2012年05月31日

時には魚市場でガッチャ!

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 280キロ、マルソウダ 190キロ
       サバ 120キロ、小イサキ 120キロ
       イサキ 70キロ
「石橋」定置:サバ 90キロ、イサキ 40キロ
「 岩 」定置:イナダ 100キロ、イサキ 200キロ
       ヒラマサ 50キロ、マルソウダ 5.6トン
「原辰」定置:ヒラマサ 40キロ、小イサキ 110キロ
       カタクチイワシ 150キロ
「江の安」定:アジ 100キロ、イサキ 220キロ
       小イサキ 150キロ、マルソウダ 1.3トン
       アカカマス 80キロ、ヒラマサ 30キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 260キロ、サバ 50キロ
       イサキ 100キロ、小タチウオ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 1.7トン、ブリ 1.8トン
       クロマグロ 70キロ(1本)
「大磯」定置:ワカシ 1.5トン、マルアジ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 150キロ、メジナ 230キロ
       アオリイカ 60キロ

なんだかんだで海は濁り気味。
「イサキ」が出てきてコンニチハ。
坊ちゃん一緒に泳ぎましょ。
「ブリ」、「ワラサ」、「イナダ」、「ワカシ」の4兄弟そろい踏み。
思い出すのは「細雪」。
「ヒラマサ」根性見た気がします。
そこへ割り込む「クロマグロ」。
俺のが一番デカイとでも言いたそう。
逃げる小魚、「トビウオ」に乗ってどこまでも。

今日のヒラメ・・・ 25枚
posted by にゃー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

魚市場フリーウェイクラブ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 500キロ、イサキ 200キロ
       サバ 110キロ、マルソウダ 200キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、イサキ 170キロ
「 岩 」定置:アカカマス 420キロ、マルソウダ 320キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 340キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イサキ 140キロ ほか
「福浦」定置:ヒラマサ 230キロ、イナダ 440キロ
       クロマグロ 40キロ(1本)、サバ 500キロ
       シイラ 70キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 280キロ、サバ 440キロ
       マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:アジ 240キロ、マルソウダ 280キロ
       サバ 120キロ

最近、ブログの読み込みに時間が掛かるな〜とお思いのアナタ。そう、そこのアナタに朗報です。
ツルリと出たときの気持ちよさ。ボラギノールの頼り甲斐。そして、ウェブページのレスポンス向上は今や必要事項の一つとして数えられております。
というわけで、今日からプチ整形して出直して参りました。これでストレスともおさらば、明日で5月ともおさらば、小田原魚市場としては第147期決算(かつて半期〆の期があった為に創立年数と異なる)の事業年度終了日となります。
明日も気持ちの良い目覚め、気持ちの良いお通じ。そして気持ちの良い水揚げを期待して、オヤスミナサイ。

今日のヒラメ・・・ 17枚
posted by にゃー at 16:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

お年頃の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 330キロ、アカカマス 170キロ
       小イサキ 350キロ、サバ 180キロ
「石橋」定置:イサキ 220キロ、小イサキ 290キロ
       サバ 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.3トン、イサキ 570キロ
       アカカマス 670キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 70キロ、イナダ 60キロ
「江の安」定:ヒラマサ 40キロ、アカカマス 80キロ
       イサキ 60キロ
「二宮」定置:イサキ 420キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 2.8トン、ブリ 200キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 110キロ ほか

和歌山    (釣)カツオ 480キロ
       (釣)キハダ 300キロ

「イナダ」が出始めたかと気がつけば、あっという間に魚市場のメジャーに昇格、しかしその後の相場はふるわず、マイナー転落の危機にあえぐ月末。
沖の釣り「カツオ」も定期的に入船があり、堅調な水揚げと売りを確保してはおりますが、こちらも天候次第の所があり、実情は意外とシビア。
昨日の午後から天気が非常に不安定な状況が続いており、夕立やら雷やらに戦々恐々。魚屋さんとしてもこちらの方も心配しながらカレンダーと天気予報を見比べなければならなくなりそうですね。いやはや悩みどころの多い5月末。

今日のヒラメ・・・ 43枚
posted by にゃー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

イナダが来たりて魚市場を…

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 2.6トン、アジ 610キロ
       アカカマス 310キロ、ヒラマサ 150キロ
       イサキ 320キロ、サバ 520キロ
       小サバ 440キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、イナダ 980キロ
       サバ 200キロ、ヒラマサ 80キロ
       イサキ 80キロ
「 岩 」定置:アカカマス 1.8トン、ブリ 140キロ
       イナダ 560キロ、マルソウダ 240キロ
       ヒラマサ 110キロ、イサキ 70キロ
「原辰」定置:イナダ 540キロ、ヒラマサ 150キロ
「江の安」定:イナダ 190キロ、アカカマス 140キロ
       ヒラマサ 60キロ
「二宮」定置:サバ 440キロ、小サバ 110キロ
       イナダ 70キロ、イサキ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 2トン、メジナ 60キロ
       ヒラマサ 60キロ、ブリ 50キロ
「大磯」定置:サバ 110キロ、ワカシ 130キロ
       コノシロ 50キロ、マルアジ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ジンダ 150キロ
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ、アオリイカ 20キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 110キロ

和歌山  (釣船)釣カツオ 1.3トン

休み明けからコッテリです。濃いですねぇ。魚が濃いです。ウジャウジャですわ。
「イナダ」や「イサキ」を初めてとして「カマス」や「ソウダ」、「ゴマサバ」と言った夏の魚が今朝も魚市場を埋め尽くしております。一面、お魚畑。
青、緑、銀、白、黄、黒・・・一部偏りながらも色とりどり(?)。
それにしても明日もこんなに多かったらどうしましょ。水曜休みはないし、月末で売りは細くなる一方だし、天気が続けば毎日好漁期待だし、こりゃあ体力的に保つかどうか心配になってきた。

今日のヒラメ・・・ 68枚
posted by にゃー at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

元気なチビッコ魚市場に集合

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1.6トン、ヒラマサ 130キロ
       サバ 210キロ、マルソウダ 160キロ
「石橋」定置:イナダ 1.3トン、サバ 120キロ
「 岩 」定置:アカカマス 450キロ、ヒラマサ 100キロ
       アオリイカ 50キロ、イサキ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 140キロ ほか
「江の安」定:ヒラマサ 60キロ、イサキ 70キロ
       アオリイカ 40キロ
「二宮」定置:サバ 1.1トン、小サバ 1.8トン
「福浦」定置:クロマグロ 3本(120キロ)
       ブリ 570キロ、ヒラマサ 540キロ
       サバ 220キロ、トビウオ 170キロ
       イナダ 70キロ
「大磯」定置:サバ 460キロ、ワカシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 50キロ、トビウオ 40キロ
       サバ 230キロ
「沼津底曳」:マダイ、コショウダイ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 150キロ

「イナダ」が山の中、「マグロ」!絶賛水揚げ中。
ということで、今朝は40キロ前後の「クロマグロ(本マグロ)」が「福浦」定置で3本水揚げ。これだけ大きいと取り扱いにも苦労するのですが、なんなく活締め→ワタ抜き&血抜きをスムーズに行えば、すばらしくどっしりとした存在感のあるオブジェクトに変身。今朝の魚が豊富な魚市場の中でも抜群の注目を浴びておりました。
これから夏にかけ、さらなる大物の登場も期待されますし、期待しなければならないと思います。対して「ミズガマス(ヤマトカマス)の子供」や「ワカシ」、「小イサキ」などの小型地魚系統も徐々に見え始めており、こちらの方も秋に向けますます量が増えることを期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

監視社会に魚市場が一言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、アカカマス 110キロ
       サバ 230キロ、カタクチイワシ 50キロ
       マルソウダ 240キロ
「石橋」定置:アジ 480キロ、カタクチイワシ 50キロ
       ヒラマサ 50キロ、サバ 500キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 330キロ、マルソウダ 260キロ
       アカカマス 360キロ、イナダ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 60キロ ほか
「江の安」定:サバ 50キロ、マルソウダ 80キロ
「二宮」定置:サバ 1.1トン、アカカマス 1.1トン
「福浦」定置:イナダ 830キロ、ブリ 160キロ
「大磯」定置:イナダ 490キロ、アカカマス 120キロ
       サバ 2.2トン、ワカシ 100キロ
       小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ヒラマサ 100キロ、イサキ 70キロ
       マルソウダ 120キロ、小サバ 120キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 350キロ ほか

しかし、駅に限らず今や町のありとあらゆるところに監視カメラの目というものは張り巡らされているようで、我々の市民生活のレベルにおいてもはやプライバシーなどと言うものは存在しないのだと言うことがよく分かる。
その意味で、相模湾の各所にも監視カメラを配置して、逐次魚の動きを監視、追跡することができれば、明日の定置網の予想やら、水揚げの見込み、特売の予定や夕飯の献立に至るまで、ありとあらゆる面で良いことずくめなのではないだろうか。
とはいえ、明日の定置網は「マルソウダ」が50トンなんて分かったら、ダレも魚市場に出勤してこないのではないかと心配になる。やはり知らないことは、知らないままの方がよいのかもしれない。
20120518_taghagi.jpg追跡と言えば、先月から今月に至るまで2匹のタグ付き「カワハギ」が定置網で漁獲された。
以前もそうだったが、今回もJGFAの放流タグで、今回はそのどちらもが三浦の天才釣り少女”小菅綾香”氏による所の放流魚(放流は約半年前で、どちらも約10センチほど成長していた)であった。こちらは知って得する、我々も大いに喜ぶべき有意義な情報となった。

今日のヒラメ・・・ 113枚
posted by にゃー at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

魚市場オリコンチャート発表

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 430キロ、サバ 1.5トン
       マルソウダ 400キロ
「石橋」定置:アカカマス 250キロ、サバ 700キロ
       イサキ 120キロ、マルソウダ 260キロ
「 岩 」定置:アカカマス 2.1トン、ヒラマサ 60キロ
       マルソウダ 1.1トン、イナダ 210キロ
       サバ 100キロ、カタクチイワシ 320キロ
       小サバ 240キロ、トビウオ 70キロ
       サバフグ 70キロ、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 400キロ、サバ 320キロ
「江の安」定:アカカマス 280キロ、サバ 520キロ
       ヒラマサ 50キロ、マルソウダ 240キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 560キロ、イナダ 740キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ 70キロ、トビウオ 90キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 130キロ

20120524_redarrow.JPG水曜日休みが明けて、本日赤丸急上昇の魚と言えば。「アカカマス」に「マルソウダ」!
休み前も似たような感じでしたが。
そして「ヒラマサ」「ブリ」「ワラサ」「イナダ」の青物各種も揃ってます。
さらに今朝は「ゴマサバ」中心にグンと増えました。これからは夏に向けあちこちで「サバ」類が増えてくるシーズンとなるでしょう。「カマス」も増えれば干物屋さんをはじめとする加工屋さんがハッスルしますし、これからますます活気づいてくれると確信。
そうなれば気温の上昇と共に魚市場のテンションも上へ上へと上げていきます。
ただし、あんまり高くなると、風が吹いただけですぐ止まってしまうので、ほどほどにしておこうと思いますが。

今日のヒラメ・・・ 75枚
posted by にゃー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

魚入れ入れ詐欺と魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 710キロ、ヒラマサ 60キロ
       マルソウダ 320キロ
「石橋」定置:アカカマス 80キロ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:アカカマス 70キロ、ヒラマサ 50キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ヒラマサ 360キロ(130本)、サバ 200キロ
       アオリイカ 70キロ、シイラ 90キロ
「大磯」定置:サバ 400キロ、カタクチイワシ 400キロ

天気は荒れて、海も荒れ。魚は少なく、風はひんやり。
今度は「カマス」が獲れたり、「サバ」が増えたり。
それにしても「マルソウダ」ばかりで「ヒラソウダ」が獲れない陽気。
ま、夏になれば否が応でも獲れてくるだろうが。
某大学生は「今は戻れない。」と言ったそうだが、「ヒラマサ」は忘れ物か少し戻ってきた。ただ休み明けに増えるかどうかは微妙な路線。

今日のヒラメ・・・ 98枚
posted by にゃー at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

誰かが見ている魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 180キロ、マルソウダ 280キロ
       イナダ 60キロ
「石橋」定置:サバ 100キロ、イナダ 30キロ
「 岩 」定置:アオリイカ 100キロ、マルソウダ 920キロ
「原辰」定置:アオリイカ 50キロ ほか
「江の安」定:アオリイカ 40キロ、マルソウダ 160キロ
「二宮」定置:サバ 440キロ ほか
「福浦」定置:ブリ 340キロ、ヒラマサ 130キロ
       イナダ 1.2トン
「大磯」定置:カタクチイワシ 150キロ、サバ 340キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ 60キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 1.6トン

キンコンカンコンキンカンキンコン・キンカンコン♪ということで、いつの頃からか「NHKのど自慢」には、鐘一つという評価が無くなり、面白味に欠けるようになってしまった。
いつの頃からか100キロを超えるとキンコン・キンカンと鳴る車が無くなり、スピードを出しているという緊張感が無くなってしまった。
いつの頃からか「欽カンの仮装大賞」の審査が激甘傾向になり、落選者がまるで出なくなってしまい、観覧者の満足度が削がれてしまった。
20120521_goldring.jpgそういえば、今日は注目の金環日食ということで、是が非でも観なくてはと思っていたにもかかわらず、天気は曇天。どんでん返し。
仕方ないので少ない魚を見つめては、金環探しに明け暮れた。

今日のヒラメ・・・ 107枚
posted by にゃー at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

魚市場のわお!

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 70キロ ほか
「石橋」定置:サバ 50キロ ほか
「 岩 」定置:ヒラマサ 300キロ、アオリイカ 110キロ
       マルソウダ 400キロ
「原辰」定置:アオリイカ 50キロ、カタクチ 50キロ
「江の安」定:アオリイカ 190キロ、ヒラマサ 50キロ
「二宮」定置:サバ 770キロ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:サバ 200キロ、マルアジ 70キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ、シイラ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチ 2.6トン、小サバ 720キロ

20120519_waoo.JPG魚の少ない岸壁をすまなく思いながら、「しまじろうのわお!」の撮影を遠目に見たこの朝、いかがお過ごしでしょうか?
魚屋さんも「わお!」と驚くほどだったのが「わおリイカ」の大漁、もとい「アオリイカ」の大漁。今朝は特に江之浦の定置網に集中していることから、周辺のポイントには大挙して「アオリイカ」の発展場、もとい産卵場が形成されているものと想像されます。かねてより江之浦では産卵床となるような魚礁の作成が行われており、今年はその成果が存分に発揮されたと言えるのでしょう。今後も楽しみなポイントとなります。

今日のヒラメ・・・ 73枚
posted by にゃー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

日食の観察は魚市場が最適

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 90キロ、マルソウダ 1.2トン
       カタクチイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:マルソウダ 1.8トン、カタクチ 500キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 100キロ、マルソウダ 3.7トン
       アジ 90キロ、シイラ 70キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.5トン、カタクチ 320キロ
「江の安」定:マルソウダ 680キロ、カタクチ 150キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

和歌山 (釣)カツオ  1.3トン

20120518_casswo.JPG「ヒラマサ」&「アジ」の前に「マルソウダ」&「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」がドンと立ち塞がり、今日の魚市場は「ヒラマサ」の金環日食状態。相場も一気に跳ね上がり、傍観者は、ただ太陽を観察するかのように目を細めて見つめるのみ。
さらには和歌山から釣り「カツオ」が山と来て、下田からは「アカハタ」まつり開催のお知らせもありで、3箇統休漁の影響も最小限に抑えることに成功(?)しました。
20120518_communist.JPG今朝の定置網は夜中の雷雨の影響で魚も驚いたのか、少なめでしたが、明日の朝には魚も戻ってくるでしょうし、週末前の販売機会を捉え、好漁を期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 38枚
posted by にゃー at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

喜劇駅前魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 220キロ、マルソウダ 240キロ
       アジ 150キロ、カタクチイワシ 160キロ
       サバ 60キロ
「石橋」定置:アジ 1トン、カタクチイワシ 100キロ
       ヒラマサ 100キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 220キロ、マルソウダ 100キロ
       ボラ 120キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 120キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ヒラマサ 80キロ、サバ 260キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 400キロ、イナダ 200キロ
       サバ 310キロ、ブリ 60キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 510キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 35キロ、トビウオ 20キロ
「志津摩網」:クロマグロ 77キロ(2本) ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 3.4トン、小サバ 250キロ

JR東海道線の早川駅は、日本一港に近い駅です。
ということは、日本一魚市場に近い駅ということにもなる(かな?)。
昔〜昔、魚(ブリ)が大漁に獲れた時は、鴨宮の”西湘貨物駅”まで運んで、貨車に乗せて魚を全国へ送ったなどとも聞きますが、今は人間様が電車に乗って、新鮮なお魚目当てに降りてきます。
行商人の乗る”鮮魚列車”運行までは行かなくとも、小田原の魚をもっと全国各地へ配送する貨物でも走らせることができたら、カッコイイですね。EF210の”桃太郎”に対抗して、”金太郎”・・・これでは足柄になってしまうので、ここは”金次郎”か。
これぞ、おだわらクオリティ。やっぱり地味すぎる。

今日のヒラメ・・・ 83枚
posted by にゃー at 18:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

たんけんぼくの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 720キロ、マルソウダ 800キロ
       ヒラマサ 600キロ、アカカマス 60キロ
       サバ 110キロ
「石橋」定置:アジ 280キロ、ヒラマサ 440キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.1トン、マルソウダ 300キロ
       アオリイカ 120キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 400キロ、マルソウダ 160キロ
「江の安」定:シイラ、マルソウダ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 770キロ、ヒラマサ 90キロ
       サバ 410キロ、シイラ 80キロ
「大磯」定置:アカカマス 400キロ、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 120キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

今朝、水揚げも終わって後片付けをしていると、小学生の社会科見学が大挙して魚市場に入場してきた。見慣れぬ風景と集団心理も相まって、置いてある鮮魚を見つけては興奮を抑えきれない様子。こんにちは〜の声に元気よく答え、聞けば小学三年生とか。魚の名前に詳しい子もいて将来有望と関心しつつ、その後ろ姿を見守った。その後、数人がやってきて季節毎に獲れる鮮魚についてなどを聞いてきた。先生同伴による半強制的好奇心の発動とはいえ、漁業都市小田原を支える未来の小田原人としてまたも関心しつつ、丁寧に解答。すると数人の揃った声で「どうもありがとうございましたー。」。
Styxのヒットナンバー「Mr. Roboto」を思い出しつつ、夏日の暑さの中、一陣のすがすがしい涼風が吹き抜けたようなさわやかさを覚えたのであった。

今日のヒラメ・・・ 29枚
posted by にゃー at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

間に合わなんだ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 3トン、ヒラマサ 280キロ
       サバ 160キロ、マルソウダ 150キロ
「石橋」定置:アジ 310キロ、ヒラマサ 180キロ
       サバ 110キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.4トン、マルソウダ 720キロ
       ボラ 80キロ、イナダ 110キロ
       活イシダイ 50キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 590キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ、活カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 460キロ、ヒラマサ 50キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 130キロ、サバ 600キロ
       ワラサ 65キロ、メジナ 90キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、メジナ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣メダイ 70キロ ほか
「平塚定置」:カタクチイワシ 4トン

そして本命「アジ」の登場となりました。それもいきなりの300gと超大型。200/300のサイズ中心で迫力の「小田原アジ」が3トン超。これで喜ばないわけはなく、「ヒラマサ」に飽きた口を満足させる魚の登場に、魚市場は歓喜の輪に包まれました。
これで今年の「アジまつり」の話も少しは具体的になるかしらん?

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

魚市場サマータイムブルース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 1.3トン(528本)、サバ 360キロ
       小サバ 200キロ、マルソウダ 640キロ
       チダイ 60キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 680キロ(279本)、サバ 230キロ
       マルソウダ 400キロ、チダイ 70キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 790キロ(353本)、サバ 170キロ
       ワラサ 240キロ、アオリイカ 210キロ
       マルソウダ 600キロ、小サバ 160キロ
       チダイ 80キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 220キロ(90本)、シイラ 70キロ
       マルソウダ 440キロ
「江の安」定:ヒラマサ 210キロ(93本)、サバ 70キロ
       ヒラソウダ 70キロ
「二宮」定置:サバ 750キロ ほか
「福浦」定置:サバ 610キロ、ヒラマサ 60キロ
       シイラ 50キロ
「大磯」定置:アカカマス 160キロ、アオリイカ 60キロ
       サバ 400キロ、マルアジ 80キロ
       小サバ 190キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 50キロ、サバ 60キロ
「鎌倉刺網」:サザエ 140キロ

和歌山  (釣船)釣カツオ 1.1トン

おお。曇りのち晴れの魚市場に「ヒラマサ」が1300。目廻り小型主体でボリューム小さめ。
ここは男なら、二股しないで「ヒラマサ」一本勝負、これ基本。第一京浜よりも東名主義。
今朝は「シイラ」、「ダツ(オキザヨリ?)」、「マルソウダ」までも獲れて夏を実感。
砂浜でボール遊びも良いが、「アオリイカ」が増えてきた折りも折、これで陽気が良くなってくれば、梅雨を前に5月らしい漁獲になってくるのではないでしょうか?何しろみんなの本命は「小田原アジ」なのだから。

今日のヒラメ・・・ 90枚
posted by にゃー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

魚市場お達者くらぶ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.1トン、小サバ 660キロ
「石橋」定置:ワラサ 100キロ、ヒラマサ 160キロ
「 岩 」定置:ワラサ 500キロ、ヒラマサ 370キロ
       ボラ 130キロ
「原辰」定置:サバ 60キロ、カタクチイワシ 40キロ
「江の安」定:メジナ 70キロ、ヒラソウダ 30キロ
「二宮」定置:ワラサ 80キロ、サバ 190キロ
「福浦」定置:ワラサ 80キロ、メジナ 80キロ 
「大磯」定置:ワラサ 630キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 430キロ

♪「ワ〜ラサ」にまみ〜れてヨ。育てた栗毛〜。今日は買われてヨー、町へ行く〜。by 三橋美智也。
ドナドナの気持ちがシミジミよく分かる唄ですね、と言うことで今朝も小田原の「ブリ・ワラサ」は買われて都へと運ばれていきました・・・。

今日のヒラメ・・・ 98枚
posted by にゃー at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

コンプ魚市場ガチャ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 2.4トン、サバ 470キロ
       メジナ 130キロ、マイワシ 190キロ
       ブリ 80キロ、活イシダイ 65キロ
       ボラ 130キロ
「石橋」定置:サバ 390キロ、カタクチイワシ 110キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 320キロ ほか
「原辰」定置:ヒラマサ 470キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:サバ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:サバ 1.2トン、小サバ 160キロ
「福浦」定置:ブリ 140キロ、サバ 420キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「川奈杉本」:メジナ 50キロ、アオリイカ 30キロ
「沼津底曳」:マダイ 30キロ ほか

和歌山(釣船)釣カツオ 1トン、釣キハダ 610キロ

「アジ」は増えてこないですけど、まだまだ魚種は多いですよ〜。
今朝は「ヒラマサ」、「ブリ」の定番組。さらに釣り船入船で「キハダ」と「カツオ」。「カタクチイワシ」やら「マイワシ」、当然「サバ」は安定量獲れ続けます。「メジナ」、「ボラ」の安価魚もありますし、際物からは「マンボウ」だとか「アオリイカ」、刺し網からは「イセエビ」や釣りの「マゴチ」も来ています。量は少なくても「ホウボウ」「イボダイ」「カクアジ」「タチウオ」「マダイ」「ヒラメ」「イシダイ」「カワハギ」などなど、お金さえ準備していただければ、何が出るか分からないけど、必ず美味しいものが手に入るでしょう。
そしてもちろん、根性とお金、ちょっぴりの幸運さえあれば、欲しいものも手に入れることができるでしょう。あなたも魚市場に来て、ガチャセリにチャレンジしてみませんか?

今日のヒラメ・・・ 94枚
posted by にゃー at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

魚市場のアオリは青いのか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 160キロ、サバ 1.1トン
       小サバ 190キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 760キロ、サバ 600キロ
       小サバ 130キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 290キロ、マルソウダ 400キロ
       活イシダイ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 550キロ、アオリイカ 60キロ
       サバ 120キロ
「江の安」定:マダイ、サバ ほか
「二宮」定置:サバ 960キロ、小サバ 80キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 240キロ、ブリ 170キロ
       サバ 500キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 60キロ
       マルアジ 90キロ、サバ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 120キロ
「三崎釣船」:釣カツオ 150キロ、釣クロムツ 50キロ

和歌山   (釣船)釣カツオ 1.2トン

青魚多くなりましたね〜。「サバ」に「ヒラマサ」、そして「ブリ(ワラサ)」。今日は釣船接岸で「釣りカツオ」も。目に青葉城恋唄、山ホトトギス、初ガツオ。広瀬川流れる岸辺、想い出は帰らず。
にしても「ヒラマサ」が今年は多いのはよいが、いかんせん小さい〜。小さい。小さい。小さいけど前隠し by スコーピオンズ(空耳)。何ででしょうかね〜。
「カツオ」も今のところ入荷は1.5キロ前後主流で、大きくなっていないようですが、まだまだ水温が低いと言うことなのでしょうか?それにしてもわかりません。
「カタクチイワシ」が一頃より減ったのもありますが、これから魚相も群れや魚の大きさを含めて徐々に変化していくことを信じるしかありませんね。
信じていながら「国際陸連」の判断でひっくり返されるニャンコもいるくらいだから、何とも言えませんけども。

今日のヒラメ・・・ 83枚
posted by にゃー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

魚市場航空宇宙局はMASA

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 2.1トン
       ヒラマサ 480キロ、ヒラソウダ 700キロ
       サバ 250キロ、小サバ 160キロ
「石橋」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 1トン
       イサキ 200キロ、小イサキ 230キロ
       サバ 800キロ、ヒラソウダ 1.5トン
「 岩 」定置:活イシダイ 160キロ、ヒラマサ 440キロ
       ボラ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 130キロ、メジナ 100キロ
「江の安」定:イサキ、カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 200キロ、カタクチイワシ 300キロ
       活イシダイ 60キロ、小サバ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 120キロ、ワラサ 720キロ
       メジナ 90キロ、サバ 480キロ
       スズキ 100キロ
「大磯」定置:サバ 260キロ ほか

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 150キロ、カタクチイワシ 300キロ
「川奈杉本」:ヒラマサ 75キロ、メジナ 180キロ
       アオリイカ 70キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 190キロ

この春は2〜4キロの小型「ヒラマサ」が獲れ続いてます。今朝も各定置網で諸々200本くらい。対して「ワラサ」は減りつつあるも、100本ちょっと集まったくらいか。小型で使い勝手はまるで良し。
定置網は「ソウダガツオ」や「カタクチイワシ」の集中攻撃に悩まされる中、「サバ」が「マサバ」を含んで1キロ前後くらいから400gくらいまでの量が増えてきています。明日の休市を挟んで、また木曜日にはボリュームを増して来てくれることでしょう。「カワハギ」も活魚でさらりと獲れてます。
これからますます増えてくるものとしては・・・東京都への尖閣諸島購入用寄付金は安定して増えてくるでしょう。
対してDeNAベイ・チケット代返金要求は金銭的には失敗だったかもしれないが、球団とすれば話題になってナンボのもん、ってことでどうでしょうか。

今日のヒラメ・・・ 69枚
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

季節のない魚市場に生まれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 7.2トン(1048本)、サバ 1.5トン
       ヒラマサ 550キロ、ヒラソウダ 920キロ
       アジ 240キロ、カタクチイワシ 10トン
       イサキ 220キロ、アカカマス 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 2.2トン(325本)、サバ 480キロ
       ヒラマサ 310キロ、ヒラソウダ 3.9トン
       アジ 180キロ、小サバ 1.3トン
「原辰」定置:ブリ 1.3トン(195本)、サバ 170キロ
       ヒラマサ 340キロ、ヒラソウダ 1.9トン
「江の安」定:サバ 160キロ、イサキ 120キロ
「二宮」定置:ブリ 100キロ、活イシダイ 90キロ
       サバ 1.1トン、小サバ 680キロ
       カワハギ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 590キロ、サバ 1.5トン
「大磯」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 80キロ
       マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

「米神」定置で「ブリ」1000本!
20120507_bigryo.JPG思わず「軍艦マーチ」を吹奏せんと迎え出でれば、堂々翻る大漁旗。スーパームーンをバックに接岸する漁船の勇姿のたくましさ。まさに「春朝一刻値千金」。
昨日の異常気象で刺激された海の中から大乱舞で飛び出してきたのは「ブリ」と「ヒラマサ」で、さらには「マサバ」やら「ソウダガツオ」に「イサキ」まで出て来て、まさに魚市場は春夏秋冬コレクションの有様。その中にあって「小田原アジ」の少ないところが気になりますが、ここまで異常も極まれば、もはやなるべくしてなった感。
これで金環日食でも来たひにゃあ、地震・カミナリ・家事手伝い。「シーラカンス」の花嫁修業で収まるかどうか。

今日のヒラメ・・・ 108枚
posted by にゃー at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

魚市場もメタモルフォーゼ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 330キロ、ヒラマサ 150キロ(53本)
       サバ 980キロ、小サバ 570キロ
       イサキ 310キロ、小イサキ 680キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 600キロ、ヒラマサ 130キロ
       ボラ 130キロ、ヒラソウダ 220キロ
       イサキ 200キロ、トビウオ 80キロ
       活イシダイ 50キロ、カワハギ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 300キロ、カタクチイワシ 160キロ
「江の安」定:アジ 30キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:サバ 620キロ、小サバ 1.4トン
       アジ 80キロ、カワハギ 85キロ
       活イシダイ 80キロ、メジナ 50キロ
「福浦」定置:サバ 150キロ、メジナ 60キロ
「大磯」定置:アカカマス 50キロ、カタクチ 70キロ
       マルアジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ブリ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 60キロ、サバ 40キロ

「サバ」が久しぶりにまとまり、大型の「マサバ」も混じって、柱の「小田原アジ」とイケテルコンビ。おまけに今朝は「イサキ」や「ヒラソウダ」、それに「トビウオ」なんていう夏の魚のラインナップに、さらに「マツダイ」&「コショウダイ」が加わりデラックス・マツコショー。熱気と活気でヒートアップした魚市場は完全に夏モード。
その割になんとなく涼しく、過しやすいやなどと思いながら祭りに参加する者は仕事そっちのけ。どんより天気は午後まで続き、スッキリしないままの連休後半突入となりました。

今日のヒラメ・・・ 118枚
posted by にゃー at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

テルちゃん勝負の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:メジナ 140キロ、ウマヅラハギ 130キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 110キロ、マルアジ 240キロ

今朝は港の入り口への波の打ち込みが激しいのと、うねりが強いことにより出航できず、小田原の定置網は全船休漁となりました。
唯一水揚げのあった「原辰」定置も、さすがに船を沖に出すことは叶わず、港内の生け簀にて活かし込んでいた”お宝”を出すにとどまりました。それでも地揚がりの魚を求めるお客からの引き合いもあり、なんとか一定の盛り上がりを演出。
一方で、東の「江ノ島」定置はなんとか水揚げができたようで、まとまった「アカカマス」などがありました。
さて注目の明日ですが、小田原の定置網は天候の回復次第とはいえ築地や全国の市場が休みの明日こそ、小田原朝獲れここに有り!の大盛上がりを見せてくれると期待。
無事に締められれば、普通に休み明けの感覚ですし、濁りも出て動いた魚が網に入り、結果的に種類・量共に多くなると思いますから。

今日のヒラメ・・・ 18枚
posted by にゃー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アワツブツノガニ(♂)

20120503_kani.JPG

シャキンと鋭く前方に突き出した角。甲殻ボディー全体に散らばる小突起。
これは見たことないカニだ、と言うことでパチリ。

国府津のヒラメ刺し網に掛かったと言うことで、周辺海域からは「ノコギリガニ」や「マンジュウガニの仲間」など多様なカニが捕れるのですが、これは初めて見た種類になります。

調べてみると「ツノガニ」の仲間が近い。特に「アワツブツノガニ」が臭い。

資料として用いた写真がホロタイプとなる”酒井コレクション”の1938年のメスなので、これが本当に「アワツブツノガニ」のオスなのか絶対的確信が持てないのですが、甲殻類の特徴としてオスの第一歩脚が長いことは基本なので、写真と比較しても歩脚が長いことは明かであり、オスと思って間違いないと思います。
おそらく交尾の際は、この手でシッカリとメスを逃げないように(?)ホールドしているのでしょう。

今なら「小田原さかなセンター」の水槽で見られることと思われます。
大きさとしては手のひらに乗って、手足がはみ出る程度なのでそれほど大きくはないのですが、目を凝らしてみてみれば、水槽の奥からその長い手を振っているかもしれません。
posted by にゃー at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

魚市場は彩り豊かな水墨画

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 110キロ、スルメイカ 80キロ
       イサキ 120キロ
「石橋」定置:アジ 2.8トン、ヒラマサ 150キロ
       サバ 180キロ、スルメイカ 150キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 520キロ、ワラサ 120キロ
       活イシダイ 150キロ、ボラ 120キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 540キロ ほか
「江の安」定:アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:アジ 50キロ、サバ 140キロ
「大磯」定置:アカカマス 80キロ、カタクチ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 210キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 30キロ、チダイ 20キロ

 東方面からは、
「鎌倉刺網」:サザエ 160キロ
「横須賀網」:活マコガレイ 50キロ

雨ですね〜朝から晩まで、そして明日まで。
深夜から朝に掛けて前線と発達した低気圧が通過するというけど、どこまで風雨、波浪共に悪くなるのか、未知数ですが、おそらく多くの定置網の操業に支障は無いかと。
雨がいつまで降ってるのかも気になりますが、明日明後日の売れ行きの方が気になります。連休中の景気は天候次第で大きく変わりますし、明日からは市内で「小田原北條五代まつり」があったり、港周辺でも祭りがあったりで、そのアテが外れるとその影響は年間通しても大きいですからね。
ここ小田原は、4日(金=築地休み)も営業のやる気満々で連休に臨みますから、どうか小田原だけでも晴れますように、今のうちからテルテル坊主のコスプレでぶら下がってみようか思案、マゼンタ、カーマイン。

今日のヒラメ・・・ 112枚
posted by にゃー at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

み〜なとカツオと魚市場と

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.3トン、サワラ 140キロ(45本)
       チダイ 170キロ、スルメイカ 150キロ
       イサキ 290キロ、ヒラソウダ 130キロ
       マイワシ 330キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヒラマサ 185キロ、ワラサ 570キロ
       イサキ 80キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 130キロ、メジナ 200キロ
「江の安」定:アジ 20キロ、ウマヅラハギ 30キロ
「二宮」定置:アジ 490キロ、イシダイ 170キロ
       ワラサ 210キロ、ヒラマサ 100キロ
       ウマヅラ 70キロ、カタクチ 90キロ
「福浦」定置:アジ 150キロ、スズキ 30キロ
「大磯」定置:アカカマス 1.1トン、カタクチ 220キロ

 伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣キンメダイ 45キロ
「沼津底曳」:マダイ 40キロ ほか
「下田釣船」:釣メジマグロ 530キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 240キロ

和歌山  (釣船)キハダ・キメジ 530キロ
     (釣船)カツオ  700キロ

釣れちゃって釣れちゃって、魚が足りないってくらいに相模湾は元気。
「アジ」はもちろん、東の「カマス」も好調に輪を掛けて校長先生こんにちは。
ひいては小田原も賑わずにはおられないってことで、魚がワンサと水揚げされれば、自ずとお客も魚も笑顔があふれ、恵比寿顔。
20120501_kimeji.JPG「ヒラマサ」に「ワラサ」がワラワラ続けば、「サワラ」もサラサラ流れて良い感じ。さらに和歌山や下田から釣り船が入船して、市場は活気さらに倍。
20120501_kihada.JPG水揚げたのは一本釣りの「キハダ」、「キメジ」に「メジマグロ」、そして「カツオ」も絶好調と来たもんだ。おまけに「マカジキ」も一本。
魚だらけに足の踏み場が無いと思ったところで「アジ」は踊り場を一気に駆け上がる好況を維持し、引き続いて連休の間の需要をまかなうべく、明日の水揚げも期待が高まるばかりとなりました。

今日のヒラメ・・・ 199枚
posted by にゃー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする