魚体中骨抜き器販売中

2013年05月01日

魚市場は毎日水浸し

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1.2トン、ブリ 60キロ
       ヒラマサ 210キロ ほか
「石橋」定置:カタクチイワシ 300キロ ほか
「 岩 」定置:イシダイ 320キロ、ヒラマサ 220キロ
       メジナ 560キロ、ブリ 100キロ
       ニザダイ 50キロ
「原辰」定置:メジナ 80キロ、アオリイカ 60キロ
「江の安」定:スルメイカ 30キロ ほか
「二宮」定置:アカカマス 2.2トン、小サバ 300キロ
       サバ 1.2トン、ブリ 60キロ
「福浦」定置:ヒラマサ 320キロ、サバ 330キロ
       メジナ 100キロ
「大磯」定置:休漁

今朝はシトシト雨模様。ちょっぴり冷えた朝の港を熱くする魚たちが今朝もやって来た。
「奥さん、今日は良い「カマス」入ったよ。「二宮」の定置網にスッポリ入ったってんだ。太くて長くて、ピカピカ、テカってやがんのよ。今すぐ買って帰んなさい!」
ということで、塩焼きにフライに最適な「超絶良型アカカマス」獲れました。「米神」定置には「マルソウダ」が見えておりましたし、クールビズ開始を合図としていよいよ潮は本格的に夏色を帯びてきたようです。

今日のヒラメ・・・ 34枚
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする