2013年07月26日

地球にヤサシイ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:サバ 320キロ、ヤマトカマス 100キロ
       シイラ 230キロ、小サバ 3トン
「石橋」定置:ヤマトカマス 380キロ、サバ 160キロ
       シイラ 240キロ
「 岩 」定置:ヤマトカマス 710キロ、シイラ 240キロ
       ウルメイワシ 380キロ
「原辰」定置:シイラ 120キロ、ヤマトカマス 110キロ
       ウルメイワシ 90キロ
「江の安」定:ヤマトカマス 240キロ、シイラ 240キロ
「二宮」定置:小サバ 2.6トン ほか
「福浦」定置:サゴシ 5.2トン、サワラ 240キロ
       サバ 120キロ
「大磯」定置:アジ 110キロ、小アジ 160キロ
       小サバ 730キロ

 東方面からは、
「佐島釣船」:釣カツオ 640キロ
「江ノ島網」:アジ 350キロ ほか

「ヤマトカマス」だいぶ大きく(100g前後)なりました。
「サバ」だいぶ小さく(400g以下)なりました。
「シイラ」大小様々(2キロ〜7キロ)獲れております。
獲れた魚は地球の恵み。ありがたく頂戴致します。売れ残った魚も無駄なく使って、資源保護。魚の持つ栄養成分は、様々に利用価値を持ち、まだまだ可能性は広がります。
ひとつ、大学の先生にでも有効利用を研究してもらって、なにか有用なデータにでも改ざんしてもらおうかしら?
posted by にゃー at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする