魚体中骨抜き器販売中

2012年05月15日

間に合わなんだ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 3トン、ヒラマサ 280キロ
       サバ 160キロ、マルソウダ 150キロ
「石橋」定置:アジ 310キロ、ヒラマサ 180キロ
       サバ 110キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.4トン、マルソウダ 720キロ
       ボラ 80キロ、イナダ 110キロ
       活イシダイ 50キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 590キロ ほか
「江の安」定:スルメイカ、活カワハギ ほか
「二宮」定置:サバ 460キロ、ヒラマサ 50キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 130キロ、サバ 600キロ
       ワラサ 65キロ、メジナ 90キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 110キロ ほか

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:クロダイ、メジナ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣メダイ 70キロ ほか
「平塚定置」:カタクチイワシ 4トン

そして本命「アジ」の登場となりました。それもいきなりの300gと超大型。200/300のサイズ中心で迫力の「小田原アジ」が3トン超。これで喜ばないわけはなく、「ヒラマサ」に飽きた口を満足させる魚の登場に、魚市場は歓喜の輪に包まれました。
これで今年の「アジまつり」の話も少しは具体的になるかしらん?

今日のヒラメ・・・ 66枚
posted by にゃー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする