2013年02月14日

魚市場に届いた延べ板

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 50キロ、スズキ 30キロ
「石橋」定置:サバ 160キロ、スルメイカ 150キロ
       カタクチイワシ 130キロ
「 岩 」定置:サバ 70キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:ヒラメ、サバ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ、スズキ ほか
「二宮」定置:スズキ 50キロ、ヒラメ 50キロ
       サバ 50キロ
「福浦」定置:アオリイカ、スズキ ほか
「大磯」定置:サバ 230キロ、小サバ 100キロ

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 50キロ
「川奈杉本」:スルメイカ、アンコウ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:ニベ 160キロ ほか

小田原  (刺網)アンコウ  160キロ

「ヒラメ」という名の延べ板は、今朝も堂々400枚以上が魚市場に届けられ、鑑定の結果、24Kこそ無かったものの、4.1K〜0.8Kまで様々の規格が勢揃い。豊かな相模湾から届いた尊い海の恵みは、感謝の念と共に丁重に売らせて頂いた。誰だ?低調に、などと言う奴は。
ともかく、獲れてる魚は海からの恵み。有効利用しなくちゃ損。ということで、今日も明日も明後日も、多くの人に満足を届けることができるでしょう。

今日のヒラメ・・・ 413枚
posted by にゃー at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

タラタラしている魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 80キロ ほか
「石橋」定置:カタクチイワシ 120キロ、サバ 50キロ
「 岩 」定置:アカカマス 40キロ、スルメイカ 30キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 70キロ

雪予報の雨模様。
休漁多く、水曜日。
お客もポツポツ、閑古鳥。
タランティーノが明日「いいとも」は、周知の事実。
「タラ」といえば鍋が美味い。湯豆腐に入れても良いし、チゲ鍋に入れても辛さを引き立て、脇役として大活躍。
小田原周辺で獲れる「タラ」といえば「ドンコ」と呼ばれる「エゾイソアイナメ」や「チゴタラ」くらいなもの。大磯では「オバヤシ」なんて呼ぶ人がいますね。
定置網にはなかなか入らないし、刺し網にも滅多に掛からない。単価も安く、小さい魚が多いので、専門に狙う釣り師も皆無。「クロシビカマス(スミヤキ)」や「底モノ」の外道として釣れるのを待つしかないのだ。

今日のヒラメ・・・ 189枚
posted by にゃー at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レプトセファルス

20130213_nothing.jpg
でけ〜。なんじゃこら〜。
なんじゃ、この看板。
「米神定置」・・・。

ちゃうちゃう

20130213_leptce.jpg
これでんがな。これ。
柳葉でんがな。

「柳葉魚」と書いて「シシャモ」でんがな。

ちゃうちゃう

これは「シシャモ」ちゃうがな。


20130213_rideition.jpg

この「エアバス・ベルーガ」のようなスタイル。この太さ、そして細さ。北海道の片田舎で、卒業間近のJCを思わせるような透き通った透明感。
ウナギやアナゴの仲間の幼生(葉形仔魚)として知られる「レプトセファルス(レプトケファルス)」である。

一般的に「アナゴ」の「レプトケファルス(幼生)」は、「ノレソレ」と呼ばれ、寿司ネタ等に利用されますが、これは一体何の幼生ですかねえ?大きくならなきゃわからないのではないだろうか?
全長が約200mmと通常のアナゴの幼生よりも大きいことから、ここから成長すると数メートル級の「ダイナンアナゴ」や「クロアナゴ」になるのでしょうか?これ一匹だけでも十分寿司ネタになるよなあ。美味いかどうかは別として。

かつて大西洋沖で2メートル近くもある「レプトケファルス」が発見されたことがあるそうだが、それはどうやらソコギスの仲間であることがわかったらしく、しかも成魚になってもそれほど大きさも変わらないのだという。ヒトよりも大きな透明な魚が泳いでいたら、そりゃあビックリするわなあ。

まだまだ海の中には知られていない事実が眠っているのだ。

木藤氏の貴重な発見にきっと喜ぶ人もいるはず、さらに季冬の魚が帰島してくれることを祈祷するネタでした。
posted by にゃー at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルマダイ

2013_kurumadai.jpg
かあいい〜。
この魚が獲れると、そんな声があちこちから聞える。

その割に名前を知られていないかわいそうなヤツ。

わたくし生まれも育ちも、相模湾です。
小田原魚市場で産湯をつかい、姓は車。名は鯛を表す。

人呼んで「クルマダイ」と発します。


よく似た魚に「チカメキントキ(左)」や「キントキダイ(右)」。
201302_tikame.jpg201302_kintoki.jpg


大きな目と白い横縞が特徴。胸びれは「チカメキントキ」ほど広がらず、大きくはならない。
「キントキダイ」の仲間はみな食べても美味しいので、おそらく「クルマダイ」もご多分に漏れず美味しいはず。

見た目にまん丸でコロリした見た目から「クルマ」と名付けられたのだろうか。

近年、若者の車離れが言われて久しいが、こんなに個性的でユニークなクルマなら、いつの時代も支持されることは間違いないだろう。
posted by にゃー at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マハタモドキとマハタ

20130213_hatahata.jpg
どっちがどっち?
って、同じ魚じゃないの?
そう思っていた時期が私にもありました。


正解は上が「マハタ」で、下が「マハタモドキ」です。

どちらも日本近海に生息する「ハタ」の仲間ですが、「マハタモドキ」は比較的南方系とも言われます。だいたい房総半島以南には普通にいると考えられています。

20130213_modoki.jpg見分けとしては、まず模様が「マハタ」の特徴である横縞がハッキリしていることと、尾鰭端が白くないことが「マハタモドキ」の特徴(写真左)で、右の写真をご覧のように「マハタ」の尾鰭は端に白い模様があります。20130213_mahata.jpg
また横縞の後ろから2番目が不明瞭になっていることも特徴とされます。若干「モドキ」の方がずんぐりしているかもしれませんが、気のせいかのしれません。

味は同じだろう。大きさも同じくらいまでなるだろう。分布もほぼ同じ感じ。
で、何が違うのか?

分かりません。

※「もどき(擬、抵牾、牴牾)」とは、批判や非難などを意味する動詞「もどく」の名詞形。名詞の下につけて、それに似て非なる物や匹敵する物を指す。特に精進料理のもどき料理(がんもどきなど)や生物の和名(ウメモドキ、サソリモドキなど)でよく使われる。

そういうことか。

20130222_mahatam.jpgちなみに左写真は3キロを超えたサイズ。このくらいになると、特徴の縞模様は消え、茶褐色一色になる。
posted by にゃー at 19:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

対ヒラメ哨戒魚市場スタート

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 100キロ、スズキ 70キロ
       サバ 100キロ、ヒラメ 40キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 110キロ、スズキ 30キロ
       ヒラメ 30キロ
「 岩 」定置:アカカマス 60キロ、ヒラメ 30キロ
       メイタカレイ 40キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 80キロ、ヒラメ 40キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 40キロ ほか
「二宮」定置:サバ 40キロ、スズキ 40キロ
       ヒラメ 30キロ
「福浦」定置:スズキ 20キロ ほか
「大磯」定置:カタクチイワシ、イボダイ ほか

 伊豆方面からは、
「沼津釣船」:釣タチウオ 40キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 25キロ

2013hirameboom.jpg連休明けでこの水揚げ。少ないですね、どうしちゃったんでしょうか相模湾。
「カタクチイワシ」でさえも数百キロ。これでは休み明けも週中も関係有りません。かたや「ヒラメ」は500枚強と相変わらずのいいペース。
今が旬のまさに「寒ビラメ」を駄目押しといわんばかりの連続フィーバー。まだまだ飽きないこの味、この食べ応え。まだまだ止まらぬ、商いの勢い。

今日のヒラメ・・・ 545枚
posted by にゃー at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする