魚体中骨抜き器販売中

2012年05月10日

魚市場のアオリは青いのか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 160キロ、サバ 1.1トン
       小サバ 190キロ
「石橋」定置:ヒラマサ 760キロ、サバ 600キロ
       小サバ 130キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 290キロ、マルソウダ 400キロ
       活イシダイ 60キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 550キロ、アオリイカ 60キロ
       サバ 120キロ
「江の安」定:マダイ、サバ ほか
「二宮」定置:サバ 960キロ、小サバ 80キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 240キロ、ブリ 170キロ
       サバ 500キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、カタクチイワシ 60キロ
       マルアジ 90キロ、サバ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 100キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アカカマス 120キロ
「三崎釣船」:釣カツオ 150キロ、釣クロムツ 50キロ

和歌山   (釣船)釣カツオ 1.2トン

青魚多くなりましたね〜。「サバ」に「ヒラマサ」、そして「ブリ(ワラサ)」。今日は釣船接岸で「釣りカツオ」も。目に青葉城恋唄、山ホトトギス、初ガツオ。広瀬川流れる岸辺、想い出は帰らず。
にしても「ヒラマサ」が今年は多いのはよいが、いかんせん小さい〜。小さい。小さい。小さいけど前隠し by スコーピオンズ(空耳)。何ででしょうかね〜。
「カツオ」も今のところ入荷は1.5キロ前後主流で、大きくなっていないようですが、まだまだ水温が低いと言うことなのでしょうか?それにしてもわかりません。
「カタクチイワシ」が一頃より減ったのもありますが、これから魚相も群れや魚の大きさを含めて徐々に変化していくことを信じるしかありませんね。
信じていながら「国際陸連」の判断でひっくり返されるニャンコもいるくらいだから、何とも言えませんけども。

今日のヒラメ・・・ 83枚
posted by にゃー at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする