魚体中骨抜き器販売中

2012年05月08日

魚市場航空宇宙局はMASA

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 2.1トン
       ヒラマサ 480キロ、ヒラソウダ 700キロ
       サバ 250キロ、小サバ 160キロ
「石橋」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 1トン
       イサキ 200キロ、小イサキ 230キロ
       サバ 800キロ、ヒラソウダ 1.5トン
「 岩 」定置:活イシダイ 160キロ、ヒラマサ 440キロ
       ボラ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 130キロ、メジナ 100キロ
「江の安」定:イサキ、カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 200キロ、カタクチイワシ 300キロ
       活イシダイ 60キロ、小サバ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 120キロ、ワラサ 720キロ
       メジナ 90キロ、サバ 480キロ
       スズキ 100キロ
「大磯」定置:サバ 260キロ ほか

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 150キロ、カタクチイワシ 300キロ
「川奈杉本」:ヒラマサ 75キロ、メジナ 180キロ
       アオリイカ 70キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 190キロ

この春は2〜4キロの小型「ヒラマサ」が獲れ続いてます。今朝も各定置網で諸々200本くらい。対して「ワラサ」は減りつつあるも、100本ちょっと集まったくらいか。小型で使い勝手はまるで良し。
定置網は「ソウダガツオ」や「カタクチイワシ」の集中攻撃に悩まされる中、「サバ」が「マサバ」を含んで1キロ前後くらいから400gくらいまでの量が増えてきています。明日の休市を挟んで、また木曜日にはボリュームを増して来てくれることでしょう。「カワハギ」も活魚でさらりと獲れてます。
これからますます増えてくるものとしては・・・東京都への尖閣諸島購入用寄付金は安定して増えてくるでしょう。
対してDeNAベイ・チケット代返金要求は金銭的には失敗だったかもしれないが、球団とすれば話題になってナンボのもん、ってことでどうでしょうか。

今日のヒラメ・・・ 69枚
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

季節のない魚市場に生まれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 7.2トン(1048本)、サバ 1.5トン
       ヒラマサ 550キロ、ヒラソウダ 920キロ
       アジ 240キロ、カタクチイワシ 10トン
       イサキ 220キロ、アカカマス 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 2.2トン(325本)、サバ 480キロ
       ヒラマサ 310キロ、ヒラソウダ 3.9トン
       アジ 180キロ、小サバ 1.3トン
「原辰」定置:ブリ 1.3トン(195本)、サバ 170キロ
       ヒラマサ 340キロ、ヒラソウダ 1.9トン
「江の安」定:サバ 160キロ、イサキ 120キロ
「二宮」定置:ブリ 100キロ、活イシダイ 90キロ
       サバ 1.1トン、小サバ 680キロ
       カワハギ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 590キロ、サバ 1.5トン
「大磯」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 80キロ
       マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

「米神」定置で「ブリ」1000本!
20120507_bigryo.JPG思わず「軍艦マーチ」を吹奏せんと迎え出でれば、堂々翻る大漁旗。スーパームーンをバックに接岸する漁船の勇姿のたくましさ。まさに「春朝一刻値千金」。
昨日の異常気象で刺激された海の中から大乱舞で飛び出してきたのは「ブリ」と「ヒラマサ」で、さらには「マサバ」やら「ソウダガツオ」に「イサキ」まで出て来て、まさに魚市場は春夏秋冬コレクションの有様。その中にあって「小田原アジ」の少ないところが気になりますが、ここまで異常も極まれば、もはやなるべくしてなった感。
これで金環日食でも来たひにゃあ、地震・カミナリ・家事手伝い。「シーラカンス」の花嫁修業で収まるかどうか。

今日のヒラメ・・・ 108枚
posted by にゃー at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

魚市場もメタモルフォーゼ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 330キロ、ヒラマサ 150キロ(53本)
       サバ 980キロ、小サバ 570キロ
       イサキ 310キロ、小イサキ 680キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 600キロ、ヒラマサ 130キロ
       ボラ 130キロ、ヒラソウダ 220キロ
       イサキ 200キロ、トビウオ 80キロ
       活イシダイ 50キロ、カワハギ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 300キロ、カタクチイワシ 160キロ
「江の安」定:アジ 30キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:サバ 620キロ、小サバ 1.4トン
       アジ 80キロ、カワハギ 85キロ
       活イシダイ 80キロ、メジナ 50キロ
「福浦」定置:サバ 150キロ、メジナ 60キロ
「大磯」定置:アカカマス 50キロ、カタクチ 70キロ
       マルアジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ブリ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 60キロ、サバ 40キロ

「サバ」が久しぶりにまとまり、大型の「マサバ」も混じって、柱の「小田原アジ」とイケテルコンビ。おまけに今朝は「イサキ」や「ヒラソウダ」、それに「トビウオ」なんていう夏の魚のラインナップに、さらに「マツダイ」&「コショウダイ」が加わりデラックス・マツコショー。熱気と活気でヒートアップした魚市場は完全に夏モード。
その割になんとなく涼しく、過しやすいやなどと思いながら祭りに参加する者は仕事そっちのけ。どんより天気は午後まで続き、スッキリしないままの連休後半突入となりました。

今日のヒラメ・・・ 118枚
posted by にゃー at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

テルちゃん勝負の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:メジナ 140キロ、ウマヅラハギ 130キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 110キロ、マルアジ 240キロ

今朝は港の入り口への波の打ち込みが激しいのと、うねりが強いことにより出航できず、小田原の定置網は全船休漁となりました。
唯一水揚げのあった「原辰」定置も、さすがに船を沖に出すことは叶わず、港内の生け簀にて活かし込んでいた”お宝”を出すにとどまりました。それでも地揚がりの魚を求めるお客からの引き合いもあり、なんとか一定の盛り上がりを演出。
一方で、東の「江ノ島」定置はなんとか水揚げができたようで、まとまった「アカカマス」などがありました。
さて注目の明日ですが、小田原の定置網は天候の回復次第とはいえ築地や全国の市場が休みの明日こそ、小田原朝獲れここに有り!の大盛上がりを見せてくれると期待。
無事に締められれば、普通に休み明けの感覚ですし、濁りも出て動いた魚が網に入り、結果的に種類・量共に多くなると思いますから。

今日のヒラメ・・・ 18枚
posted by にゃー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アワツブツノガニ(♂)

20120503_kani.JPG

シャキンと鋭く前方に突き出した角。甲殻ボディー全体に散らばる小突起。
これは見たことないカニだ、と言うことでパチリ。

国府津のヒラメ刺し網に掛かったと言うことで、周辺海域からは「ノコギリガニ」や「マンジュウガニの仲間」など多様なカニが捕れるのですが、これは初めて見た種類になります。

調べてみると「ツノガニ」の仲間が近い。特に「アワツブツノガニ」が臭い。

資料として用いた写真がホロタイプとなる”酒井コレクション”の1938年のメスなので、これが本当に「アワツブツノガニ」のオスなのか絶対的確信が持てないのですが、甲殻類の特徴としてオスの第一歩脚が長いことは基本なので、写真と比較しても歩脚が長いことは明かであり、オスと思って間違いないと思います。
おそらく交尾の際は、この手でシッカリとメスを逃げないように(?)ホールドしているのでしょう。

今なら「小田原さかなセンター」の水槽で見られることと思われます。
大きさとしては手のひらに乗って、手足がはみ出る程度なのでそれほど大きくはないのですが、目を凝らしてみてみれば、水槽の奥からその長い手を振っているかもしれません。
posted by にゃー at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

魚市場は彩り豊かな水墨画

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 110キロ、スルメイカ 80キロ
       イサキ 120キロ
「石橋」定置:アジ 2.8トン、ヒラマサ 150キロ
       サバ 180キロ、スルメイカ 150キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 520キロ、ワラサ 120キロ
       活イシダイ 150キロ、ボラ 120キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 540キロ ほか
「江の安」定:アジ 40キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:アジ 50キロ、サバ 140キロ
「大磯」定置:アカカマス 80キロ、カタクチ 80キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 210キロ ほか
「沼津底曳」:マダイ 30キロ、チダイ 20キロ

 東方面からは、
「鎌倉刺網」:サザエ 160キロ
「横須賀網」:活マコガレイ 50キロ

雨ですね〜朝から晩まで、そして明日まで。
深夜から朝に掛けて前線と発達した低気圧が通過するというけど、どこまで風雨、波浪共に悪くなるのか、未知数ですが、おそらく多くの定置網の操業に支障は無いかと。
雨がいつまで降ってるのかも気になりますが、明日明後日の売れ行きの方が気になります。連休中の景気は天候次第で大きく変わりますし、明日からは市内で「小田原北條五代まつり」があったり、港周辺でも祭りがあったりで、そのアテが外れるとその影響は年間通しても大きいですからね。
ここ小田原は、4日(金=築地休み)も営業のやる気満々で連休に臨みますから、どうか小田原だけでも晴れますように、今のうちからテルテル坊主のコスプレでぶら下がってみようか思案、マゼンタ、カーマイン。

今日のヒラメ・・・ 112枚
posted by にゃー at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする