2013年05月07日

いいじゃないの魚市場ならば

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 3.3トン、スルメイカ 410キロ
       カタクチイワシ 240キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 1.8トン、アオリイカ 100キロ
       サバ 190キロ、スルメイカ 60キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.2トン、アジ 60キロ
「江の安」定:アジ 3.2トン ほか
「二宮」定置:サバ 820キロ、カタクチイワシ 210キロ
       マルアジ 80キロ
「福浦」定置:スルメイカ 320キロ、ヒラマサ 130キロ
       サバ 500キロ、ジンダ 80キロ
       アオリイカ 50キロ
「大磯」定置:カタクチ 300キロ、アカカマス 50キロ
       マルアジ 50キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:ヒラマサ 360キロ ほか
「熱海丸網」:アカカマス 150キロ、ヒラマサ 80キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:サバ 260キロ、アカカマス 120キロ

和歌山  (釣)カツオ   320キロ
三浦   (釣)キメジ   120キロ

酔い覚めの水、千両と値が決まり。などと、昔の人は言ったものですが、ここ魚市場では、休み明けの「春アジ」、値は千両と決まりけり。と来たもんだ。
20130507_ohaji.jpg休み明けで待望の「アジ」が大漁と来れば、何をか言わんや、イワンのばか。待ってましたと動き出す、その筋、あの筋、裏筋、本筋。押し目買いもあってか、なかなかの好相場を形成。平均大型サイズが中心にあって、肉厚上等の品物もあって、今後に期待できる大きな群れの回遊と接近を予感させます。黒潮の流れも大きく変わりつつあるようで、いよいよ「アジまつり」に向けての本格シーズン突入となりますでしょうか?
皆様、是非ご期待下さい。

今日のヒラメ・・・ 98枚
posted by にゃー at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする