2013年06月14日

空気を読んだ巧みな魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 410キロ、カタクチイワシ 1.5トン
       マルソウダ 2.5トン、小サバ 150キロ
「石橋」定置:サバ 340キロ、カタクチイワシ 2.3トン
       小イサキ 320キロ、マルソウダ 5.7トン
       小サバ 210キロ
「 岩 」定置:ワラサ、イサキ ほか
「原辰」定置:サバ 1.2トン、カタクチイワシ 1トン
       小サバ 100キロ
「江の安」定:サバ、イサキ ほか
「二宮」定置:サバ 560キロ、カタボシイワシ 150キロ
       小サバ 2.6トン、アカカマス 170キロ
       ジンダ 110キロ
「福浦」定置:ワラサ 770キロ(127本)、サバ 840キロ
「大磯」定置:サバ 470キロ、小サバ 190キロ
       カタクチイワシ 80キロ

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 60キロ

サバサバとした岸壁の中に、颯爽と「ヒコ」、「ソーダ」が。
「ヒコ」はこちら、「ソーダ」はこちら、と的確な仕分けにより行き先は巨大なダンベ。同じく「小サバ」もこちらへどーぞと、いらっしゃい。
気がつきゃ岸壁に残ったのは、選りすぐりの抜群鮮度を誇る地魚の顔ぶれ。
20130614_goldfinger.jpg中でも今朝は「石橋」定置で見えた「金アジ」が卓絶。型、太り、サイズ、活き、量ともに絶妙で、これぞ「小田原アジ」の見本ですと言いたくなるほどの好魚体であった。こんなのが大量に獲れてくれれば、あとは言うことなしなのですが。それは高望みと言うことか。
posted by にゃー at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

おふくろの味と魚市場と

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アカカマス 170キロ、マルソウダ 17トン
       サバ 770キロ、カタクチイワシ 1.7トン
       小サバ 610キロ、シイラ 120キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:カタクチイワシ 380キロ、シイラ 300キロ
       マルソウダ 1.2トン
「江の安」定:サバ 50キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワラサ 1トン、サバ 100キロ
「大磯」定置:サバ 400キロ、ワカシ 500キロ
       マルアジ 320キロ、小サバ 200キロ
       ジンダ 85キロ

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 35キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:小サバ 2.2トン
「平塚刺網」:ヒラメ 45キロ

台風は早々に温帯低気圧となり、若干の風雨をもたらしましたが、さしたる被害は出なかったようでした。もちろん小田原の定置網では一部休漁もありながら、滞りなく水揚げ作業は終了し、多くが無事に操業完了致しました。
肝心の漁獲はと言うと、あちこち「マルソウダ」ばかりで、その量はますます増えるばかり。明日も「岩」の定置網と「石橋」定置が控えており、安定の「マルソウダ」水揚げが予想されております。あとは「サバ」と「ワラサ」というところで、まだまだこの様子は続くのだろうなあ、と思わざるを得ません。
posted by にゃー at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

活トゲナガイサキ

longbow.jpg

忘れた頃になんとなく刺し網に掛かって、それほどのインパクトを与えずとも、なんとはなしに売れていく魚。

別名、というか旧名称が「チョウセンバカマ」で、一科一属一種の魚というレア魚にして、「シマセトダイ」にも似た存在感と雰囲気をもっている。

かつての「小田原・珍魚番付」でもその名を見ることはできるが、味わった人も少なく、話題になることも少ない空気感で、都会のマンション暮らしを思わせる。すなわち、誰もその正式な名前を知らない魚。

最近「トゲナガイサキ」と名前が変わっても、やたらと獲れないので、獲れた頃にはみんなその名前すら忘れてしまっているという現代の孤独を象徴している魚といえよう。
posted by にゃー at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

魚がいるから魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 500キロ、マルソウダ 13.3トン
       シイラ 130キロ、小サバ 200キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:マルソウダ 3.4トン ほか
「原辰」定置:マルソウダ 650キロ、シイラ 300キロ
「江の安」定:サバ 180キロ ほか
「二宮」定置:サバ 250キロ、カタクチイワシ 150キロ
       小サバ 280キロ、マルソウダ 100キロ       
「福浦」定置:サバ 1.1トン ほか
「大磯」定置:アカカマス 140キロ、マルソウダ 100キロ
       マルアジ 110キロ、ワカシ 180キロ
       小サバ 950キロ

 伊豆方面からは、
「赤沢定置」:マルソウダ 130キロ、イサキ 150キロ
       ジンダ 50キロ
「下田釣船」:釣カツオ 580キロ ほか

 東方面からは、
「江ノ島網」:アカカマス 120キロ、カタクチ 120キロ

「マルソウダ(ウズワ)」急増ですよ。これって40トン・コースへの序章でしょうか?
近年、「ウズワ」は量販店ルートにも敬遠されて、ますます孤立無援な魚と化しており、市場内でも非常に立場の危うい魚となっております。その昔は「塩ウズワ」などという食文化を誇った時期もありましたが、もはや昔話で、今やその味を知る人でさえ少なくなりました。「マル」は生食危険の「食あたり」、「マリ」は浮気を「目の当たり」。「マロ」はそろそろ「ヒラ」が来ないかと思っておるでおじゃる。
同じ「ソウダガツオ」の仲間でも、「ヒラソウダ」は刺身用としてまだまだ根強い人気があり、近年ではその身の燻製が良い味出しているとして評判になりつつあり、新しい小田原の名物になろうとしております。去年は少なかった印象があるので、今年は頑張って欲しいと思っているのですが。こればっかりは。
とりあえず天候回復までは明日の休市日を挟んで、おとなしくしていることといたしましょう。
posted by にゃー at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

フレッシュゴールド魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 1.4トン、小サバ 2.8トン
       アジ 230キロ、マルソウダ 1.1トン
「石橋」定置:アジ 110キロ、サバ 230キロ
「 岩 」定置:ヒラマサ 380キロ、シイラ 280キロ
       マルソウダ 1.1トン
「原辰」定置:サバ 270キロ、小サバ 440キロ
       マルソウダ 110キロ
「江の安」定:サバ 30キロ ほか
「二宮」定置:サバ 1.6トン ほか
「福浦」定置:サバ 650キロ ほか
「大磯」定置:アジ 100キロ、サバ 850キロ
       小サバ 440キロ、マルアジ 150キロ
       アカカマス 100キロ、ワカシ 150キロ

 伊豆方面からは、
「川奈釣船」:釣キンメダイ 50キロ ほか
「川奈杉本」:トビウオ 40キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:カタクチイワシ 1.8トン ほか
「江ノ島網」:アカカマス 220キロ ほか

獲れているのは「サバ」。魚市場のセンターに座るのは「サバコ」。そして、石を投げれば「サバ」に当たる朝。
さらに、今朝はキラキラ「金色アジ」も獲れていた。「金色」と言えば伊豆先の「釣キンメダイ」も久々入荷。ありがたいやら、うまそうやら。
これで少しでも良くなればと、思うそばから景気沈黙、台風接近。明日以降「カツオ船」の避難も少しは来るか?と期待半分、不安三分の一。
残りは・・・、グルングルンと相模湾を引っかき回してくれれば良いと思う。酵素パワーのトップ、低気圧パワーのタイフーン。わずかな希望の光を透かしてピンホールカメラから明日を占う、黄昏の刻。
posted by にゃー at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

イッテンサクラダイ

20130607_1point.jpg

きれいなピンク色の小さな魚。
その名を「イッテンサクラダイ」。

小田原沖の根魚釣りの外道として掛かったようです。

この季節、船による底魚釣りは下火ですが、ありとあらゆる魚が狙える五目釣りが可能です。
運が良ければ「アカムツ」や「アマダイ」、「オニカサゴ」などが釣れたり、そうでなくても「メバル」や「カサゴ」の数釣りも楽しめますので、女性や子供に人気の釣りとなっています。天気の良い日に、のんびりと船に揺られて、沖釣り。
電動リールで仕掛けの上げ下げも楽ちんだし、エサ付けも簡単、手間いらず。
のんびりと日がな一日、魚と戯れるのも悪くない。
ラベル:珍魚 釣り情報
posted by にゃー at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする