魚体中骨抜き器販売中

2012年05月04日

魚市場もメタモルフォーゼ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 330キロ、ヒラマサ 150キロ(53本)
       サバ 980キロ、小サバ 570キロ
       イサキ 310キロ、小イサキ 680キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 600キロ、ヒラマサ 130キロ
       ボラ 130キロ、ヒラソウダ 220キロ
       イサキ 200キロ、トビウオ 80キロ
       活イシダイ 50キロ、カワハギ 60キロ
「原辰」定置:メジナ 300キロ、カタクチイワシ 160キロ
「江の安」定:アジ 30キロ、カワハギ 30キロ
「二宮」定置:サバ 620キロ、小サバ 1.4トン
       アジ 80キロ、カワハギ 85キロ
       活イシダイ 80キロ、メジナ 50キロ
「福浦」定置:サバ 150キロ、メジナ 60キロ
「大磯」定置:アカカマス 50キロ、カタクチ 70キロ
       マルアジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:メジナ 100キロ、ブリ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 60キロ、サバ 40キロ

「サバ」が久しぶりにまとまり、大型の「マサバ」も混じって、柱の「小田原アジ」とイケテルコンビ。おまけに今朝は「イサキ」や「ヒラソウダ」、それに「トビウオ」なんていう夏の魚のラインナップに、さらに「マツダイ」&「コショウダイ」が加わりデラックス・マツコショー。熱気と活気でヒートアップした魚市場は完全に夏モード。
その割になんとなく涼しく、過しやすいやなどと思いながら祭りに参加する者は仕事そっちのけ。どんより天気は午後まで続き、スッキリしないままの連休後半突入となりました。

今日のヒラメ・・・ 118枚
posted by にゃー at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする