魚体中骨抜き器販売中

2012年05月07日

季節のない魚市場に生まれ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ 7.2トン(1048本)、サバ 1.5トン
       ヒラマサ 550キロ、ヒラソウダ 920キロ
       アジ 240キロ、カタクチイワシ 10トン
       イサキ 220キロ、アカカマス 50キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 2.2トン(325本)、サバ 480キロ
       ヒラマサ 310キロ、ヒラソウダ 3.9トン
       アジ 180キロ、小サバ 1.3トン
「原辰」定置:ブリ 1.3トン(195本)、サバ 170キロ
       ヒラマサ 340キロ、ヒラソウダ 1.9トン
「江の安」定:サバ 160キロ、イサキ 120キロ
「二宮」定置:ブリ 100キロ、活イシダイ 90キロ
       サバ 1.1トン、小サバ 680キロ
       カワハギ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 590キロ、サバ 1.5トン
「大磯」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 80キロ
       マルアジ 110キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

「米神」定置で「ブリ」1000本!
20120507_bigryo.JPG思わず「軍艦マーチ」を吹奏せんと迎え出でれば、堂々翻る大漁旗。スーパームーンをバックに接岸する漁船の勇姿のたくましさ。まさに「春朝一刻値千金」。
昨日の異常気象で刺激された海の中から大乱舞で飛び出してきたのは「ブリ」と「ヒラマサ」で、さらには「マサバ」やら「ソウダガツオ」に「イサキ」まで出て来て、まさに魚市場は春夏秋冬コレクションの有様。その中にあって「小田原アジ」の少ないところが気になりますが、ここまで異常も極まれば、もはやなるべくしてなった感。
これで金環日食でも来たひにゃあ、地震・カミナリ・家事手伝い。「シーラカンス」の花嫁修業で収まるかどうか。

今日のヒラメ・・・ 108枚
posted by にゃー at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする