2013年07月06日

魚市場が願い事をするならば

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 630キロ、小サバ 5.8トン
       イサキ 200キロ
「石橋」定置:サバ 530キロ、小サバ 800キロ
       イサキ 100キロ
「 岩 」定置:サバ 180キロ、小サバ 1.2トン
       シイラ 150キロ、イサキ 120キロ
「原辰」定置:サバ 200キロ、小サバ 230キロ
「江の安」定:サバ 160キロ ほか
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:ワカシ 70キロ、シイラ 50キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「真鶴定置」:サバ 720キロ
「川奈杉本」:トビウオ、アオリイカ ほか
「赤沢定置」:イナダ 410キロ、サバ 290キロ

 東方面からは、
「片瀬沖曳」:生シラス 100キロ

関東で梅雨が明けたらしい、これから暑い日が続くのだろうか。
「サバ」の群れが大きくなった。しかし「サバ」自体の大きさが小さくなってきたのは、どういうわけだ。
「シラス」が安定的に回ってきたし、濁りで「小イサキ」も獲れている。「小アジ」はそれほど増えないが、近くの海にはいるはずだ。
そして、同じく「イナダ」が増えてきたのは、好都合。大きさも手頃で、値段もお財布にやさしい。人気の魚。
そこで「バファリン」の半分がやさしさで出来ていることから、ほぼ同じ成分の「イナダ」とはとても近い存在であることが証明できる。つまり「アジ」が無い今、魚市場の魚不足という頭痛の種を除去するにうってつけの存在になってくれると期待しているのである。
posted by にゃー at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする