魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2012年12月08日

ブリブリ魚市場の秘宝

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 580キロ、マルアジ 130キロ
       アカカマス 110キロ、オアカ 80キロ
       サバフグ 70キロ、マルソウダ 70キロ
       メアジ 50キロ
「石橋」定置:イシダイ 30キロ、アカカマス 50キロ
「 岩 」定置:オアカ 150キロ、サバ 110キロ
       イナダ 90キロ、カワハギ 50キロ
「原辰」定置:ショウゴ 60キロ、カワハギ 30キロ
「江の安」定:オアカ 60キロ、カワハギ 25キロ
「二宮」定置:カワハギ 40キロ、マルアジ 40キロ
「福浦」定置:アカカマス 60キロ、カワハギ 40キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 960キロ(100本)
「川奈杉本」:メジナ 200キロ、ヒラスズキ 50キロ
「川奈釣船」:釣ムツ、釣キンメダイ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 180キロ、小サバ 320キロ

小田原  (釣)ナガスミヤキ  90キロ

時は12月、季節は冬。北陸で「ブリ」シーズン真っ盛りを迎えている今、いよいよ相模湾にも本格的に「ブリ」がやってまいりました。
20121208_manaburin.jpgと言っても、まるまる太った「ブリ」の大群が入網したのは隣町の真鶴半島にある「真鶴定置」でした。
今上陛下の真鶴行幸から早一年半が過ぎて、ついに真鶴自慢の「魚付き保安林」が実力を発揮したというところでしょうか。
12月の「ブリ」ともなれば、本来なら新聞メディアも注目すべき大ニュースでしょうが、今朝の魚市場にはメディアのメの字も無いまま。それでもまさに嵐を呼ぶ「ブリ」の大旋風で、今朝の魚市場は久々に活気あるものになりました。

今日のヒラメ・・・ 123枚
posted by にゃー at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする