魚体中骨抜き器販売中

2013年05月17日

マンボウ科魚市場の劣等生

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 570キロ、カタクチイワシ 360キロ
       スルメイカ 130キロ、マルソウダ 900キロ
「石橋」定置:アジ 80キロ、カタクチイワシ 300キロ
       サバ 480キロ、スルメイカ 90キロ
「 岩 」定置:アジ 470キロ、サバ 510キロ
       シイラ 520キロ、マルソウダ 1.4トン
「原辰」定置:マルアジ 110キロ、カタクチ 70キロ
「江の安」定:サバ 70キロ、大マンボウ 1匹
「二宮」定置:サバ 1トン ほか
「福浦」定置:ブリ 400キロ、ヒラマサ 600キロ
       イナダ 120キロ、スルメイカ 110キロ
       サバ 150キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 300キロ、サバ 410キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 1トン

実は、春は「マンボウ」の季節です。かつてはこの時期、何十匹という「マンボウ」が揚がり、岸壁を賑わしておりました。最近はそこまで多い事はなく、なんとなく寂しいなあなどと思っていたら・・・。
20130517_uhmnbo.JPG刑事はデカ。青少年用エナジードリンクと言えばドデカミン。伊集院と来ればOh!デカナイト。そして、この「マンボウ」は超デカイ。
「マンボウ」は2億個と言われる卵を一匹のメスが一度に産みます(脊椎動物界最多)。そのうち無事に成長して親になれるのは、わずか数匹という魚で、中でもこれだけ大きく育つのは、ごく珍しい事と考えられます。一体、何歳の「マンボウ」なんでしょうか?
これまでも小田原では何度か大型「マンボウ」が水揚げされていますが、なかなか良いタイミングで獲れませんでした。これなら明後日の「アジ・地魚まつり」にピッタリのよく目立つ、看板となってくれることでしょう。当日は、この「マンボウ」を目印に港方面へ来て頂ければ、一目で祭り会場が分かる趣向となる(かもしれません)。
ちなみに江の浦の「江の安」定置網に入りました。推定重量400キロ。推定全長1.8メートル。推定年齢10歳。

今日のヒラメ・・・ 43枚
posted by にゃー at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする