魚体中骨抜き器販売中

2013年08月07日

クサカリツボダイ

三崎からやってきた釣船一艘。
堂々500キロもの「メダイ」を下ろしつつ、「ナガタチカマス」と一緒に見慣れぬ魚を二匹取り出した。
「むむむっ?」

20130807_tsuboi.jpg


これは、「ツボダイ」の様で「ツボダイ」でない。
「メダイ」の色であるが、「メダイ」の顔でない。
「イサキ」の様でもあり「イサキ」の肌じゃない。

う〜む。調べた。

「クサカリツボダイ」というらしい。
「クサカリ」とは、この魚の発見者の名前らしい。

先日の松下奈緒主演の壺井栄原作「二十四の瞳」に草刈正雄は・・・出ていなかった。つまり、この魚とは全く関係ないことが容易に想像できる。

ただこの魚は「ツボダイ」の仲間である事は間違いない様で、量販店や魚屋さんなどでよく見掛ける「ツボダイ干物」の原料なのだそうだ。あの脂がベットリの骨太で、食べやすく美味しいと評判の「ツボダイ干物」の原料の正体が、かなり南方の異国の地で獲れていると思っていたので、実際に釣れるとはビックリでした。

とはいえ、実際釣れた海は相模湾から遙か南のベヨネーズ列岩まで行かないところの海域で釣ったとか、釣らないとかの話で、まあ地元ではまず見掛けない魚である事は間違いない様だ。

しかし、そうすると実際、かなり美味しい魚である事が想像できるわけで、売った相場として果たして適正だったのかどうか。今考えると少し後悔が残る自分がいる訳だが、どうかもう一度航海に出てもらって、釣ってきてもらう様にお願いしてみようと思う。
posted by にゃー at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ギョッ!魚だらけの水泳大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つながりやすい魚市場

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 750キロ、キハダ 130キロ
       ヤマトカマス 210キロ、サバ 160キロ
       小サバ 230キロ、ワカシ 390キロ
「石橋」定置:アジ 90キロ ほか
「 岩 」定置:ワラサ 3.5トン、シイラ 110キロ
       ヤマトカマス 160キロ
「原辰」定置:ワラサ 110キロ、ヤマトカマス 130キロ
       シイラ 60キロ
「江の安」定:休漁
「二宮」定置:アジ、ワラサ ほか
「福浦」定置:ワラサ 170キロ、サバ 180キロ
「大磯」定置:休漁

 伊豆方面からは、
「沼津底曳」:マダイ 20キロ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 90キロ
「三崎釣船」:釣メダイ 560キロ ほか
「佐島釣船」:釣カツオ 450キロ、釣キメジ 180キロ

お盆休みまであと一週間となり、ガソリン価格が上がり続ける毎日に対し、魚市場では日々「キハダ」が揚がり続けております。対して相場は下がり傾向になる中でもさすがに底堅く、しぶとい展開を見せており、まだまだ絶妙の需給バランスの中で水揚げも続くと思われますが、その陰に隠れて「アジ」の水揚げが増えてきているのが面白いところ。それも150g前後の良いサイズがメインで獲れており、こちらも要注目となっております。
「マグロ」があって、「アジ」がある。「新サンマ」も入荷して、「イセエビ」も好調。こんな良い年あるかしら?

今日のイセエビ・・・ 35キロ
posted by にゃー at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする