魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2012年12月25日

チルチル・チルドの魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ウルメイワシ 210キロ、小サバ 570キロ
       カタクチイワシ 70キロ、サバ 80キロ
       アオリイカ 30キロ
「石橋」定置:サバ 60キロ、小サバ 150キロ
「 岩 」定置:サバ 180キロ、アカカマス 40キロ
「原辰」定置:アオリイカ 20キロ、ショウゴ 30キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サバ 30キロ ほか
「大磯」定置:アジ 若干 ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 240キロ ほか
「宇佐美釣」:釣ムツ、釣メダイ ほか
「富戸釣船」:釣ヤリイカ 25キロ ほか
「川奈釣船」:釣キンメダイ 30キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 70キロ ほか

ネタもないけど、魚もない。今年も残すところあと5日。
それにしても厳しい寒波。寒いこともあって、氷水の魚をそのまま一晩置いておいても、まるで冷蔵庫にあるみたい。天然の冷蔵庫。って、まるで冷蔵庫内で仕事をしているようだ。気分はヴァーチャル、キッザニアでの冷蔵庫業務。
ここまで押し迫ってくると、欲しい魚が無くなった時になって無い物ねだりの子守歌になってもしようがないので、魚がある内にとにかく買いの青田買いスペシャル発動で。
注文があるなら年内はある魚を買い続け、年明けからは日本株の買いで勝負するが吉、これ鉄板。
注意:これは買い煽りではありません。

今日のヒラメ・・・ 71枚
posted by にゃー at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活ダイナンアナゴ

20121225_dainan.jpg

刺し網などでかかる大アナゴ。通称”アナコンダ”。
「クロアナゴ」などと混同してしまうが、学術的には別と言うことで、正式名称を「ダイナンアナゴ」と言うそうだ。デカイものは1メートルを軽く超える。

漢字は「大難」と書く・・・と思う。
このちょっとポカンとした顔は何とも憎めないが、確かにコイツが獲れたら災難だ。

そして、NTVのお昼の番組「ヒルナンデス!」といえば、”レシピの女王”に対し、この大アナゴは「ダイナン」です。と来れば、レシピが見当たらない。
しかし、レシピが無くとも人間お腹が空けば何某かの想像力と知恵を使うもので、「アナゴ」は「アナゴ」ということで、もちろん食べることができるのです。
ただし、好きな人は好きだが、嫌いな人はまるで駄目という買う人を選ぶ魚。

蒲焼きや煮付け、天ぷらなどにするとブリンブリンして”美味”。・・・らしい。

食べる人も選ぶ魚と言えそうだ。
posted by にゃー at 12:39| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする