2012年05月31日

時には魚市場でガッチャ!

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 280キロ、マルソウダ 190キロ
       サバ 120キロ、小イサキ 120キロ
       イサキ 70キロ
「石橋」定置:サバ 90キロ、イサキ 40キロ
「 岩 」定置:イナダ 100キロ、イサキ 200キロ
       ヒラマサ 50キロ、マルソウダ 5.6トン
「原辰」定置:ヒラマサ 40キロ、小イサキ 110キロ
       カタクチイワシ 150キロ
「江の安」定:アジ 100キロ、イサキ 220キロ
       小イサキ 150キロ、マルソウダ 1.3トン
       アカカマス 80キロ、ヒラマサ 30キロ
「二宮」定置:カタクチイワシ 260キロ、サバ 50キロ
       イサキ 100キロ、小タチウオ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 1.7トン、ブリ 1.8トン
       クロマグロ 70キロ(1本)
「大磯」定置:ワカシ 1.5トン、マルアジ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 150キロ、メジナ 230キロ
       アオリイカ 60キロ

なんだかんだで海は濁り気味。
「イサキ」が出てきてコンニチハ。
坊ちゃん一緒に泳ぎましょ。
「ブリ」、「ワラサ」、「イナダ」、「ワカシ」の4兄弟そろい踏み。
思い出すのは「細雪」。
「ヒラマサ」根性見た気がします。
そこへ割り込む「クロマグロ」。
俺のが一番デカイとでも言いたそう。
逃げる小魚、「トビウオ」に乗ってどこまでも。

今日のヒラメ・・・ 25枚
posted by にゃー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

魚市場フリーウェイクラブ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 500キロ、イサキ 200キロ
       サバ 110キロ、マルソウダ 200キロ
「石橋」定置:アジ 1.1トン、イサキ 170キロ
「 岩 」定置:アカカマス 420キロ、マルソウダ 320キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 340キロ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:イサキ 140キロ ほか
「福浦」定置:ヒラマサ 230キロ、イナダ 440キロ
       クロマグロ 40キロ(1本)、サバ 500キロ
       シイラ 70キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 280キロ、サバ 440キロ
       マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:アジ 240キロ、マルソウダ 280キロ
       サバ 120キロ

最近、ブログの読み込みに時間が掛かるな〜とお思いのアナタ。そう、そこのアナタに朗報です。
ツルリと出たときの気持ちよさ。ボラギノールの頼り甲斐。そして、ウェブページのレスポンス向上は今や必要事項の一つとして数えられております。
というわけで、今日からプチ整形して出直して参りました。これでストレスともおさらば、明日で5月ともおさらば、小田原魚市場としては第147期決算(かつて半期〆の期があった為に創立年数と異なる)の事業年度終了日となります。
明日も気持ちの良い目覚め、気持ちの良いお通じ。そして気持ちの良い水揚げを期待して、オヤスミナサイ。

今日のヒラメ・・・ 17枚
posted by にゃー at 16:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

お年頃の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 330キロ、アカカマス 170キロ
       小イサキ 350キロ、サバ 180キロ
「石橋」定置:イサキ 220キロ、小イサキ 290キロ
       サバ 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.3トン、イサキ 570キロ
       アカカマス 670キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 70キロ、イナダ 60キロ
「江の安」定:ヒラマサ 40キロ、アカカマス 80キロ
       イサキ 60キロ
「二宮」定置:イサキ 420キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 2.8トン、ブリ 200キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 110キロ ほか

和歌山    (釣)カツオ 480キロ
       (釣)キハダ 300キロ

「イナダ」が出始めたかと気がつけば、あっという間に魚市場のメジャーに昇格、しかしその後の相場はふるわず、マイナー転落の危機にあえぐ月末。
沖の釣り「カツオ」も定期的に入船があり、堅調な水揚げと売りを確保してはおりますが、こちらも天候次第の所があり、実情は意外とシビア。
昨日の午後から天気が非常に不安定な状況が続いており、夕立やら雷やらに戦々恐々。魚屋さんとしてもこちらの方も心配しながらカレンダーと天気予報を見比べなければならなくなりそうですね。いやはや悩みどころの多い5月末。

今日のヒラメ・・・ 43枚
posted by にゃー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

イナダが来たりて魚市場を…

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 2.6トン、アジ 610キロ
       アカカマス 310キロ、ヒラマサ 150キロ
       イサキ 320キロ、サバ 520キロ
       小サバ 440キロ
「石橋」定置:アジ 1.4トン、イナダ 980キロ
       サバ 200キロ、ヒラマサ 80キロ
       イサキ 80キロ
「 岩 」定置:アカカマス 1.8トン、ブリ 140キロ
       イナダ 560キロ、マルソウダ 240キロ
       ヒラマサ 110キロ、イサキ 70キロ
「原辰」定置:イナダ 540キロ、ヒラマサ 150キロ
「江の安」定:イナダ 190キロ、アカカマス 140キロ
       ヒラマサ 60キロ
「二宮」定置:サバ 440キロ、小サバ 110キロ
       イナダ 70キロ、イサキ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 2トン、メジナ 60キロ
       ヒラマサ 60キロ、ブリ 50キロ
「大磯」定置:サバ 110キロ、ワカシ 130キロ
       コノシロ 50キロ、マルアジ 60キロ

 伊豆方面からは、
「山下丸網」:ジンダ 150キロ
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ、アオリイカ 20キロ
「川奈釣船」:釣キンメダイ 110キロ

和歌山  (釣船)釣カツオ 1.3トン

休み明けからコッテリです。濃いですねぇ。魚が濃いです。ウジャウジャですわ。
「イナダ」や「イサキ」を初めてとして「カマス」や「ソウダ」、「ゴマサバ」と言った夏の魚が今朝も魚市場を埋め尽くしております。一面、お魚畑。
青、緑、銀、白、黄、黒・・・一部偏りながらも色とりどり(?)。
それにしても明日もこんなに多かったらどうしましょ。水曜休みはないし、月末で売りは細くなる一方だし、天気が続けば毎日好漁期待だし、こりゃあ体力的に保つかどうか心配になってきた。

今日のヒラメ・・・ 68枚
posted by にゃー at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

元気なチビッコ魚市場に集合

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1.6トン、ヒラマサ 130キロ
       サバ 210キロ、マルソウダ 160キロ
「石橋」定置:イナダ 1.3トン、サバ 120キロ
「 岩 」定置:アカカマス 450キロ、ヒラマサ 100キロ
       アオリイカ 50キロ、イサキ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 140キロ ほか
「江の安」定:ヒラマサ 60キロ、イサキ 70キロ
       アオリイカ 40キロ
「二宮」定置:サバ 1.1トン、小サバ 1.8トン
「福浦」定置:クロマグロ 3本(120キロ)
       ブリ 570キロ、ヒラマサ 540キロ
       サバ 220キロ、トビウオ 170キロ
       イナダ 70キロ
「大磯」定置:サバ 460キロ、ワカシ 60キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 60キロ
「川奈杉本」:アオリイカ 50キロ、トビウオ 40キロ
       サバ 230キロ
「沼津底曳」:マダイ、コショウダイ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 150キロ

「イナダ」が山の中、「マグロ」!絶賛水揚げ中。
ということで、今朝は40キロ前後の「クロマグロ(本マグロ)」が「福浦」定置で3本水揚げ。これだけ大きいと取り扱いにも苦労するのですが、なんなく活締め→ワタ抜き&血抜きをスムーズに行えば、すばらしくどっしりとした存在感のあるオブジェクトに変身。今朝の魚が豊富な魚市場の中でも抜群の注目を浴びておりました。
これから夏にかけ、さらなる大物の登場も期待されますし、期待しなければならないと思います。対して「ミズガマス(ヤマトカマス)の子供」や「ワカシ」、「小イサキ」などの小型地魚系統も徐々に見え始めており、こちらの方も秋に向けますます量が増えることを期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

監視社会に魚市場が一言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 400キロ、アカカマス 110キロ
       サバ 230キロ、カタクチイワシ 50キロ
       マルソウダ 240キロ
「石橋」定置:アジ 480キロ、カタクチイワシ 50キロ
       ヒラマサ 50キロ、サバ 500キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 330キロ、マルソウダ 260キロ
       アカカマス 360キロ、イナダ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 60キロ ほか
「江の安」定:サバ 50キロ、マルソウダ 80キロ
「二宮」定置:サバ 1.1トン、アカカマス 1.1トン
「福浦」定置:イナダ 830キロ、ブリ 160キロ
「大磯」定置:イナダ 490キロ、アカカマス 120キロ
       サバ 2.2トン、ワカシ 100キロ
       小サバ 120キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:ヒラマサ 100キロ、イサキ 70キロ
       マルソウダ 120キロ、小サバ 120キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:イナダ 350キロ ほか

しかし、駅に限らず今や町のありとあらゆるところに監視カメラの目というものは張り巡らされているようで、我々の市民生活のレベルにおいてもはやプライバシーなどと言うものは存在しないのだと言うことがよく分かる。
その意味で、相模湾の各所にも監視カメラを配置して、逐次魚の動きを監視、追跡することができれば、明日の定置網の予想やら、水揚げの見込み、特売の予定や夕飯の献立に至るまで、ありとあらゆる面で良いことずくめなのではないだろうか。
とはいえ、明日の定置網は「マルソウダ」が50トンなんて分かったら、ダレも魚市場に出勤してこないのではないかと心配になる。やはり知らないことは、知らないままの方がよいのかもしれない。
20120518_taghagi.jpg追跡と言えば、先月から今月に至るまで2匹のタグ付き「カワハギ」が定置網で漁獲された。
以前もそうだったが、今回もJGFAの放流タグで、今回はそのどちらもが三浦の天才釣り少女”小菅綾香”氏による所の放流魚(放流は約半年前で、どちらも約10センチほど成長していた)であった。こちらは知って得する、我々も大いに喜ぶべき有意義な情報となった。

今日のヒラメ・・・ 113枚
posted by にゃー at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする