魚体中骨抜き器販売中

2013年08月14日

真夏の魚市場観測

小田原魚市場水揚げ概況

「米神」定置:アジ 90キロ、ヤマトカマス 300キロ
       キメジ 1本、小サバ 1.1トン
「石橋」定置:アジ 70キロ、ヤマトカマス 130キロ
「 岩 」定置:休漁
「原辰」定置:ヤマトカマス 230キロ ほか
「江の安」定:ヤマトカマス 740キロ、小サバ 190キロ
「二宮」定置:小サバ 2.2トン、マルソウダ 370キロ
       ヤマトカマス 100キロ
「福浦」定置:イナダ 50キロ、マルソウダ 250キロ
       小サバ 250キロ
「大磯」定置:アジ 220キロ、マルアジ 150キロ
       小サバ 3.1トン

 伊豆方面からは、
「川奈杉本」:活メイチダイ、ワカシ ほか

 東方面からは、
「平塚定置」:アジ 720キロ

小田原  (釣)カツオ 50キロ

お盆休み真っ盛りの本日。小田原の各漁場は、無事水揚げを行いました。
中心となる魚は「ヤマトカマス(ミズカマス)」でしたが、その中にも「マアジ」や「ゴマサバ」、「イナダ」などが混じり、買い付けに来られた人たちの多くは、かろうじて刺身用地魚の確保が出来たようでした。
それでもみんなが欲しい魚は、相場が高かったり、セリで殺到したりとなかなか買い付けには苦労をしていたようで、申し訳ないやら、嬉しいやら。
お盆休み明けの17日(土)には、もう少し多様な魚と大漁で多くのお客様を迎えることが出来るよう、なんとかしたいと考えております。小田原の魚が増えないことには始まらないを合い言葉に、我々は小田原の魚のDDとして、これからも小田原の地魚を応援します。

今日のイセエビ・・・ 50キロ
posted by にゃー at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小田原魚市場日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする