魚体中骨抜き器販売中

2012年04月06日

魚市場の金原亭

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウマヅラハギ 200キロ ほか
「石橋」定置:ウマヅラハギ 150キロ ほか
「 岩 」定置:ブリ 2本、活イシダイ 150キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 200キロ ほか
「江の安」定:イシダイ、ウマヅラハギ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ 100キロ、タチウオ 60キロ
       アオリイカ 90キロ
「大磯」定置:アカカマス 40キロ、カタクチ 100キロ

 伊豆方面からは、
「志津摩網」:アジ 230キロ
「川奈杉本」:アジ 300キロ ほか

強風の影響は今朝も残り、一部に休漁や刺し網の水揚げ減少などがありました。
その中で伊豆方面からの「アジ」をメインとした市場の中で、一時期に比べ全体的に「イワシ類」の水揚げが目立って減少しております。
対して水揚げを伸ばしているのは「アジ類」であり、その中には「マルアジ(アオアジ)」や「モロ」なども混じってきているようです。
「ゴマサバ」は意外にも増えてきませんが、「マダイ」や「ウマヅラハギ」の獲れているこの時期を過ぎれば、一気にその割合を増やしてくることでしょう。
今朝は各地で「アオリイカ」が見えており、3キロ台や2キロ台の大物も混じって賑やかでした。「スルメイカ」などの「イカ類」が全国的に高い今、底堅い人気を見せていました。
今年は数年ぶりの「アオリイカ」の大漁が見られるか、期待を持って待ちたいと思います。

今日のヒラメ・・・ 95枚
posted by にゃー at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする