魚体中骨抜き器販売中

2012年05月01日

み〜なとカツオと魚市場と

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 2.3トン、サワラ 140キロ(45本)
       チダイ 170キロ、スルメイカ 150キロ
       イサキ 290キロ、ヒラソウダ 130キロ
       マイワシ 330キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ヒラマサ 185キロ、ワラサ 570キロ
       イサキ 80キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 130キロ、メジナ 200キロ
「江の安」定:アジ 20キロ、ウマヅラハギ 30キロ
「二宮」定置:アジ 490キロ、イシダイ 170キロ
       ワラサ 210キロ、ヒラマサ 100キロ
       ウマヅラ 70キロ、カタクチ 90キロ
「福浦」定置:アジ 150キロ、スズキ 30キロ
「大磯」定置:アカカマス 1.1トン、カタクチ 220キロ

 伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣キンメダイ 45キロ
「沼津底曳」:マダイ 40キロ ほか
「下田釣船」:釣メジマグロ 530キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 240キロ

和歌山  (釣船)キハダ・キメジ 530キロ
     (釣船)カツオ  700キロ

釣れちゃって釣れちゃって、魚が足りないってくらいに相模湾は元気。
「アジ」はもちろん、東の「カマス」も好調に輪を掛けて校長先生こんにちは。
ひいては小田原も賑わずにはおられないってことで、魚がワンサと水揚げされれば、自ずとお客も魚も笑顔があふれ、恵比寿顔。
20120501_kimeji.JPG「ヒラマサ」に「ワラサ」がワラワラ続けば、「サワラ」もサラサラ流れて良い感じ。さらに和歌山や下田から釣り船が入船して、市場は活気さらに倍。
20120501_kihada.JPG水揚げたのは一本釣りの「キハダ」、「キメジ」に「メジマグロ」、そして「カツオ」も絶好調と来たもんだ。おまけに「マカジキ」も一本。
魚だらけに足の踏み場が無いと思ったところで「アジ」は踊り場を一気に駆け上がる好況を維持し、引き続いて連休の間の需要をまかなうべく、明日の水揚げも期待が高まるばかりとなりました。

今日のヒラメ・・・ 199枚
posted by にゃー at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする