魚体中骨抜き器販売中

2012年05月24日

魚市場オリコンチャート発表

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 430キロ、サバ 1.5トン
       マルソウダ 400キロ
「石橋」定置:アカカマス 250キロ、サバ 700キロ
       イサキ 120キロ、マルソウダ 260キロ
「 岩 」定置:アカカマス 2.1トン、ヒラマサ 60キロ
       マルソウダ 1.1トン、イナダ 210キロ
       サバ 100キロ、カタクチイワシ 320キロ
       小サバ 240キロ、トビウオ 70キロ
       サバフグ 70キロ、マルアジ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 400キロ、サバ 320キロ
「江の安」定:アカカマス 280キロ、サバ 520キロ
       ヒラマサ 50キロ、マルソウダ 240キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 560キロ、イナダ 740キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ 70キロ、トビウオ 90キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 130キロ

20120524_redarrow.JPG水曜日休みが明けて、本日赤丸急上昇の魚と言えば。「アカカマス」に「マルソウダ」!
休み前も似たような感じでしたが。
そして「ヒラマサ」「ブリ」「ワラサ」「イナダ」の青物各種も揃ってます。
さらに今朝は「ゴマサバ」中心にグンと増えました。これからは夏に向けあちこちで「サバ」類が増えてくるシーズンとなるでしょう。「カマス」も増えれば干物屋さんをはじめとする加工屋さんがハッスルしますし、これからますます活気づいてくれると確信。
そうなれば気温の上昇と共に魚市場のテンションも上へ上へと上げていきます。
ただし、あんまり高くなると、風が吹いただけですぐ止まってしまうので、ほどほどにしておこうと思いますが。

今日のヒラメ・・・ 75枚
posted by にゃー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする