魚体中骨抜き器販売中

2013年05月16日

ピチピチ魚市場で勢揃い

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:カタクチイワシ 1.3トン、サバ 250キロ
       アジ 970キロ、スルメイカ 250キロ
「石橋」定置:アジ 320キロ、スルメイカ 120キロ
       サバ 190キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 240キロ、スルメイカ 70キロ
「原辰」定置:カタクチイワシ 1.2トン、サバ 70キロ
       ヒラマサ 330キロ、シイラ 850キロ
「江の安」定:カタクチイワシ 100キロ ほか
「二宮」定置:カタクチイワシ 250キロ、サバ 190キロ
「福浦」定置:スルメイカ 100キロ、サバ 100キロ
       ブリ 70キロ
「大磯」定置:カタクチイワシ 120キロ ほか

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 320キロ、サバ 160キロ
「熱海丸網」:アカカマス 40キロ、ヒラマサ 40キロ

 東方面からは、
「三浦釣船」:釣メダイ 210キロ ほか

和歌山  (釣)カツオ   1トン

週末は漁港で「小田原 あじ・地魚まつり」が開催されると言うことで、関係者は各方面PRに大忙し。
それでも実際、市民や周辺地域のどこまで浸透しているのか。当日はなんとか晴天に恵まれ、多くのお客様に来て頂きたいと思っております。
これだけ毎日、多くの種類の地魚が水揚げされている今の時季、是非とも鮮度抜群の地魚を見て頂いて、触れて頂いて、もちろん味の方も保証付きの旬の魚を取りそろえておりますから、今しかない新鮮な地魚の新たな魅力と味覚を発見していってもらいたいと思っております。
駐車場は多少混雑が予想されますので、できましたらご近所の方は歩きや自転車、遠くの方も公共交通期間をご利用して頂きますと便利かと思われます。日本一駅に近い漁港として、JR早川駅から徒歩数分ですので、どうぞ安心してご来場下さい。トレトレの美魚がお待ちしております。

今日のヒラメ・・・ 99枚
posted by にゃー at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする