2013年02月04日

魚市場のナポレオン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 830キロ、ウルメ 130キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 600キロ ほか
「 岩 」定置:カタクチイワシ 320キロ ほか
「原辰」定置:ショウゴ、ヒラメ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:ブリ 1本、カタクチイワシ 270キロ
       スズキ 110キロ、ヒラメ 50キロ
       サバ 60キロ、アカカマス 40キロ
「福浦」定置:ブリ 1本、カワハギ ほか
「大磯」定置:アカカマス 110キロ、アジ 35キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 80キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 120キロ

小田原  (刺網)キアンコウ  390キロ

下町のナポレオンは「いいちこ」。魚市場のナポレオンは「いいヒコ(イワシ)」。
ということで、ここのところ良型の「ヒコイワシ」こと「カタクチイワシ」が多い毎日の定置網。
それを追ってきたか「ヒラメ」も多い。さらにそれに追随して「ホウボウ」や「アンコウ」、「イシダイ」なども徐々に増えてきた。立春を迎えていよいよ春の足音が聞え始めた相模湾。魚もこれから春モードにチェンジ。
まだまだ朝は寒いけど、魚市場は毎朝、魚に溢れて熱く燃えたぎっております。刺身に煮物に焼き物、鍋物と献立に合わせて使える魚がそれぞれ獲れていますから、魚屋さんへ行って迷ったら、まずは相談。食べたいものと予算とを言えば、適当に見繕ってくれるはず。
街の魚屋さんを上手く利用して、美味い食卓を演出し、巧いやりくりをいたしましょう。

今日のヒラメ・・・ 523枚
posted by にゃー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする