2013年05月23日

魚市場はブリクルサーズデー

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 4.1トン、カタクチイワシ 150キロ
       サバ 1.2トン、マルアジ 110キロ
       マルソウダ 3.2トン、シイラ 210キロ
       小サバ 200キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:アジ 860キロ、シイラ 1トン
       ヒラマサ 610キロ、サバ 300キロ
       マルソウダ 4トン、小サバ 320キロ
「原辰」定置:アジ 590キロ、アカカマス 190キロ
       サバ 160キロ、小サバ 140キロ
「江の安」定:アジ 160キロ ほか
「二宮」定置:アジ 410キロ、サバ 2.3トン
「福浦」定置:ブリ 5.4トン(819本)、ワラサ 320キロ
       イナダ 100キロ
「大磯」定置:サバ 1.1トン、小サバ 210キロ

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:アジ 720キロ

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 1.6トン
「佐島釣船」:釣カツオ 1.3トン

20130523_buriura.jpg世界恐慌の始まりは「ブラック・サーズデイ」。ここ魚市場では、この木曜日から福浦定置から「ブリ」大漁の知らせがやってきた。昨年は6月に入ってすぐに記録的な大獲れが続いたが、果たして今年は多少早まりながらも大漁が継続するのか?明日以降、一同の注目を集めております。
また、「米神」定置ではもはや安定となった「小田原アジ」が大漁で、サイズもグラマラス。順番通りなら明日は「石橋」定置でも大漁が期待されており、「小田原アジ」を漁獲する要の両輪として、これまた安定の大漁を継続させる大きな力となっております。

今日のヒラメ・・・ 39枚
posted by にゃー at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする