魚体中骨抜き器販売中

2013年03月09日

自信から確信に変わる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 90キロ、サバ 50キロ
「石橋」定置:スルメイカ、カタクチイワシ ほか
「 岩 」定置:アジ 300キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:カタクチイワシ、マンボウ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スルメイカ、マンボウ ほか
「大磯」定置:アジ 若干

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 40キロ、スルメイカ 50キロ
「川奈杉本」:クロダイ、アジ ほか

20130309_maaag.jpg来ている。間違いなく、来ている。あとは機が熟すのを待つだだけというのが分かっているかのように、そのモノは確実に我々の前へと近づきつつある。
遙か離島にいたうちは、まだその存在すら実感することはなかったが、沖合から沿岸へとその姿を目にする機会が増えるにつれ、その現実は徐々に認識という心の浸食を開始してきている。自分には関係ないと思っていた事柄も、品物を前にしたとき、内的な気持ちの揺らぎを否定する自信を失いかけさせる、その麻酔的官能。
文字通り海兵隊に通ずる機動性を兼ね備えた運動能力と攻撃力は、旬の時期を前にして最大になるのだ。その官能的魅力。
小田原の海を自在に飛び回るその姿を夢想したとき、我々の胸に去来する不安を今はまだぬぐい去ることは出来ないが、今後、その群れが我々の前に現れたとき、果たして正面切ってNO!と言い切れるのかどうか。沖縄県民の不安と恐怖、そして屈辱に無関心でいることは実に恥ずかしいことなのだ。
とはいえ、今朝も獲れた「小田原アジ」は「オスプレイ」の本州上陸を前に、小田原上陸。来週からいよいよ本格的な水揚げ訓練を経て、本格的「アジ」シーズンの実戦へと突入する。

今日のヒラメ・・・ 213枚
posted by にゃー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

魚市場でお出迎え

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スルメイカ、ホタルイカ ほか
「石橋」定置:スルメイカ、ホタルイカ ほか
「 岩 」定置:アジ 370キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ウルメイワシ ほか
「二宮」定置:イシダイ 130キロ
「福浦」定置:マンボウ、スズキ ほか
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「宇佐美船」:釣メダイ、釣キンメダイ ほか
「伊東刺網」:アカカマス 130キロ

昨日から強風が吹いたせいもあり、漁らしい漁が出来ない状況。沖も時化で「カツオ」釣りも一休み。相変わらずの寂しい定置で終了かと思いきや、今朝はなんと「岩」定置に「マアジ」が入網。久しぶりの数百キロ単位の「小田原アジ」漁獲に沸く魚市場。サイズも手頃な100gチョイ上で、週末と時化が絡んで相場も強め。
元来、3月ともなれば小田原は「アジ」が獲れるシーズンである。それがここのところ獲れなかった中にあって、なぜに今日突然獲れたのか?
今までは表層のみの水温上昇で、回遊魚の回遊がまだまだ限定的だったのに対し、ようやく海の中が暖かくなってきたというのか?むしろ時期的に回遊してきている「アジ」の群れが、たまたま真鶴の沖へと入って来たというのか?
とりあえず今回は、その両方が理由と言うべきであろう。今後も継続的にこの「アジ」が獲れるかどうかについては、明日以降の周辺定置を含めた漁獲動向を注視し、「アジ」の増減に注目しなければならない。
それにしても、決して驚くべきでない3月の「アジ」出現に驚いていること自体に驚く我々であった。

今日のヒラメ・・・ 219枚
posted by にゃー at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

魚市場びんびん物語

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ、ヒラマサ ほか
「石橋」定置:メイタガレイ、マンボウ ほか
「 岩 」定置:サバ 90キロ、アジ 30キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:ヒラメ、ヤリイカ ほか
「二宮」定置:マイワシ、ボラ ほか
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:ヒラメ、アジ ほか

 伊豆方面からは、
「伊東刺網」:アカカマス 160キロ
「川奈杉本」:ボラ 350キロ、クロダイ 80キロ

和歌山  (釣)カツオ  340キロ
      (釣)ビンナガ   140キロ

よってらっしゃい、見てらっしゃい。今朝も新鮮、朝獲れ鮮魚が・・・ほどほどだよ〜〜。
いつまでこんな日が続くのでしょうか?毎日こんな事を言ってる様な気もしますが、年中続くわけじゃなし、気楽にのんびり待ってましょう・・・。と言った所で皆さん真剣に困ってます。目の前には大きな海、魚がいることは分かっていても、どうして獲れないその宝。天網恢々、粗にして漏らさず。
あしたも元気に顔を合わせて、みんなで一匹でも多くの魚を迎えましょう。

今日のヒラメ・・・ 281枚
posted by にゃー at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

死にたいくらい憧れた魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホタルイカ、イシダイ ほか
「石橋」定置:ホタルイカ ほか
「 岩 」定置:サバ 150キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スズキ、マンボウ ほか
「大磯」定置:アジ、スズキ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 330キロ ほか
「伊東刺網」:アカカマス 80キロ、アンコウ 25キロ

和歌山  (釣)カツオ   490キロ
     (釣)ビンナガ 90キロ

和歌山の「カツオ船」入船。伊豆諸島沖合で釣られた新鮮な「カツオ」がそのまま水揚げで、セリに掛かる。
重厚な紅色も鮮やかに、強めの薬味を確り効かしてモグパク。・・・ク〜〜〜〜ッ。
新鮮な「ビンナガ(ビンチョウ)」なんてのも久しぶりに見た気がします。もっちりとして清潔感のある身は、値段の割に奥が深そう。釣りたてをそのままの水揚げならではのメタリカルな輝きは、ちょっとそこらでは見られません。
これから春になり、日に日に脂の乗りが良化する季節。黒潮に乗った「カツオ」が続々と釣れて来ることでしょう。
そして明日もまた、新たな船が入る。

今日のヒラメ・・・ 134枚
posted by にゃー at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

毎朝やってる魚市場の朝会

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スズキ、メイタカレイ ほか
「石橋」定置:ホタルイカ 60キロ ほか
「 岩 」定置:サバ 250キロ ほか
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:イシダイ、スズキ ほか
「二宮」定置:イシダイ 100キロ、ボラ 90キロ
       ヒラメ 60キロ、スズキ 60キロ
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:アジ、クロダイ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 300キロ ほか
「伊東刺網」:アカカマス 60キロ
「宇佐美釣」:釣アコウダイ、釣キンメダイ ほか

季節になると現れる旬の魚と新たな出会い。
春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもあります。
今朝は「石橋」定置に新鮮なピッチピチ「ホタルイカ」が久々まとまりました。まとまったと言っても数十キロですから、言うにも恥ずかしい量ですが、毎年2月末頃から獲れ出す相模湾の深海からの贈り物。茹でて食べる定番も良いけど、手を加えて沖漬けや干物にしたりするのも乙なもの。獲れてる今しか味わえないキワモノの魅力を是が非でも。多い時は数百キロで獲れるけど、今年はどうでしょう?
そして、思ったよりも別れの時期は早いもの。その時、流れてくるのは「蛍の光」か「わかれうた」か。

今日のヒラメ・・・ 241枚
posted by にゃー at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

魚市場ッツゴーイングオン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:イシダイ 60キロ、カタクチ 40キロ
「石橋」定置:サバ、スズキ ほか
「 岩 」定置:アカカマス、ホウボウ ほか
「原辰」定置:マンボウ、ヒラメ ほか
「江の安」定:クロダイ、スズキ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:イシダイ 40キロ、サバ 30キロ
「大磯」定置:マルアジ 80キロ、アカカマス 30キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:スルメイカ 160キロ、サバ 160キロ
「伊東刺網」:アカカマス 120キロ
「川奈杉本」:クロダイ 70キロ ほか

小田原   (素潜)アワビ 100キロ

20130304_starcar.jpg♪どうしたんだい?と来て「あいつは病気でもう死んだ。」なら団塊の世代。
♪どうしたんだい?と来て「ヘヘイべイビー。バッテリはビンビンだぜ〜」とは四十代。
♪どうしたんだい?と来て「俺の筋肉、おい!やるのかい?やらないのかいどっちなんだい!」は三十代。
20130304_hirame.jpg♪どうしたんだい?と来て「先輩〜?レロレロレロ。」なら二十代。
♪どうしたんだい?と来て「小田原の海はどうしちまったんだい!?」と来るなら小田原の漁業はもう重体。
水曜からくるぽかぽか陽気に期待する私の頭は、もう既にポカポカ。

今日のヒラメ・・・ 260枚
posted by にゃー at 14:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする