2013年08月05日

祭の余韻を楽しむ魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:キハダ・キメジ 1トン、ワカシ 560キロ
       イナダ・ワラサ 10.4トン、アジ 580キロ
       サバ 610キロ
「石橋」定置:休漁
「 岩 」定置:キハダ 80キロ、イナダ・ワラサ 2.9トン
       シイラ 200キロ
「原辰」定置:ヤマトカマス 200キロ、ワカシ 120キロ
       マルソウダ 120キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:サバ 170キロ、ヤマトカマス 410キロ
       マルソウダ 360キロ
「福浦」定置:イナダ 130キロ、キハダ 60キロ
「大磯」定置:アジ 140キロ、マルソウダ 340キロ
       ワカシ 100キロ、小サバ 3トン

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:ヤマトカマス 90キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 400キロ
「江ノ島網」:アジ・アカカマス ほか

きのうの「みなとまつり」を祝ってか、相模湾も「マグロまつり」開催中だったみたい。20キロ平均の「キハダ」がボンボン揚がれば、2〜3キロの「イナダ・ワラサ」もシュポポポポン。
「アジ」や「サバ」の居場所もなくなり、もはや今日の所は「大きい事は良い事だ」状態。
昨日の「みなとまつり」での解体ショーでも、押すな押すなの大盛況で飛ぶ様に売れていた「キハダ」ですが、新鮮な「マグロ」が地で揚がっているなんて、多くの市民の方も驚かれていた様でした。
近年、夏の「マグロ」はもはや定番商品となっており、中でも今年の「夏マグロ」はお手軽「キハダ」で決まり、ということですね。

今日のイセエビ・・・ 100キロ
posted by にゃー at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする