魚体中骨抜き器販売中

2012年05月18日

日食の観察は魚市場が最適

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 90キロ、マルソウダ 1.2トン
       カタクチイワシ 200キロ、サバ 70キロ
「石橋」定置:マルソウダ 1.8トン、カタクチ 500キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 100キロ、マルソウダ 3.7トン
       アジ 90キロ、シイラ 70キロ
「原辰」定置:マルソウダ 1.5トン、カタクチ 320キロ
「江の安」定:マルソウダ 680キロ、カタクチ 150キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 40キロ

和歌山 (釣)カツオ  1.3トン

20120518_casswo.JPG「ヒラマサ」&「アジ」の前に「マルソウダ」&「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」がドンと立ち塞がり、今日の魚市場は「ヒラマサ」の金環日食状態。相場も一気に跳ね上がり、傍観者は、ただ太陽を観察するかのように目を細めて見つめるのみ。
さらには和歌山から釣り「カツオ」が山と来て、下田からは「アカハタ」まつり開催のお知らせもありで、3箇統休漁の影響も最小限に抑えることに成功(?)しました。
20120518_communist.JPG今朝の定置網は夜中の雷雨の影響で魚も驚いたのか、少なめでしたが、明日の朝には魚も戻ってくるでしょうし、週末前の販売機会を捉え、好漁を期待したいと思います。

今日のヒラメ・・・ 38枚
posted by にゃー at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする