魚体中骨抜き器販売中

2012年05月08日

魚市場航空宇宙局はMASA

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 2.1トン
       ヒラマサ 480キロ、ヒラソウダ 700キロ
       サバ 250キロ、小サバ 160キロ
「石橋」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 1トン
       イサキ 200キロ、小イサキ 230キロ
       サバ 800キロ、ヒラソウダ 1.5トン
「 岩 」定置:活イシダイ 160キロ、ヒラマサ 440キロ
       ボラ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 130キロ、メジナ 100キロ
「江の安」定:イサキ、カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 200キロ、カタクチイワシ 300キロ
       活イシダイ 60キロ、小サバ 110キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 120キロ、ワラサ 720キロ
       メジナ 90キロ、サバ 480キロ
       スズキ 100キロ
「大磯」定置:サバ 260キロ ほか

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:サバ 150キロ、カタクチイワシ 300キロ
「川奈杉本」:ヒラマサ 75キロ、メジナ 180キロ
       アオリイカ 70キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 190キロ

この春は2〜4キロの小型「ヒラマサ」が獲れ続いてます。今朝も各定置網で諸々200本くらい。対して「ワラサ」は減りつつあるも、100本ちょっと集まったくらいか。小型で使い勝手はまるで良し。
定置網は「ソウダガツオ」や「カタクチイワシ」の集中攻撃に悩まされる中、「サバ」が「マサバ」を含んで1キロ前後くらいから400gくらいまでの量が増えてきています。明日の休市を挟んで、また木曜日にはボリュームを増して来てくれることでしょう。「カワハギ」も活魚でさらりと獲れてます。
これからますます増えてくるものとしては・・・東京都への尖閣諸島購入用寄付金は安定して増えてくるでしょう。
対してDeNAベイ・チケット代返金要求は金銭的には失敗だったかもしれないが、球団とすれば話題になってナンボのもん、ってことでどうでしょうか。

今日のヒラメ・・・ 69枚
posted by にゃー at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする