2013年07月16日

夏の魚市場の一コマ

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 2.2トン、小サバ 12.2トン
       アジ 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:シイラ 140キロ、ヤマトカマス 150キロ
       サバ 80キロ、小サバ 250キロ
「原辰」定置:サバ 210キロ、シイラ 180キロ
「江の安」定:サバ 100キロ、シイラ 410キロ
       小サバ 230キロ
「二宮」定置:休漁
「福浦」定置:サゴシ 140キロ、サバ 180キロ
「大磯」定置:アジ 210キロ、小サバ 290キロ
       ワカシ 130キロ、マルアジ 100キロ
       サバ 70キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:シイラ 100キロ ほか

 東方面からは、
「片瀬釣船」:釣カツオ 820キロ
「江ノ島網」:ウルメイワシ 80キロ ほか
「大磯沖曳」:生シラス 50キロ

夏休みまでカウントダウンの真っ盛り、魚市場です。
魚は早くもお休み突入で、「サバ」の子供たちを中心に大移動を繰り返し、まだまだ終わる気配まるで無し。「シイラ」のお兄さんがチョッカイ出せば、ワーキャー言いながら右往左往で一網打尽。この時期、水の事故が一気に増えると心配の声が上がりますが、港の廻りでは毎日毎日、大量の犠(ry・・・。
「アジ」からしてみりゃ少なく済んではいるものの、これじゃ泣くに泣けない悲劇の主人公。漁師と市場のルーズ&ルーズな関係は最悪。獲れてナンボのこの世界、打てなきゃ用済み、ハイサヨナラ。この休みには課題克服、実力増強を目論みつつの練習あるのみで、圧倒的な夏の宿題リフトオフ。
posted by にゃー at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする