2013年07月31日

魚市場の手口に学べば

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:シロカジキ 60キロ(1本)、サバ 980キロ
       ワカシ 130キロ、ヤマトカマス 200キロ
「石橋」定置:サバ 430キロ、ヤマトカマス 140キロ
「 岩 」定置:シイラ 210キロ、サバ 180キロ
       マイワシ 1トン、ワカシ 160キロ
「原辰」定置:アジ 50キロ、ヤマトカマス 290キロ
       マルソウダ 70キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ 80キロ、サバ 210キロ
「福浦」定置:サバ 60キロ、ワカシ 70キロ
       カツオ 30キロ、ヤマトカマス 60キロ
「大磯」定置:休漁

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ

魔の月末で魔の水曜日。魚も少ないが人も少ない。天気も冴えないが、相場も冴えない。
今日は「福浦」の定置網に十数本の「カツオ」が入っており、相模湾の入り口にいた群れが、沿岸まで回遊してきていることを示しました。まだ釣りの船は出ているのでしょうか?
明日から8月、「イセエビ」の刺し網漁が解禁され、いよいよ夏本番を迎えます。
今年は大漁でしょうか?
posted by にゃー at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする