魚体中骨抜き器販売中

2012年05月29日

お年頃の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 330キロ、アカカマス 170キロ
       小イサキ 350キロ、サバ 180キロ
「石橋」定置:イサキ 220キロ、小イサキ 290キロ
       サバ 140キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.3トン、イサキ 570キロ
       アカカマス 670キロ、サバ 100キロ
「原辰」定置:ヒラマサ 70キロ、イナダ 60キロ
「江の安」定:ヒラマサ 40キロ、アカカマス 80キロ
       イサキ 60キロ
「二宮」定置:イサキ 420キロ、サバ 100キロ
「福浦」定置:イナダ 2.8トン、ブリ 200キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣カツオ 110キロ ほか

和歌山    (釣)カツオ 480キロ
       (釣)キハダ 300キロ

「イナダ」が出始めたかと気がつけば、あっという間に魚市場のメジャーに昇格、しかしその後の相場はふるわず、マイナー転落の危機にあえぐ月末。
沖の釣り「カツオ」も定期的に入船があり、堅調な水揚げと売りを確保してはおりますが、こちらも天候次第の所があり、実情は意外とシビア。
昨日の午後から天気が非常に不安定な状況が続いており、夕立やら雷やらに戦々恐々。魚屋さんとしてもこちらの方も心配しながらカレンダーと天気予報を見比べなければならなくなりそうですね。いやはや悩みどころの多い5月末。

今日のヒラメ・・・ 43枚
posted by にゃー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする