魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2012年12月05日

魚市場寒ブリ宣言

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 700キロ、サバフグ 170キロ
       アカカマス 110キロ、マルソウダ 180キロ
       アオリイカ 100キロ、小サバ 140キロ
「石橋」定置:サバ 260キロ ほか
「 岩 」定置:ブリ 5本(50キロ)、イシダイ 50キロ
       マルソウダ 70キロ
「原辰」定置:カワハギ 20キロ、アオリイカ 20キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アカカマス 30キロ、サバフグ 20キロ
「福浦」定置:カワハギ 160キロ、イシダイ 20キロ
「大磯」定置:アジ、サバフグ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:マイワシ 60キロ、ウルメイワシ 40キロ
       アカカマス 100キロ、サバフグ 70キロ
「川奈杉本」:メジナ 520キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 750キロ

20121205_doredore.jpg今日の話題の中心は、なんたって「ブリ」でしょう。
真鶴の「岩」定置で5本獲れ、同時に「ワラサ」も数本獲れておりました。
それも7キロあるかないかの「ギリギリ・ブリ」じゃなく、堂々10キロ台の誰がなんと言おうと正真正銘の「ブリ」でした。
形、肉付きも大変よろしく、みんな揃って「コイツが良い」やら「こっちの方が付きがイイ」などと駆け引きを交えながらも言いたいことを言っており、そのほとんどが捕らぬ狸の皮算用という現実がありながらも、皆でワイワイ言いながら「ブリ」の入網祝着と本格的な師走の入りを感じ入っていたと思われます。
皆の注目する中、セリは行われ、付いた価格は氷見の初物には遠く及ばないものの、 百貨店高級福袋級の価格が付きました。ちなみに10万以上は超高級福袋、100万以上は最高級福袋という位置づけになっておりますので、あしからず。
20121205_iwaburi.jpgそして見事買い付けに成功し、誇らしげに獲物を担ぎ上げる雄々しき姿と、その隣でうなだれながら羨望の眼差しで見つめるセリに敗れた若輩者の姿がそこにはあった。

今日のヒラメ・・・ 27枚
posted by にゃー at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする