魚体中骨抜き器販売中

2013年03月19日

魚市場も続々とLED化

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ホタルイカ 450キロ ほか
「石橋」定置:ホタルイカ 520キロ ほか
「 岩 」定置:アジ 100キロ、イシダイ 70キロ
「原辰」定置:ヒラメ、ホタルイカ ほか
「江の安」定:ホタルイカ 70キロ、イシダイ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:休漁
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サワラ 90キロ、アジ 80キロ
       スルメイカ 60キロ
「熱海丸網」:アジ 50キロ、アカカマス 110キロ

小田原  (素潜)ワカメ  140キロ

立派な「サワラ」がチラホラと見えてます。今朝は「真鶴」定置でまとまったようで、どれも太りよく、いいサイズが並んでいました。他はどこも「ホタルイカ」が多く、選別に手間取っていたようでしたが、今だけ味わえる貴重な味覚、旬の魚として丁寧に「ハダカイワシ」を取り除いておりました。
一夜干しか沖漬けか、リスクを承知で刺身にチャレンジ、余ったところをボイルして、と。水揚げ時にはキラキラと光る「ホタルイカ」、小田原市民の頭の中は新たなメニューとの出会いにキラキラ光りまくりです。

今日のヒラメ・・・ 332枚
posted by にゃー at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする