ」であろうとした。
別に毛が三本足りないというわけではないが「猿海老」と呼ばれるのだそう。

他にも「ザルエビ」とか「アカシャエビ」などと呼ばれ、名古屋名物「エビせんべい」の原料にもなるエビである。しかし、あくまでもあまり自信がない。

おそらく褐色の大きい方がメスで、赤く小さい方がオスと思われる。
生で食してみたが、普通に甘みと美味みを感じた。5〜6センチとさほど大きくはなかったが、これだけではあるが、相模湾の定置網でまとまって獲れることは珍しいと思われる。

一昨日には「米神」定置で数年ぶりの「マナガツオ」が入ったとも聞いたし、春になっても「アジ」は増えてこず、「クロダイ」の異常とも思える大獲れが続いたり、「イシダイ」の早すぎる減少や「ヒラメ」の急増があったり。はたまた沿岸で発生(?)している妙な泥のような汚れのような、ヘンテコ物質が漁師を悩またりといい、まったく海がおかしいのか、既成概念に囚われる我々の頭がおかしいのか。

いずれにしても悩む日々がまだまだ続きそうなこの頃である。
posted by にゃー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェンジの効かない魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤリイカ 180キロ、ウマヅラハギ 170キロ
「石橋」定置:ヤリイカ 90キロ、ウマヅラハギ 140キロ
       サワラ 80キロ
「 岩 」定置:ボラ 190キロ、ウマヅラハギ 130キロ
「原辰」定置:ウマヅラ 130キロ、アオリイカ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ウマヅラハギ 220キロ、小サバ 140キロ
       カタクチイワシ 110キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ 260キロ、小サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヤリイカ 160キロ、サワラ 80キロ

ボラれる心配を他所に知らない街でイカがわしい店に入ったは良いが、サワラないでと言われ思わず内容を確認。店を出ようかと思ったところで、サバさばとした娘を見つけて、こっそりヒコヒコ・・・。ウマくヤリ遂げたと、アジを占める春の宵。
明日は何が獲れるのか、どんな魚が顔を見せるのか。顔見せも良いが、何が出てくるか分からない指名なしもたまには良いものだ。

今日のヒラメ・・・ 163枚
posted by にゃー at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

魚市場より早く尖閣をトレ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウマヅラ 170キロ、ヤリイカ 50キロ
「石橋」定置:ウマヅラ 100キロ、ヤリイカ 60キロ
「 岩 」定置:ワラサ 120キロ、ヤリイカ 90キロ
       クロダイ 650キロ、タチウオ 50キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 120キロ、メジナ 60キロ
「江の安」定:マダイ、ウマヅラハギ ほか
「二宮」定置:ウマヅラ 240キロ、カタクチ 100キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:マイワシ 1トン、小サバ 360キロ

 東方面からは、
「湘南地引」:生シラス 70キロ

小田原 (素潜)ワカメ 180キロ

今朝は天気も良く穏やかな日和ではあったものの、定置網の魚はどこも減少。「岩」定置の「クロダイ」と「湘南」定置の「マイワシ」が少し目立ってはいたのですが、それでも全体的な漁獲減に引きずられてどうも低調ムード。肝心の「小田原アジ」に至ってはアテにならないと噂されるほどに頼りなく、今朝の「米神」定置は激減。どうもまだ本調子が出ないようです。
例年ならこの時期、毎日「アジ」が続いて困ってしまうくらいだというのに。今日は午後から雨だと言うし、明日は水曜で期待薄か。
このままでは、”旬の「小田原アジ」の水揚げが一瞬ゼロになる?”と密かに囁かれてもおり、大型連休前までの踏ん張りが期待されています。

今日のヒラメ・・・ 260枚
posted by にゃー at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

来たか長さん待ってた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2トン、タチウオ 230キロ
       ヤリイカ 60キロ、ウマヅラハギ 100キロ
       ブリ 1本
「石橋」定置:タチウオ 210キロ、ヤリイカ 75キロ
       ウマヅラハギ 110キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 250キロ(37本)
       ヤリイカ 200キロ、ウマヅラハギ 120キロ
       アジ 100キロ、活イシダイ 230キロ
「原辰」定置:タチウオ 220キロ、ウマヅラハギ 60キロ
「江の安」定:ブリ 3本、アジ、タチウオ ほか
「二宮」定置:ブリ・ワラサ 7本、ウマヅラ 150キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アオリイカ、ウマヅラハギ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 100キロ

 東方面からは、
「茅ヶ崎船」:生シラス 30キロ
「湘南地引」:生シラス 70キロ

小田原   (素潜)ワカメ 380キロ
      (素潜)メカブ 85キロ

20120416_fishshop.jpg出よったな「生シラス」!
湘南から来た「生シラス」。
生唾飲み込む「生シラス」。
生足拝んで「生シラス」。
ニコ生観ながら「生シラス」。
いよいよシーズン到来ですね。
皆さんバシバシ買って、バクバク食べましょう!

今日のヒラメ・・・ 148枚
posted by にゃー at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする