魚体中骨抜き器販売中

2012年05月16日

たんけんぼくの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 720キロ、マルソウダ 800キロ
       ヒラマサ 600キロ、アカカマス 60キロ
       サバ 110キロ
「石橋」定置:アジ 280キロ、ヒラマサ 440キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.1トン、マルソウダ 300キロ
       アオリイカ 120キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 400キロ、マルソウダ 160キロ
「江の安」定:シイラ、マルソウダ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 770キロ、ヒラマサ 90キロ
       サバ 410キロ、シイラ 80キロ
「大磯」定置:アカカマス 400キロ、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 120キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

今朝、水揚げも終わって後片付けをしていると、小学生の社会科見学が大挙して魚市場に入場してきた。見慣れぬ風景と集団心理も相まって、置いてある鮮魚を見つけては興奮を抑えきれない様子。こんにちは〜の声に元気よく答え、聞けば小学三年生とか。魚の名前に詳しい子もいて将来有望と関心しつつ、その後ろ姿を見守った。その後、数人がやってきて季節毎に獲れる鮮魚についてなどを聞いてきた。先生同伴による半強制的好奇心の発動とはいえ、漁業都市小田原を支える未来の小田原人としてまたも関心しつつ、丁寧に解答。すると数人の揃った声で「どうもありがとうございましたー。」。
Styxのヒットナンバー「Mr. Roboto」を思い出しつつ、夏日の暑さの中、一陣のすがすがしい涼風が吹き抜けたようなさわやかさを覚えたのであった。

今日のヒラメ・・・ 29枚
posted by にゃー at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

間に合わなんだ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 3トン、ヒラマサ 280キロ
       サバ 160キロ、マルソウダ 150キロ
「石橋」定置:アジ 310キロ、ヒラマサ 180キロ
       サバ 110キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.4トン、マルソウダ 720キロ
       ボラ 80キロ、イナダ 110キロ
       活イシダイ 50キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 590キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ、活カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 460キロ、ヒラマサ 50キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 130キロ、サバ 600キロ
       ワラサ 65キロ、メジナ 90キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、メジナ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣メダイ 70キロ ほか
「平塚定置」:カタクチイワシ 4トン

そして本命「アジ」の登場となりました。それもいきなりの300gと超大型。200/300のサイズ中心で迫力の「小田原アジ」が3トン超。これで喜ばないわけはなく、「ヒラマサ」に飽きた口を満足させる魚の登場に、魚市場は歓喜の輪に包まれました。
これで今年の「アジまつり」の話も少しは具体的になるかしらん?

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

魚市場サマータイムブルース

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 1.3トン(528本)、サバ 360キロ
       小サバ 200キロ、マルソウダ 640キロ
       チダイ 60キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 680キロ(279本)、サバ 230キロ
       マルソウダ 400キロ、チダイ 70キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 790キロ(353本)、サバ 170キロ
       ワラサ 240キロ、アオリイカ 210キロ
       マルソウダ 600キロ、小サバ 160キロ
       チダイ 80キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 220キロ(90本)、シイラ 70キロ
       マルソウダ 440キロ
「江の安」定:ヒラマサ 210キロ(93本)、サバ 70キロ
       ヒラソウダ 70キロ
「二宮」定置:サバ 750キロ ほか
「福浦」定置:サバ 610キロ、ヒラマサ 60キロ
       シイラ 50キロ
「大磯」定置:アカカマス 160キロ、アオリイカ 60キロ
       サバ 400キロ、マルアジ 80キロ
       小サバ 190キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 50キロ、サバ 60キロ
「鎌倉刺網」:サザエ 140キロ

和歌山  (釣船)釣カツオ 1.1トン

おお。曇りのち晴れの魚市場に「ヒラマサ」が1300。目廻り小型主体でボリューム小さめ。
ここは男なら、二股しないで「ヒラマサ」一本勝負、これ基本。第一京浜よりも東名主義。
今朝は「シイラ」、「ダツ(オキザヨリ?)」、「マルソウダ」までも獲れて夏を実感。
砂浜でボール遊びも良いが、「アオリイカ」が増えてきた折りも折、これで陽気が良くなってくれば、梅雨を前に5月らしい漁獲になってくるのではないでしょうか?何しろみんなの本命は「小田原アジ」なのだから。

今日のヒラメ・・・ 90枚
posted by にゃー at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

魚市場お達者くらぶ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.1トン、小サバ 660キロ
「石橋」定置:ワラサ 100キロ、ヒラマサ 160キロ
「 岩 」定置:ワラサ 500キロ、ヒラマサ 370キロ
       ボラ 130キロ
「原辰」定置:サバ 60キロ、カタクチイワシ 40キロ
「江の安」定:メジナ 70キロ、ヒラソウダ 30キロ
「二宮」定置:ワラサ 80キロ、サバ 190キロ
「福浦」定置:ワラサ 80キロ、メジナ 80キロ 
「大磯」定置:ワラサ 630キロ、サバ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 430キロ

♪「ワ〜ラサ」にまみ〜れてヨ。育てた栗毛〜。今日は買われてヨー、町へ行く〜。by 三橋美智也。
ドナドナの気持ちがシミジミよく分かる唄ですね、と言うことで今朝も小田原の「ブリ・ワラサ」は買われて都へと運ばれていきました・・・。

今日のヒラメ・・・ 98枚
posted by にゃー at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

コンプ魚市場ガチャ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 2.4トン、サバ 470キロ
       メジナ 130キロ、マイワシ 190キロ
       ブリ 80キロ、活イシダイ 65キロ
       ボラ 130キロ
「石橋」定置:サバ 390キロ、カタクチイワシ 110キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 320キロ ほか
「原辰」定置:ヒラマサ 470キロ、サバ 70キロ
「江の安」定:サバ、ヒラソウダ ほか
「二宮」定置:サバ 1.2トン、小サバ 160キロ
「福浦」定置:ブリ 140キロ、サバ 420キロ
「大磯」定置:アジ 50キロ、サバ 50キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ
「川奈杉本」:メジナ 50キロ、アオリイカ 30キロ
「沼津底曳」:マダイ 30キロ ほか

和歌山(釣船)釣カツオ 1トン、釣キハダ 610キロ

「アジ」は増えてこないですけど、まだまだ魚種は多いですよ〜。
今朝は「ヒラマサ」、「ブリ」の定番組。さらに釣り船入船で「キハダ」と「カツオ」。「カタクチイワシ」やら「マイワシ」、当然「サバ」は安定量獲れ続けます。「メジナ」、「ボラ」の安価魚もありますし、際物からは「マンボウ」だとか「アオリイカ」、刺し網からは「イセエビ」や釣りの「マゴチ」も来ています。量は少なくても「ホウボウ」「イボダイ」「カクアジ」「タチウオ」「マダイ」「ヒラメ」「イシダイ」「カワハギ」などなど、お金さえ準備していただければ、何が出るか分からないけど、必ず美味しいものが手に入るでしょう。
そしてもちろん、根性とお金、ちょっぴりの幸運さえあれば、欲しいものも手に入れることができるでしょう。あなたも魚市場に来て、ガチャセリにチャレンジしてみませんか?

今日のヒラメ・・・ 94枚
posted by にゃー at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

魚市場のアオリは青いのか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 160キロ、サバ 1.1トン
       小サバ 190キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 760キロ、サバ 600キロ
       小サバ 130キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 290キロ、マルソウダ 400キロ
       活イシダイ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 550キロ、アオリイカ 60キロ
       サバ 120キロ
「江の安」定:マダイ、サバ ほか
「二宮」定置:サバ 960キロ、小サバ 80キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 240キロ、ブリ 170キロ
       サバ 500キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 60キロ
       マルアジ 90キロ、サバ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 120キロ
「三崎釣船」:釣カツオ 150キロ、釣クロムツ 50キロ

和歌山   (釣船)釣カツオ 1.2トン

青魚多くなりましたね〜。「サバ」に「ヒラマサ」、そして「ブリ(ワラサ)」。今日は釣船接岸で「釣りカツオ」も。目に青葉城恋唄、山ホトトギス、初ガツオ。広瀬川流れる岸辺、想い出は帰らず。
にしても「ヒラマサ」が今年は多いのはよいが、いかんせん小さい〜。小さい。小さい。小さいけど前隠し by スコーピオンズ(空耳)。何ででしょうかね〜。
「カツオ」も今のところ入荷は1.5キロ前後主流で、大きくなっていないようですが、まだまだ水温が低いと言うことなのでしょうか?それにしてもわかりません。
「カタクチイワシ」が一頃より減ったのもありますが、これから魚相も群れや魚の大きさを含めて徐々に変化していくことを信じるしかありませんね。
信じていながら「国際陸連」の判断でひっくり返されるニャンコもいるくらいだから、何とも言えませんけども。

今日のヒラメ・・・ 83枚
posted by にゃー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする