魚体中骨抜き器販売中

2012年06月30日

どんだけ獲れる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 1.2トン、アジ 100キロ
       サバ 170キロ
「石橋」定置:イナダ 140キロ、サバ 100キロ
「 岩 」定置:イナダ 12トン ほか
「原辰」定置:イナダ 400キロ ほか
「江の安」定:イナダ 370キロ、ウルメイワシ 50キロ
「二宮」定置:イナダ 180キロ、アジ 130キロ
「福浦」定置:イナダ 3.8トン ほか
「大磯」定置:アジ 380キロ、アカカマス 90キロ
       イナダ 200キロ、サバ 170キロ
       ワカシ 960キロ、マルアジ 140キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:イナダ 140キロ、トビウオ 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 2.4トン
「湘南地引」:生シラス 40キロ

週末の月末で「イナダ」ドンッ。さらに倍、ドンッ。
って、倍まではいかなかったかもしれません。
1キロ前後の平均サイズでまとまった「イナダ」は、ダンベにまとめられ出発進行。まだまだ獲れる予感のする「イナダ」は、今年の「ブリ」の当たり年に次いで、大獲れとなりそうな予感が致します。その後には「ワカシ」も控えておりますし、最後はまさかの「モジャコ」大発生まで心の準備として持っておこうと思います。
そんな中、「大磯」の「湘南定置」は今朝から復活で、「イナダ」と共に「アジ」が獲れ、人気になっておりました。
気がつけば週明けは7月、ここまで梅雨らしくない天気が続きますが、その割に魚が増えてこないのが気がかりであり、まるで季節感の無い日々が昨年来続いている事に不安を覚えます。
春でもないのに「タカアシガニ」が獲れたり、ちょっと見えてた「シイラ」や「マルソウダ」がサッと姿を消してみたり、いつからこんなに相模湾は水揚げが読めない海になってしまったんでしょうかねえ。
posted by にゃー at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

ミスタービッグ in 魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 4.8トン、アジ 200キロ
       サバ 390キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イナダ 3.1トン ほか
「原辰」定置:イナダ 1.3トン ほか
「江の安」定:イナダ 230キロ、サバ 30キロ
「二宮」定置:アジ 160キロ、イナダ 160キロ
       サバ 50キロ、カグラザメ 1匹
「福浦」定置:イナダ 2.2トン、ジンダ 150キロ
       ウルメイワシ 130キロ、トビウオ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 2トン
「大磯沖曳」:生シラス 45キロ

昨日に続いて「イナダ」は多かったですが、今朝は久しぶりに「生シラス」が入荷しました。ある程度安定して入荷した後に、しばらく入荷が途絶えてくると、今まで使っていたお客さんは「生シラス」の禁断症状に喉から手が出てくるほどに欲しがってくるものです。次回の入荷等は天気次第の所もあるでしょうが、しばらくは強めの相場推移が期待できるのではないでしょうか?
久しぶりといえば、今朝の「二宮」定置には昨年(7/9)に続いて巨大な「カグラザメ」が獲れました(しかも去年よりでかい)。約一年ぶりの登場。
この季節の定番と言えば、ウインブルドンツール・ド・フランス、そしてカグラザメ。
こちらも昨年同様、最後には見事切り身にされて販売されて行きました。
え゛?「サメ」の身?食べられるの?と思う人もいるかもしれませんが、「サメ」って意外に綺麗な身をしていて、淡泊な中にも食べると脂も程よく乗っており、結構おいしいのです。「アジ」や「タイ」などの硬骨魚類に比べ、軟骨魚類に属する「サメ」の仲間は、コラーゲンやコンドロイチンといった今話題の成分を多く含み、栄養的にも注目されています。
料理法としてはフライやムニエル、煮付けに焼き物など万能。鮮度が良い内なら臭みもなく、刺身や酢味噌和えで食べる地方もあるそうです。
もし見かけたらおひとつどうぞ。
posted by にゃー at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

やっぱり魚市場は難しい

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.2トン、アジ 100キロ
       イナダ 210キロ
「石橋」定置:サバ 280キロ、イナダ 80キロ
       アジ 90キロ
「 岩 」定置:イナダ 5.1トン、ヒラマサ 70キロ
       アジ 60キロ
「原辰」定置:イナダ 270キロ ほか
「江の安」定:イナダ 260キロ ほか
「二宮」定置:アジ 260キロ、サバ 530キロ
       イナダ 210キロ、イサキ 70キロ
「福浦」定置:イナダ 2.6トン、ワラサ 150キロ
       ヒラマサ 70キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:サバ 40キロ、トビウオ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:ワカシ 400キロ ほか

「霞が関」と「霞ヶ浦」、確かに似ている。
「小田原」と「大田原」も、確かに似ている。
「ゴマサバ」と「マサバ」、確かに似ている。
今日の魚市場にサイバーアタックは無かったものの、定置網には「サバ」アタックが、これは似ているようで似ていない。
20120628_sabamiso.jpg「イナダ」に飽きたお腹に、丁度「サバ」の旨味が恋しい季節。夏の時期は、秋に旬を迎える「マサバ」よりも「ゴマサバ」の方がおいしい季節。
そんな時こそ忘れちゃならない「サイバー」は「アノニマス」、そして「サバ」なら「味噌で煮ます」。これ本当。
posted by にゃー at 15:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ミズカマスの開き

20120611_mizukamasuhoshi.JPG

これがなんだかわかるか?って?

そりゃ判りますよ、「カマスの開き」ですよ、と。

でもただの「カマス」じゃあない。
早川”魚鉄”名物の「新ミズガマスの開き」である。

全長10センチ前後になる「ミズガマス(ヤマトカマス)」の生まれたばかりの所を、店主自ら丁寧に小田原開きした逸品。

一年を通してもこの時期にしか獲れない貴重な「カマスの稚魚」を贅沢に味わう事のできる至極のプレミアム付き干物であります。

定置網でも数キロしか獲れない魚ですし、時期的にもあと一ヶ月もすれば大きく成長しすぎてしまう魚。
作っている魚屋さんも滅多に口にすることができない干物として、季節の味覚の贈答用としても全国の人に喜ばれているそうです。

今の時期行ったとしても店頭に並んでいればラッキー、なければあきらめるしかない際物です。
どうぞ興味を持たれた方は、早川3丁目(板橋)の「魚鉄」へ今すぐマジンGO!
posted by にゃー at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

魚市場に分裂はあるのか

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イナダ 3.3トン、小イサキ 160キロ
       サバ 310キロ、カタクチイワシ 790キロ
       イサキ 50キロ
「石橋」定置:イナダ 160キロ、サバ 130キロ
       カタクチイワシ 210キロ
「 岩 」定置:イナダ 1.3トン、小イサキ 150キロ
       アジ 180キロ、イサキ 100キロ
       ヒラマサ 80キロ、アカカマス 70キロ
「原辰」定置:イサキ 80キロ、イナダ 70キロ
       アカカマス 50キロ、カタクチ 80キロ
「江の安」定:イサキ 60キロ、イナダ 40キロ
「二宮」定置:イサキ 440キロ、イナダ 120キロ
       サバ 750キロ、小イサキ 230キロ
       ワカシ 40キロ
「福浦」定置:ワラサ 450キロ、イナダ 120キロ
       ウルメイワシ 170キロ、サバ 120キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:トビウオ 100キロ、アオリイカ 50キロ
       イナダ 50キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 45キロ
「江ノ島網」:サバ 380キロ

これまでの「イサキ」主導の網模様から一転、今朝は「イナダ」派の造反による逆転が各定置網で見られ、青物復権を目指す動きが随所に見られました。
しかし主流派「イサキ」もまだまだ健在で、中でも200〜300gくらいの中堅が多数を占め、今後の安定勢力としての布石を打っているかのように思わせました。
休み明け以降も、先行き不透明な濁りの残る相模湾の水揚げは不安定要素が多く、今後の展開を左右する天候や気温などのファクターも相まって、全く予断を許さない状況が続くものと推察され、日々の水揚げをより細かくチェックする必要があるかと思います。
posted by にゃー at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

手をすり、足をする魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イサキ 1.7トン、イナダ 160キロ
       チダイ 110キロ、サバ 260キロ
       カタクチイワシ 250キロ
「石橋」定置:イサキ 320キロ、小イサキ 1.2トン
       チダイ 110キロ、イナダ 90キロ
       サバ 250キロ、メジマグロ 1本
「 岩 」定置:アジ 680キロ、イナダ 2.2トン
       小イサキ 1.2トン、イサキ 1.9トン
       サバ 130キロ、アカカマス 250キロ
「原辰」定置:イサキ 210キロ、小イサキ 560キロ
       イナダ 60キロ、カタクチ 50キロ
「江の安」定:イサキ 220キロ、小イサキ 400キロ
       イナダ 110キロ
「二宮」定置:イサキ 1.1トン、小イサキ 1.9トン
       サバ 280キロ
「福浦」定置:ワラサ 390キロ、イナダ 720キロ
       ツノナガチヒロエビ 40キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 190キロ ほか

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣メダイ 140キロ ほか

「シャラポワ」の全仏オープン優勝、「シューマッハ」のヨーロッパGP勝利と来て、小田原は「ショウイサキ」が大獲れ。正しくは「小イサキ」と書いて「コイサキ」と読みますが。
そして週明け、休み明けで期待を集めた「岩」定置では、ほどほどに「アジ」が獲れたものの大漁とはいかず、その大部分を「イサキ」と「イナダ」が占めるという形になりました。それでも今朝の小田原の中では、貴重な「アジ」の一番網として久しぶりの水揚げで存在感を示しました。
ということで「小イサキ」は今年一番の大漁を記録し、かまぼこ原料としても大量に手当され、加工屋さんへと回されました。今頃、きれいに頭を落とされて、スリスリされて、きめ細かくなっていることでしょう。機会があったらご賞味ください、かまぼこ特有の歯ごたえの中に、旬もの「イサキ」の持つほのかな甘みと繊細かつ上品な滋味を堪能することができるでしょう。
posted by にゃー at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする