魚体中骨抜き器販売中 おだわらおさかなチャンネル

2013年01月16日

静かな魚市場の盛りの陰

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ 100キロ ほか
「石橋」定置:アオリイカ、ウルメイワシ ほか
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:スルメイカ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:タチウオ 160キロ ほか
「大磯」定置:ボラ 70キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 280キロ、サバ 40キロ

今日は定置網に「スルメイカ」。と言っても各地の定置を合わせてやっとこ数百キロですから、深海に棲む「ダイオウイカ」1パイ分というところか。お世辞にも多いとは言えない水曜日。
「スルメイカ」と言うと食べ方もいろいろあるけど、寒いこの時期ならダイコンやサトイモと煮てみたりするのがオススメ。温かい煮汁と出汁の良く染み込んだ野菜の旨味がもう超絶美味。
それでも結局人気No.1は、鮮度が良い「スルメ」の刺身になるでしょうか。独特の歯ごたえと噛めば噛むほど出てくる味わいは、多くの人を魅了します。多めに作って残ったとしても、和えたり炒めたり煮付けたりと万能で使える食材として、無駄がありません。
まさしく日本人が愛して止まない「イカ」こそ「愛のコリコリだ」。

今日のヒラメ・・・ 38枚
posted by にゃー at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする