魚体中骨抜き器販売中

2012年04月14日

どれが魚市場の春コレ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 260キロ、サワラ 60キロ(15本)
       ブリ 6本、ウマヅラハギ 230キロ
       活マダイ 50キロ
「石橋」定置:アジ 180キロ、ウマヅラハギ 190キロ
「 岩 」定置:ブリ・ワラサ 650キロ(94本)
       アジ 140キロ、ウマヅラハギ 120キロ
「原辰」定置:ウマヅラハギ 150キロ、クロダイ 60キロ
「江の安」定:ウマヅラハギ 25キロ、チダイ 20キロ
「二宮」定置:ウマヅラハギ 150キロ、カタクチ 210キロ
       ブリ 2本
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:カタクチイワシ・サバ ほか

 伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣アコウダイ 50キロ
「沼津釣船」:マダイ 40キロ ほか
「川奈杉本」:クロダイ 120キロ ほか

小田原 (素潜)ワカメ 190キロ

70年代ならポールとガーファンクル。80年代ならホールとオーツ。ガンダム好きならボールとジム。切っても切れない名コンビ。
春の海にも「ブリ」と「ワラサ」、そして「サワラ」と「サゴシ」、さらには「マダイ」と「チダイ」といったコンビで網に入ります。大きさや種類で分かれ、種類豊富な時期にさらに細かく魚が増えることになります。それにしても、定置で獲れる魚の種類が増えました。
週明けの月曜日も種類・量とも豊富な水揚げが期待できそうです。

今日のヒラメ・・・ 244枚
posted by にゃー at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする