魚体中骨抜き器販売中

2013年03月26日

哀しみ尽きてアジ来たる魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ブリ・ワラサ 5.9トン(820本)
       アジ 110キロ、カタクチイワシ 420キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:イシダイ 780キロ、メジナ 150キロ
       ブリ 130キロ(18本)、ボラ 130キロ
       クロダイ 60キロ、アオリイカ 40キロ
「原辰」定置:アジ 70キロ、カタクチイワシ 50キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 2.8トン、アジ 90キロ
「二宮」定置:ブリ 130キロ(19本)、アジ 60キロ
「福浦」定置:ブリ 1本、スズキ ほか
「大磯」定置:アジ 820キロ、アカカマス 130キロ
       ブリ 110キロ(14本)、小サバ 560キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 60キロ ほか
「川奈杉本」:ボラ 680キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 720キロ ほか

「ブリ」だ。「ワラサ」だ。ご満悦だ。
「米神」定置、一気に800本の「ブリ(ワラサ)」水揚げ。大漁旗にあとわずか足りませんでしたが、ようやくの今期一発目の大きな花火を打ち上げ、先日の「アジ」と併せて上々の春シーズンを迎えることに相成りました。
まだまだ相模湾に「ブリ」の群れはいるとの予想が出ており、休み明けも大獲れが期待できるでしょうし、一気に「アジ」とのトントン・ダブルもあるのではと、期待は弥が上にも高まる気配となっております。
「アジ」は相模湾沿岸で早くも好調を迎えており、今年の春は思いっきり「アジまつり」が開催できそうで、今からこちらも楽しみになって参りました。

今日のヒラメ・・・ 271枚
posted by にゃー at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする