2013年08月01日

魚市場のキモサベはお魚さん

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ 300キロ(18本)、ワカシ 1.5トン
       シロカジキ 220キロ(2本)、サバ 1トン
       ヤマトカマス 70キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:キハダ 250キロ(15本)、アジ 50キロ
       ヤマトカマス 450キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス、ワカシ ほか
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 350キロ、ヤマトカマス 80キロ
「福浦」定置:イナダ・ワラサ 670キロ、サバ 100キロ
「大磯」定置:マイワシ 1トン、アジ 120キロ
       ウルメイワシ 370キロ、ワカシ 340キロ

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:アオリイカ、シイラ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ、マイワシ ほか

20130801_yellowfins.jpg「マグロ」に「カジキ」に「カツオ」も獲れた。
20130801_bluefins.jpg「カマス」に「シイラ」に「サバ」は減ったが、「ワカシ」に「イワシ」が増えました。中でも「イワシ」は大きくなって再登場。刺身で最高、煮付けて鉄板。
「ワカシ」と共に「イナダ」や「ワラサ」も出てきてワチャチャ、ピチャチャ。
20130801_bigkajiki.jpg少しずつではありますが、魚のラインナップは変わってきているようです。「活メイチダイ」も来ていたし、「活ウナギ」は二の丑を前に登場。ただ「タカアシガニ」は相変わらず獲れているのは、解せません。あとは明日の「イセエビ」次第で、この夏の評価が決まる事になるでしょう。
posted by にゃー at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする