魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2012年12月07日

今朝もおなじみの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 230キロ、サバフグ 70キロ
       マルソウダ 200キロ、アカカマス 100キロ
「石橋」定置:サバ 80キロ、マルアジ 70キロ
       イシダイ 20キロ、アカカマス 40キロ
「 岩 」定置:サバ 200キロ、イナダ 160キロ
       小サバ 370キロ
「原辰」定置:ショウゴ 40キロ、サバ 20キロ
「江の安」定:サバ 40キロ、マルアジ 40キロ
「二宮」定置:カワハギ 70キロ、サバフグ 20キロ
「福浦」定置:メジマグロ 40キロ、カワハギ 40キロ
       サバ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 150キロ、サバフグ 70キロ
       アカカマス 70キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ

20121207_yougo.jpg出たー、「原辰」ブランド確立か?畜養「ショウゴ」ついに上場。
まるで激しい選挙戦を戦い抜いた候補者のように眉毛が引き締まった精悍な顔つき。まさしく「カンパチ」の顔。
あれ、陽に焼けた?おや、スレてる?なんか、スリム化した?そりゃあ激しい選挙戦でしたから、うにゃうにゃうにゃ・・・。
20121207_hara3dai.jpgともかく魚が少なくなるこの時期、安定した地魚の供給と相場維持を目指し、コツコツ世話をした甲斐がありました。なんだかんだで魚が少なくなれば、需要と供給のバランスは崩れるもの、それを人為的に補正するのは限界はあるが、やる価値のあることとして試行錯誤を繰り返すことは大切だと考えます。親子三代、受け継がれる尊魚敬海の精神、見習わなければなりません。

今日のヒラメ・・・ 50枚
posted by にゃー at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする