魚体中骨抜き器販売中

2012年04月05日

ウマの旨さを敬う魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 570キロ(83本)、ウマヅラ 110キロ
「石橋」定置:ウマヅラハギ 80キロ、ボラ 110キロ
「 岩 」定置:ブリ 430キロ(63本)、ボラ 70キロ
       クロダイ 80キロ、活イシダイ 150キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 120キロ、ワラサ 1本
「江の安」定:ウマヅラハギ 50キロ ほか
「二宮」定置:イシダイ 210キロ
「福浦」定置:ブリ 1本、アオリイカ 70キロ
       サバ 180キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:アジ 450キロ、サバ 320キロ
       小サバ 1トン
「川奈杉本」:クロダイ 440キロ ほか

小田原  (活)イシダイ 300キロ

出た出た「ウマ」が、な〜がい、な〜がい、面長い。
馬のような「ウマヅラ」が。
ということで、「ウマヅラハギ」が増えてきたのよ。
去年は2月から数年ぶりの記録的な漁獲を見せた「ウマヅラ」ですが、今年はまだかなと思っている間に4月を迎え、忘れた頃にやってきました。
鍋にするにはちょっと遅いですが、薄造りや煮付けにして最高。場所によっては「本カワハギ」や「フグ」の代用としても重宝される人気魚。春の競馬シーズン、クラシック開幕を直前にして、青鹿毛の本命馬出現で市場は一気に賑やかさを増しております。

今日のヒラメ・・・ 143枚
posted by にゃー at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする