魚体中骨抜き器販売中

2013年03月25日

魚市場も口パク禁止へ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 1.2トン、マンボウ 45キロ
「石橋」定置:アジ 1.2トン ほか
「 岩 」定置:アジ 800キロ ほか
「原辰」定置:アジ 70キロ、ヒラメ 15キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 180キロ、ヒラメ 110キロ
       ボラ 100キロ、小サバ 120キロ
       イシダイ 70キロ
「福浦」定置:スズキ、ヒラメ ほか
「大磯」定置:アジ 480キロ、マルアジ 140キロ

 東方面からは、
「二宮地引」:生シラス 15キロ

「ヒラメ」は多いし、「イシダイ」も多い、「アンコウまつり」もあってか「アンコウ」もここに来てまた増えて、他にも「クロダイ」やら「ホウボウ」、「ウマヅラハギ」などなど。活魚売り場は毎日大賑わい。
ココまではよいのだが、なにしろ活魚の命綱である海水を供給するポンプの能力が低下していることもあって、毎日魚はアップアップ状態。これじゃあ満員電車で窓が開かないようなもの、せっかくの活きの良さもこれじゃ台無し、上へ下へのアップダウンクイズ。
直ちにポンプ能力を是正し、活魚の許容能力を増強し、受け入れ体制の拡大と万全化に努力したいですね。ノー・モア・口パク。
ついでに口をぱくぱくしながら、壇蜜のような目でセリ人を見つめるのも禁止ね。
あ、今朝は初物「生シラス」来たよ。こちらも今後に期待。

今日のヒラメ・・・ 552枚
posted by にゃー at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする