魚体中骨抜き器販売中

2013年04月30日

魚市場は朝から喧嘩ばかり

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 150キロ、スルメイカ 380キロ
       サバ 250キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 180キロ ほか
「 岩 」定置:ブリ 3トン(535本)、アジ 110キロ
       アオリイカ 70キロ、スルメイカ 50キロ
「原辰」定置:ブリ 3.8トン(580本) ほか
「江の安」定:小イサキ 70キロ、アジ 40キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ブリ 210キロ、アオリイカ 100キロ
       イシダイ 180キロ、メジナ 100キロ
       スズキ 40キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラマサ 360キロ(59本)

 東方面からは、
「横須賀網」:マコカレイ 50キロ
「片瀬沖曳」:生シラス 110キロ
「江ノ島網」:カタクチイワシ 330キロ

連休明けにして、連休の狭間。晦日にして、月初の前日。「アジ」少なにして、「ブリ」過剰。
こうなると必然的にセリは喧噪の賑わい。そう、春は祭りの季節にして、魚市場は朝からドンチャン騒ぎ。
5月は3日、4日と営業日になっており、中でも4日は東京(築地)が休業であるにもかかわらず、営業いたしますので、新鮮な鮮魚を仕入れるに貴重な一日となることは間違いありません。その後の5、6日は休市となりますので、その分をそこで仕入れて頂くと言うことになるかと思います。
天気さえ良ければ、全定置網、全力で操業予定ですので、どの日に来ても外れ無し。逆に言えば、毎日が大当たり。言い換えれば、いつ来ても同じ。ま、好きな日に来てや。頼みます。

今日のヒラメ・・・ 102枚
posted by にゃー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

【毒】ヒョウモンダコ【危】

キツネ目の男が魚市場に何の用かと思ったら、「どくいりきけん たべたらしぬで」の文字。
まさか、オクトバシーの陰謀かと勘ぐりながらも話を聞けば、珍魚が獲れたとかナントカカントカ・・・。
そうこう言いながら、何やらカメラを構えだしたので、ほうほう、これのことやな?とおもむろに出したるタコこそ、「珍タコ」中の「珍タコ」。略して「珍タ」。
20130427_poison.jpg
これがその「ヒョウモンダコ」。


昨日、福浦の素潜り漁師さんが獲ってきた。
大きさは手のひらに軽く乗るくらいに小さいが、その秘めたるパワーは「かいじん21面相」もびっくりなほど。そのパワーとは、噛まれるとその唾液に含まれるテトロドトキシンで、一発で死ぬか、良くても全身麻痺してしまうという超猛毒の持ち主というから、うっかり手を出すのは危険である。

生息域は南日本海域といわれ、九州〜紀伊半島くらいまでと普通言われてきたが、近年の温暖化の影響が徐々にその生息域を北へ移しつつある生物の一つである。
近年、小田原の隣町である真鶴でも獲れたという話を聞いていたが、やはりその隣の湯河原の海で獲れたとなると、もはや相模湾にもこのタコが定着しつつあることの証明となろう。普通に磯や岸壁にいる種なので、海岸で水遊びをしていたり、潜ったりしていてうかつに手を出すと危ない目に遭うことになってしまうかもしれない。

20130427_hyomon.jpg刺激を与えると目まぐるしく色を変え、警戒を促す為に特徴である豹紋と青紫の文様をあらわにする。
面白いのでツンツンしていたら、いい加減に気分を害し、拗ねてしまった。意外に可愛いところもあるようだ。
たこ焼きにしたら一口だとか、「イイダコ」と一緒に煮てしまえなどと外野は言っていたが、法務大臣じゃないんだから、命をそう易々と粗末にすることはできないし、しばらく水槽に入れて観察してみることとしよう。
水中を自在に泳いだり、海底を這ったりする動きは面白いし、擬態や変色する様も興味深い。是非ともこのタコを飼育、調教し、将来的には日本海を泳いで渡らせ、刺客として送り込む作戦を、ウッ・・・。
posted by にゃー at 17:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よい子のみんなは魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 3.8トン、アジ 140キロ
「石橋」定置:カタクチイワシ 500キロ、アジ 70キロ
「 岩 」定置:アジ 590キロ、サバ 570キロ
       アオリイカ 100キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 100キロ、メジナ 50キロ
「江の安」定:アジ 60キロ ほか
「二宮」定置:ブリ 250キロ、カタクチイワシ 3.6トン
       スズキ 80キロ、アジ 70キロ
「福浦」定置:ブリ 260キロ、カタクチイワシ 60キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:イナダ 560キロ、スルメイカ 160キロ
       サバ 150キロ
「富戸定置」:アジ 140キロ、スルメイカ 160キロ
       ブリ 80キロ、サバ 170キロ
「川奈杉本」:マルアジ、メジナ ほか

 東方面からは、
「三崎釣船」:釣メダイ ほか
「横須賀網」:マコガレイ 35キロ

和歌山・東京  (釣)カツオ   130キロ

そして今日は「カタクチイワシ(ヒコイワシ)」天国。
連休前に水揚げ減少で「ブリ」の相場も一気に倍。なかなか安定しない水揚げと相場は、天気同様、仕方ないとは言え、なんとかしたい課題の一つ。
「アジ」と「タイ」の少なかった4月も、もう残すところ連休明けの月曜日一日。大型連休はまだまだ始まったばかりですし、周辺道路の混み具合を見てもまだ本格的に人は動いていないよう。まだ間に合う。
人々が動く前に、魚たちに積極的に動いてもらわねば。

今日のヒラメ・・・ 82枚
posted by にゃー at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

開いてて良かった魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 680キロ、ブリ 180キロ
       サバ 270キロ、カタクチイワシ 2.5トン
「石橋」定置:アジ 480キロ、カタクチイワシ 260キロ
       サバ 140キロ
「 岩 」定置:アジ 200キロ、メジナ 180キロ
       サバ 100キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 780キロ ほか
「江の安」定:アジ 110キロ、サバ 70キロ
「二宮」定置:ブリ 100キロ、イシダイ 100キロ
       アジ 130キロ、カタクチイワシ 100キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 340キロ、イナダ 940キロ
       ブリ 200キロ、カタクチイワシ 290キロ
       サバ 190キロ、アオリイカ 90キロ
「大磯」定置:アジ 250キロ、カタクチイワシ 230キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 1.6トン、サバ 240キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ ほか
「湘南沖曳」:生シラス 280キロ
「湘南地引」:生シラス 35キロ

地元の定置網にとっては連休明けにして、もうすでに大型連休前。意外に少ない水揚げにがっくし。午後から風が強く吹き出して、雲行きの怪しさに若干に不安も。
それでも「アジ」「サバ」「ブリ」「シラス」「イシダイ」「メジナ」「ヒコイワシ」等々・・・、多くの種類の魚がまとまるようになって、今後への期待は益々高まるばかり。
明日も暇なら、魚市場へ来ればいいじゃん。美味そうだと思った魚を買って帰ればいいじゃん。

今日のヒラメ・・・ 68枚
posted by にゃー at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

魚市場には岩のみクス

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:休漁
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:ブリ 12トン(1812本)、アジ 270キロ
      イシダイ 160キロ、メジナ 190キロ
      アオリイカ 100キロ、サバ 240キロ
      ボラ 70キロ
「原辰」定置:休漁
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 300キロ、イナダ 520キロ
「大磯」定置:アジ 200キロ、カタクチイワシ 280キロ
       アカカマス 360キロ

 伊豆方面からは、
「熱海丸網」:アカカマス 90キロ
「真鶴定置」:アジ 400キロ、サバ 760キロ
「真鶴素潜」:メカブ 170キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 380キロ、カタクチイワシ 280キロ
「湘南沖曳」:生シラス 95キロ

和歌山  (釣)カツオ   220キロ
三重   (釣)カツオ   160キロ
東京   (釣)カツオ   340キロ

20130425_thou.jpg休み明けの魚市場に唯一「岩」定置が水揚げ。しかも「ブリ」が1800とか。
これってもはや、痴漢電車の中に水着の女性を放り込むようなもの(あまりに的確な例えに言葉を失う)。20130425_burrr.jpg「ブリ」の目廻りはもちろんのこと、プリプリ感と言い、肉感といい、超お手頃。翻る大漁旗はもはや客寄せのアドバルーン。こうなれば、もう何も小細工などいらない。あとは自然に任せるだけ。
釣りの「カツオ」は旬真っ盛りに来て、ますます快調。全く臭みのない、超新鮮「カツオ」を今こそ味わうこと。これ必修。
そして安定の「アジ」。周辺の定置網から相次ぎ入荷で、連休も前にして勢いはまだまだ衰えない。

今日のヒラメ・・・ 128枚
posted by にゃー at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

魚市場の新幹線レーン

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:ヒラマサ 720キロ、ブリ 370キロ
       アジ 460キロ
「石橋」定置:ブリ 1.1トン、カタクチイワシ 120キロ
       アジ 510キロ
「 岩 」定置:ブリ 1.7トン、イシダイ 200キロ
       スズキ 300キロ、メジナ 340キロ
       ボラ 100キロ、サバ 180キロ
       クロダイ 80キロ
「原辰」定置:ブリ 190キロ ほか
「江の安」定:アジ 330キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:スズキ 150キロ、アオリイカ 100キロ
       カタクチイワシ 300キロ、ブリ 80キロ
「大磯」定置:アジ 200キロ、カタクチイワシ 100キロ
       マルアジ 140キロ、アカカマス 80キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ブリ 520キロ、アジ 630キロ
       サバ 90キロ
「熱海丸網」:アカカマス 50キロ、アオリイカ 15キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アジ 90キロ、カタクチイワシ 240キロ
「湘南沖曳」:生シラス 150キロ

和歌山  (釣)カツオ   500キロ
三重   (釣)カツオ   240キロ
東京   (釣)カツオ   550キロ

今が旬、地元のお宝、旨頃「小田原アジ」がペチペチと。
20キロ以上の超弩級「ヒラマサ」がボンボンと。
お手頃、ピカピカ、新鮮「カツオ」がビンビンと。
丸々太った食べ頃「ブリ」がブルンブルンと。
湘南の粒が立ってる「生シラス」がピュルンピュルンと。
とにかく美味い魚が揃っちゃって揃っちゃって、冷蔵庫が早くも満杯。どうして食べるか思案するほど。
いや、考えることはない。魚を目の前にして、ただ食うのみである。

今日のヒラメ・・・ 193枚
posted by にゃー at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする