魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2013年01月11日

魚市場狂喜旬魚集合罪

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 12トン、サバ 60キロ
       タチウオ 200キロ、イシダイ 90キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アオリイカ 110キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:アオリイカ、カタクチイワシ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ 550キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「富戸釣船」:釣スルメイカ 400キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 75キロ

小田原  (素潜)アワビ   120キロ
     (刺網)アンコウ  130キロ

とかく不景気な話ばかりの中にあって、魚市場を見渡すと嬉しいこともある。
今年は釣りの「キンメダイ」が好調で、型も平均大きく、また供給量に比例して価格も安く推移している。大きくなればすなわち脂乗りも良くなり、肉厚で当然美味い。キンメ好きの小田原人にとってこれほどの喜びがあろうか。
そして、さらに今年は刺し網にかかる「アンコウ」の出が早く、こちらもまた型が大きい。ここ数年、少し減り気味だったので、甘党ならぬアンコ好きにとっては聞き逃せないニュース。思わぬ出現に相場も油断気味、今がチャンスと買いまくる、そして食べまくるのが吉。今年の鍋は「キンメのしゃぶしゃぶ」と「小田原アンコウ」のダブルヘッダーで決まり。
さらには相模湾から伊豆半島一体に今、「スルメイカ」が大量接岸中。今日も伊東で30トンとか。小田原の素潜り漁師が毎日獲ってくる肉厚「アワビ」、そして「ヒラメ」と合わせて、贅沢に”海鮮魚介天ぷら盛り”と参りましょう。キャホッ♪

今日のヒラメ・・・ 170枚
posted by にゃー at 18:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする