魚体中骨抜き器販売中

2012年05月16日

たんけんぼくの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 720キロ、マルソウダ 800キロ
       ヒラマサ 600キロ、アカカマス 60キロ
       サバ 110キロ
「石橋」定置:アジ 280キロ、ヒラマサ 440キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 1.1トン、マルソウダ 300キロ
       アオリイカ 120キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 400キロ、マルソウダ 160キロ
「江の安」定:シイラ、マルソウダ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イナダ 770キロ、ヒラマサ 90キロ
       サバ 410キロ、シイラ 80キロ
「大磯」定置:アカカマス 400キロ、サバ 100キロ
       カタクチイワシ 120キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ、チダイ ほか

今朝、水揚げも終わって後片付けをしていると、小学生の社会科見学が大挙して魚市場に入場してきた。見慣れぬ風景と集団心理も相まって、置いてある鮮魚を見つけては興奮を抑えきれない様子。こんにちは〜の声に元気よく答え、聞けば小学三年生とか。魚の名前に詳しい子もいて将来有望と関心しつつ、その後ろ姿を見守った。その後、数人がやってきて季節毎に獲れる鮮魚についてなどを聞いてきた。先生同伴による半強制的好奇心の発動とはいえ、漁業都市小田原を支える未来の小田原人としてまたも関心しつつ、丁寧に解答。すると数人の揃った声で「どうもありがとうございましたー。」。
Styxのヒットナンバー「Mr. Roboto」を思い出しつつ、夏日の暑さの中、一陣のすがすがしい涼風が吹き抜けたようなさわやかさを覚えたのであった。

今日のヒラメ・・・ 29枚
posted by にゃー at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする