2013年07月19日

真夏の朝の魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 650キロ、小サバ 8.6トン
       シイラ 280キロ
「石橋」定置:サバ 420キロ、小サバ 800キロ
       シイラ 120キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 170キロ、シイラ 250キロ
       小サバ 180キロ
「原辰」定置:ウルメイワシ 440キロ、小サバ 100キロ
       ヤマトカマス 200キロ、シイラ 280キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 80キロ、シイラ 160キロ
「二宮」定置:アジ 80キロ、ヤマトカマス 110キロ
       小サバ 840キロ、イサキ 140キロ
       小アジ 170キロ、アカカマス 120キロ
「福浦」定置:アジ 520キロ、マルアジ 120キロ
       サバ 370キロ、ジンダ 80キロ
「大磯」定置:アジ 340キロ、マルアジ 190キロ
       小サバ 140キロ、ワカシ 160キロ

 伊豆方面からは、
「戸田釣船」:釣ムツ 60キロ ほか

 東方面からは、
「大磯沖曳」:生シラス 150キロ
「茅ヶ崎船」:生シラス 130キロ

伊豆から来た「釣ムツ」は手頃なサイズの好魚体。値段も手頃で、週末までの目玉となる事間違いなし。
それでも「サバ」、「シイラ」、「ヤマトカマス」、そして少しの「アジ」と「生シラス」。
今朝の魚市場を表すとするならば、以上である。
posted by にゃー at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする