魚体中骨抜き器販売中

2013年03月21日

夜更かし魚市場に桜進撃

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:スズキ、マンボウ ほか
「石橋」定置:アジ 130キロ、マンボウ 40キロ
「 岩 」定置:アジ 300キロ、イシダイ 720キロ
「原辰」定置:アジ、ヒラメ ほか
「江の安」定:イシダイ 40キロ ほか
「二宮」定置:ヒラメ 130キロ、イシダイ 90キロ
「福浦」定置:スズキ 80キロ、アジ 30キロ
「大磯」定置:アジ 350キロ、アカカマス 60キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 160キロ
「熱海丸網」:アカカマス 370キロ ほか
「網代定置」:ブリ 1トン(121本)
「川奈杉本」:メジナ 80キロ、クロダイ 60キロ
       ボラ 280キロ

小田原  (素潜)ワカメ  320キロ

夜になっても暖かいこの頃、ポカポカ陽気に誘われてうっかり裸で街に出るなんてことが良くあるかと思いますが、この時期になると港の周りにもいろいろなモノが出てきます。まずは休みになると岸壁に集まるのが釣り人たち。この人たちは釣れても、釣れなくてもどこか楽しそうで憎めません。そして同じく、岸壁をせせこましく歩き回るのが「フナムシ」たち。チョロリと出てきて、サッと逃げ隠れるところなぞ、どこかの昆虫に行動がそっくりですが、どこか憎めないダンゴムシ界の走り屋。そして薄暗くなるとどこからともなく現れて頭上をフラフラと彷徨い飛び回る「コウモリ」。此奴らが現れると「本格的な春になったな」と改めて感じます。
余りに急な春到来で、休みに花見の予定も立たないまま週末を迎えることとなり、未だ不安定な水揚げを見守りながら不安な心を抱きつつ、明日も力一杯バキュバキュする予定だけはすでに立っているとか、いないとか。

今日のヒラメ・・・ 723枚
posted by にゃー at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする