魚体中骨抜き器販売中

2012年04月12日

この春、流行はヤリ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヤリイカ 700キロ、ホウボウ 60キロ
       ウマヅラハギ 1トン、ウルメ 200キロ
「石橋」定置:ヤリイカ 400キロ、アジ 190キロ
       サワラ 40キロ、ウマヅラハギ 500キロ
       イシダイ 60キロ
「 岩 」定置:ブリ 240キロ(35本)、ヤリイカ 200キロ
       ウマヅラハギ 260キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 140キロ ほか
「江の安」定:ウマヅラハギ 280キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ウマヅラ 100キロ、アカカマス 70キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ 50キロ ほか

ヤリヤリクリクリ、ヤリクリクリ・・・って何年前だ?と思ってる間に「ヤリイカ」が大漁。ミサイルのように尖った形は、まさに突撃隊。今年は釣り船の「釣ヤリイカ」が不調で、出始めたと思ったら消えてしまい、そのまま釣れなくなってしまったのだが、いつの間にか定置網に寄ってきました。
深場釣りの「オニカサゴ(イズカサゴ)」もそうだが、定置網や刺し網に掛かるようになると釣り船では、めっきり釣れなくなるのだそう。季節によって魚が泳ぐ海域や深さが違うんでしょうかね。不思議なものです。
さて「ウマヅラハギ」は相変わらずの多さ。「マダイ」や「クロダイ」などは減ってしまいましたが、代わりに「ヤリイカ」ですから、「マアジ」の順番が回ってくるのはいつになるのか。桜が終わって、そればかり待ち遠しい春真っ盛りです。

今日のヒラメ・・・ 155枚
posted by にゃー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする