魚体中骨抜き器販売中

2013年05月09日

魚市場の”おもてなし課”

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 260キロ、カタクチイワシ 380キロ
       スルメイカ 210キロ、サバ 180キロ
       マルアジ 110キロ
「石橋」定置:アジ 500キロ、スルメイカ 150キロ
       サバ 200キロ、カタクチイワシ 150キロ
       マルアジ 100キロ
「 岩 」定置:イシダイ 310キロ、ヒラマサ 580キロ
       メジナ 400キロ、ブリ 250キロ
       ボラ 200キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 950キロ ほか
「江の安」定:カタクチイワシ、小イサキ ほか
「二宮」定置:サバ 130キロ、カタクチイワシ 1.4トン
「福浦」定置:ブリ・ワラサ 180キロ、イナダ 100キロ
       スルメイカ 200キロ、アオリイカ 120キロ
「大磯」定置:アジ 70キロ、マルアジ 230キロ
       クロダイ 120キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 160キロ、サバ 560キロ

 東方面からは、
「湘南沖曳」:生シラス 100キロ

20130509_chryquesnap.jpg今朝は活魚で珍しい光景が。同じイケスに「クエ」と「サクラマス」と「マダイ」が一緒に泳ぐなんて。
しかもそのどれもが2〜3キロの好型揃い。ちょっと待て、「クエ」の好型は10キロ以上だろうと言いたい向きも多いかと思いますが、現状、この時期に高級魚を売りこなせる魚商の使える量で言ったら3キロ前後が適当なところ。「サクラマス」は小さい小さい言っていたら、堂々の貫禄を持つ大物が来たし、今季存在感の薄い「マダイ」もなかなかの好魚体。これだけ横綱級の高級魚が揃えば当然のVIPルームで好待遇。「カタクチイワシ」中心の本日の水揚げにあって、貴重な存在となりました。
さて、一体この中の魚で、どれが本日の一番値を付けたでしょうか?いや、一番私が食べたかったでしょうか?

今日のヒラメ・・・ 105枚
posted by にゃー at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする